2020年01月19日

国土交通省が静岡工区の進め方に係る静岡県への回答書を公表した

リニア中央新幹線静岡工区の進め方に係る静岡県への回答書の公表(国土交通省 令和2_2020年1月17日)

令和元_2019年12月25 日付「リニア中央新幹線静岡工区の進め方について」において静岡県から要請があった事項につきまして、本日付けで国土交通省より静岡県に回答いたしました。
回答については、別添資料をご確認ください。

「リニア中央新幹線静岡工区の進め方について(回答)」(別添 PDFファイル)

参考・令和元年12月25 日「リニア中央新幹線静岡工区の進め方について」(静岡県からの要請書が画像化されたPDFファイル)

静岡県には リニア中央新幹線建設工事に伴う環境への影響に関する対応 と題されたページがあります。(更新日:令和2_2020年1月16日)
このページに リニア中央新幹線建設に係る大井川水問題の現状・静岡県の対応・第2版(2020年1月16日現在)(PDFファイル)もアップロードされています。

このPDFファイルの p.36〜37 「今後の進め方」 「JR東海との科学的根拠に基づく対話を引き続き実施」の項には以下のように記されています。
<県の姿勢>
① 全体として「地域の理解と協力」を得るための前提となる「わかりやすい説明」をしようとする姿勢はJR東海から見て取れるが、まだ「情報が不足しているところ」、「環境影響評価が不十分なところ」が多く存在する。
JR東海には、よりわかりやすく、また環境への影響を回避・最小化・代償するための具体的対策について検討を求める。
② 特に、以下の3点については、より深い対話を進める。
 ・中下流域の地下水への影響(有害物質の管理を含む)
 ・県境付近のトンネル工法による工事中の湧水の大井川水系外への流出の問題
 ・沢枯れ、河川流量の大幅減少による、希少種等の生息環境の大きな影響の回避

そして、p.37  国交省側の対応については、
 ・(2019年)10月24日、国土交通省事務次官が知事を訪問し、「国土交通省が交通整理役になること」を申入れた。
 ・同日、知事は事務次官に対し、これまでの県とJR東海との対話の成果(「中間意見書」「引続き対話すべき事項」)について、どのように評価しているのか、見解を文書で提出することを依頼した。
 ・国土交通省技術審議官(鉄道局)が、11月6日〜22日流域8市2町の首長を訪問。その際、流域の首長からは、「国交省の公平性や中立性の担保」を求める意見が伝達された。(島田、焼津、藤枝、菊川市長)
 ・また、12月25日、副知事が国交省だけでなく、環境省や農林水産省など、水資源・自然環境に関する省庁を挙げて対処することを文書で要請した。
 ・このような状況を踏まえ、現在新たな枠組を国土交通省が検討中。
と記されて終っています。
いみじくも、この静岡県資料が更新・公開された 2020年1月16日の翌日に国土交通省が回答書を公表しました。

静岡県資料や国土交通省回答書全文は後日Webサイトで整理する予定です。
posted by ict工夫 at 09:00| 静岡県

2020年01月18日

南アルプスにリニアはいらない全国集会@川崎市 2020年1月19日

この集会を報じた記事がありましたので記録しておきます。
南アルプス壊す工事 リニア沿線住民ら全国集会 川崎(2020年1月20日 しんぶん赤旗)
 JR東海が国と一体で進めるリニア中央新幹線(東京・品川―名古屋間)の建設工事に反対するリニア新幹線沿線住民ネットワークと「ストップ・リニア!訴訟」原告団は19日、川崎市麻生区で「南アルプスにリニアはいらない」と題した全国集会を開きました。約210人が参加しました。
 地質学者で静岡県中央新幹線環境保全連絡会議委員の塩坂邦雄さんは、大井川源流部のトンネル工事で懸念される水資源への影響について「静岡県から山梨県側に約210万立方メートル、長野県側に約10万立方メートルもの水が流出する。静岡県に戻すとしても生態系を破壊する。JR東海はどうするのか」と批判しました。
 五十嵐敬喜・法政大学名誉教授は「南アルプスは2014年にユネスコエコパークに指定され、世界自然遺産と同等の価値を有している」と強調。「自然環境を完全な状態で保護することが求められ、開発行為は厳しく規制される。トンネルを掘ることは絶対に許されない」と指摘しました。
 元日本自然保護協会保護室長の辻村千尋さんは「JR東海は南アルプスルートを決定したあとで、絶滅危惧種の生息域での対策を示している。環境への影響を回避しているとは言えない」と述べました。
 東京と神奈川の沿線住民が工事の現状や問題点を報告しました。
「地下トンネルは生態系壊す」 リニア建設反対市民がシンポジウム(2020年01月20日 カナロコ by 神奈川新聞)
 JR東海が進めるリニア中央新幹線の建設に反対する市民団体「リニア新幹線沿線住民ネットワーク」と「ストップ・リニア訴訟原告団」は19日、川崎市麻生区の麻生市民館でシンポジウムを開き、地下トンネルが南アルプスの豊かな自然を破壊する危険性について意見を交わした。
 JR東海は2027年に品川―名古屋間の先行開業を目指し、各地で工事を進めている。しかし、山梨、静岡、長野の3県にまたがる南アルプスの地下を貫くトンネルの掘削工事について、静岡県の大井川に注ぐ地下水を減少させるとの懸念が強く、同県は着工を認めていない。  シンポジウムには、静岡県中央新幹線環境保全連絡会議に専門委員として参加する塩坂邦雄さん、弁護士で法政大名誉教授の五十嵐敬喜さんらが出席した。  五十嵐さんは「南アルプスはユネスコ(国連教育科学文化機関)のエコパークに登録されており、世界遺産と同等に扱うべきものだ」と指摘。「開発行為はエコパーク指定に反するもので、開発の許可処分を取り消し、工事は中止されなければならない」と訴えた。  塩坂さんは、南アルプスは今でも年数ミリの隆起が測定されている山である点を強調。「地下トンネルは断層を突っ切ろうとしている。地震時に断層が動けば、リニアの走るトンネルはどうなるのか。トンネル工事で地下水も一気に噴出する可能性があり、生態系を壊す。大井川流域の砂漠化を招きかねない」と強い懸念を示した。  会場の参加者からも、工事が自然環境に及ぼす影響を懸念する意見や質問が相次いだ。
南アルプスにリニアはいらない
巨大土木事業からの自然災害を訴える全国集会
日 時:2020年1月19日(日) 14:00〜16:30
会 場:神奈川県川崎市 麻生市民会館大会議室
シンポジウム
   塩坂 邦雄氏(静岡県中央新幹線環境保全連絡会議委員)
   辻村 千尋氏(前日本自然保護協会保護室長・自然保護アナリスト)
   五十嵐敬喜氏(弁護士・法政大学名誉教授)
   進行:川村晃生(ストップ・リニア!訴訟原告団長・慶応義塾大学名誉教授)
資料代:500円
主 催:ストップ・リニア!訴訟原告団・リニア新幹線沿線住民ネットワーク
協 賛:リニア新幹線を考える登山者の会大鹿村の十年先を変える会
全国集会@川崎市
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 19:18| 集会・講演会

2020年01月14日

リニア中央新幹線・・実用技術「完成」は嘘八百(報道)

【公式】三万人のための総合情報誌『選択』- 選択出版 がサイトで公開した記事です。
JR東海がひた隠す「リニア・リスク」 実用技術「完成」は嘘八百(2019年12月号)
定期購読会員制で発売されていて 『掲載物の無断転載・複製を禁じます©選択出版』 です。
Yahoo!ニュースでは 「選択」(選択出版) が設定されていて公開記事があります。

記事の導入部で 『「超電導リニア技術はすでに実用技術として完成しています」 JR東海は、リニア特設サイトでこう明言している。』 と書かれています。
JR東海・リニア中央新幹線 のサイトで、FAQ、このページで「超電導リニア技術について」の Q.8 の回答です。
JR東海

「選択」誌はこのスタンスに対して異議をとなえる記事を公開されたと私は理解しました。JR東海の背後には国土交通省(旧運輸省)があると私は考えています。全幹法は運輸省官僚から国会議員に転進した方を主体とする議員立法だと知った時からの私の想いです。
以下、記事から項目のみ記録しておきます。
「すれちがい実験」さえしてない
 この項には車両の「電源問題」、「クエンチ」についても触れられています。
 人体への電磁波の影響については、非常時の乗客避難の時に問題はあるだろうとの見解。
財政投融資の詐取か
 この項で 『経路勾配も最大四十パーミルに制限され、鉄輪式車両が通行可能。つまり、超電導リニアの頓挫を織り込んだ「保険」が準備されている』 と書かれていたので私は驚きました。
 そして、『なぜかメディアは、こうした超電導リニアの「危うさ」に口を閉ざす。・・・』・・・『リニアではなく、JR東海の暴走を止めなくてはならない。』 と記事は終っています。

リニアモーターカーの技術について私は未だに学習不足ですが、この記事に書かれた問題点は私も注目している事です。
そして 『トンネルの大きさは、東海道新幹線の車両が通行できるようなサイズで作られており、経路勾配も最大四十パーミルに制限され、鉄輪式車両が通行可能。』・・・と書かれていてビックリしたのです。
40パーミル ‰ はリニアモーターカーだから走行出来るのだと何処かで読んでいたので、私は普通の鉄道では走れない勾配をリニア新幹線は走れるのだと思い込んでいました。
確認したら富士急も紹介されていたので納得しました 全国登山鉄道‰会 『富士急行 - 大月 - 河口湖までの26.6kmで約500mの高低差を登り、最急勾配は40‰』
こんな事に限らず、私の勘違いで誤解している点がまだまだあると思えますので、仕事の合間に少しずつでも情報整理をしていきたいと思います。
posted by ict工夫 at 00:11| リニア中央新幹線