2021年07月18日

南アルプスを未来につなぐ会が設立された(報道記録)

南アルプスを未来につなぐ会の会員を募集しています!(更新日:令和3年8月13日)
 入会申込書が掲載されたPDFファイル・令和3年7月設立 南アルプスを未来につなぐ会 会員募集(静岡県 くらし・環境部環境局 自然保護課)

2021.07.15 知事や学識経験者らによる南アルプス保全に取り組む会を設立(NHK静岡 07月15日 10時47分)

 静岡県の川勝知事や学識経験者など20人余りが発起人となって南アルプスの自然環境についての情報発信や保全活動の支援を行う会が設立されました。
 「南アルプスを未来につなぐ会」は、静岡県の川勝知事や静岡市の田辺市長、自動車メーカー「スズキ」の鈴木修相談役のほか学識経験者など20人余りが発起人となって設立され、(2021年7月)14日初めての会合が開かれました。
この中で会長に選出された総合地球環境学研究所の山極壽一所長は、「さまざまな分野の専門家や行政関係者が集まった。会の取り組みが南アルプスについての幅広い施策に繋がり、国内外に向けて情報発信できればと思う」と述べました。
会はことし(2021年)3月に創設された県の出資金や寄付金を財源とする「南アルプス環境保全基金」を運営資金として、南アルプスの自然環境について国内外への情報発信や、環境保全に取り組む個人や団体の支援などに取り組むことにしています。
南アルプスではJR東海がリニア中央新幹線のトンネル工事を計画していますが、環境破壊や水資源への影響を懸念する県が工事を認めていません。
【中略】  会合のあと川勝知事は「会の設立の直接の理由ではないがリニアのトンネル工事をきっかけとして、関心が高まっている南アルプスの環境や生物の関係について考えていきたい」と述べました。
2021.07.15 リニア 南ア環境保全、団体発足 会長に京大前学長・山極氏(中日新聞 2021年7月15日 05時00分)
 リニア中央新幹線のトンネル工事の影響が懸念される南アルプスの保全と利活用を、県が事務局となって進める「南アルプスを未来につなぐ会」が十四日、発足した。静岡市内での設立総会で、霊長類学者で京都大前学長の山極寿一・総合地球環境学研究所長を会長に選任した。
 南アには希少な動植物が生息するが、地盤がもろく、地球温暖化の影響もあり生態系の維持が難しくなっている。会では、南アの現状を把握した上で、魅力を発信し、保全や利活用を進める。県は今後、会員を広く募り、研究者による学術フォーラムもつくる予定。
 発起人は山極会長や川勝平太知事のほか、静岡市の田辺信宏市長ら首長、工事現場一帯の地権者の特種東海製紙グループ「十山」の鈴木康平社長、京都大の徳地直子教授(森林科学)ら学識者、自動車メーカー「スズキ」の鈴木修相談役など経済関係者ら。
【中略】  設立総会には発起人二十五人のうち二十一人がオンラインを含めて出席。山極会長は「南アルプスを世界に発信して、富士山ばかりでなく、日本の国の成り立ちや文化のありかを考える場所にできればと思う」とあいさつした。
 川勝知事は終了後の会見で「リニア工事で南アルプスの保全への危機感が高まった。何とか南アルプスを将来につなげないといけない」と狙いを説明。山極会長は「世界中が環境保全をしようという動きが強まっているなかで、日本は先導に立たないといけない。そのモデルになればと思う」と述べた。 (大杉はるか)
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 11:12| エコパーク

2021年06月24日

“夢の超特急”リニアの行方は(NHK静岡 特集記事)

2021.06.23 “夢の超特急”リニアの行方は 異を唱える静岡県知事 (NHK政治マガジン
著者・NHK静岡局記者 高橋 路さん(2016年入局。静岡局に赴任して6年目。現在は、県政キャップ。富士山を眺めるのが好き。)
【以下の中見出しです】
 川勝「争点はリニア」
 “命の水”めぐって…
 川勝のエゴか?
 リニア所管の国土交通副大臣で対抗
 土俵に誘い込まれた自民党
 対照的な選挙戦
 流れ決めた“リニア”
 “夢の超特急”の行方は
【記事の最後は以下のようにお書きになっておられます】
 川勝はリニアをどう決着させようと考えているのか。
 ぶつけてみた。
  「新型コロナで新幹線の乗客は減り、オンラインの時代到来で移動の必要性も低くなった。川勝のせいではなく、リニアそのものの足元が崩れてきている。このまま進めていいのか、一度立ち止まって考えるべきだ。意思決定できる人の説得を試みたい」
 すでに2027年の開業は難しくなっている。
 静岡県民の民意と、JR東海、それに国土交通省との間で、川勝は、どのような着地点を探るのか。
 “夢の超特急”の行き先は、まだ見えない。
私がリニア中央新幹線建設事業で発生する大井川減水について記事にしたのは、2013年11月09日 リニア工事の渇水で静岡県民63万人分の水道水が消失? が最初でした。
以後、このブログでは タグ・大井川 を設定して記事を続けています。
このNHK記事を拝読して、これまでの経過を的確に踏まえた内容だと理解できますが、私のサイトではそれぞれの段階での審議経過の整理などは未処理です。コロナ禍の為にリニア情報を整理する時間も奪われている現状なのです。そんな時に拝読したこのNHK記事をブログでご紹介させていただくことにしました。
posted by ict工夫 at 08:30| 静岡県

2021年06月22日

静岡県知事選結果とリニア事業の今後

2021/06/20 20:07 信濃毎日新聞 静岡県知事に川勝氏4選確実 自民推薦の新人破り
 任期満了に伴う静岡県知事選は20日投開票され、無所属現職川勝平太氏(72)が、前自民党参院議員の無所属新人岩井茂樹氏(53)=自民推薦=を破って4選を確実にした。川勝氏は立憲民主、共産、国民民主各党の支援を受け、与野党対決の構図だった。自民党は推薦候補が大差で敗れた3月の千葉県知事選や不戦敗も含めて全敗した4月の衆参3選挙に続く敗北となった。
 川勝氏はリニア中央新幹線静岡工区を巡り、トンネル掘削による大井川の流量減少を懸念し着工を認めない姿勢を崩していない。静岡県とJR東海、国土交通省の対立がさらに長期化する可能性がある。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 09:00| 政治・社会

2021年06月20日

静岡県知事選挙、現職が当選(2021年6月20日)

 当 957,239 川勝平太 / 624,967 岩井茂樹
 投票率 52.93 %(前回46・44%)
静岡新聞・現職の川勝氏4選 自民推薦の岩井氏に大差 静岡県知事選
 川勝氏は新型コロナウイルス禍とリニア中央新幹線工事に伴う大井川流量減少問題を「県民の命に関わる危機」と訴え、県政の継続を主張。選挙戦ではリニア問題の解決を前面に打ち出し、大井川から離れた地域でもリニアの主張を徹底して展開。国やJR東海と対峙する姿勢は共感を集め、全域に支持を広げた。
 立民、国民の両県連に加え、推薦を出した連合静岡が支援し、共産の県委員会も自主的に支援した。一方、県議会第2会派ふじのくに県民クラブが中心となった選対は政党色を薄める戦術で、党派を超えて幅広い支持層に食い込んだ。
 岩井氏は自民推薦候補として徹底した組織戦を展開したが、自民支持層を固めきれず、無党派層にも浸透しなかった。選挙戦では川勝氏を「対立をあおっている」と批判し、国、市町との連携する姿勢で違いを強調。直前までリニアを推進する国土交通副大臣を務めていた一方で「大井川の命の水を守る」と対話による解決を訴えたが、大井川流域の市町で川勝氏に大差をつけられた。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 23:00| 政治・社会

都内大深度地下工事と山梨発生土処理の諸問題(樫田秀樹氏の記事ご案内)

樫田秀樹さんの記事2本をご紹介しておきます。私のサイトでは、樫田秀樹氏の記事索引、私が知り得た限りですが2011年発表記事からリンク一覧を作成しています。

◇ 2021.06.19 JR東海は本当に調査を行ったのか?(都内大深度地下工事) JR東海は「大深度使用認可」を申請するのに必要な「井戸の存在の調査」をやったのか? 大深度区間50Kmのなかで、確認した井戸はわずかに5本。調査のお知らせすら受けていない人もいる。大深度使用許可を出した国交省の言い分は…。

◇ 2021.06.17 久しぶりの早川町訪問。 山梨県早川町では、当初4万立米だけだったはずの残土置き場がどんどん増えて、今「仮」置き場だけで70万立米になっている。うち半分が小学校近くに集中しているのに、声を上げる保護者もゼロ…。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 20:16| 政治・社会