2019年11月16日

騒音対策、長野県環境審議委員会の検討結果(報道記録)

第4回長野県環境審議会リニア中央新幹線騒音専門委員会
開催日時:令和元_2019年11月14日(木曜日)会議結果の報道記事です。会議録は後日公開されますので、改めて記録する予定です。
私はこの専門委員会について記事を2度書いています、2019年06月10日 長野県にリニア中央新幹線騒音専門委員会が設置された、及び 2019年07月05日 第2回長野県リニア中央新幹線騒音専門委員会は大月市で開催、しかし騒音問題について疑問が多すぎるのでWebサイトで整理する予定は遅れています。2017年01月28日 新幹線騒音の地域類型が指定される範囲 400mについて、特にこの問題が私には未だに理解できずにおります。

リニア 軌道中心から400メートル以内に国の騒音基準適用 県環境審専門委が確認(2019年11月15日 信濃毎日新聞)

 2027年開業予定のリニア中央新幹線を巡り、騒音基準を適用する範囲などを検討する県環境審議会の専門委員会は(2019年11月)14日、4回目の会合を長野市で開いた。軌道中心から400メートル以内の沿線地域で、国が定めた基準値以下に規制することを確認。素案のパブリックコメント(意見公募)を実施後、(2020年)3月に県へ答申する。
 新幹線の騒音に対する国の基準は、都市計画法で定めた住居専用地域や住居地域で70デシベル以下、商業地域や工業地域で75デシベル以下と規定。素案では、同法による定めのない地域については、実際に住居として使用されている地域とその他に分けて、国の基準を同様に当てはめるとした。工業専用地域や河川区域などは適用外。トンネル沿線も原則適用外だが、地上部に住宅があることも想定されることから、出口地点から坑内200メートル区間は地上部分で同様の範囲で規制する。
 この日の会合では、県環境保全研究所(長野市)が軌道中心から400メートル地点の騒音が70〜71デシベルになるとの予測値を示したことを受けて、天候や地面の影響で騒音値が変動した場合についても検討。変動を加味して再予測すると、400メートル地点でほとんどの場合、70デシベルを下回ることが分かったとして、規制範囲を確認した。委員長の内田英夫・東京農業大客員教授(音響学)は取材に「騒音値は自然条件でばらつきが出るが、誤差をより正確に予測して範囲を決定できた」とした。
 県水大気環境課によると、リニア沿線の神奈川、山梨、岐阜県では既に騒音基準の指定範囲を定めており、いずれも軌道中心から400メートル以内。県内では飯田市、下伊那郡喬木村、豊丘村の地上区間4・4キロが対象となる。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 09:00| 環境影響

2019年10月27日

リニア事業と静岡県と私

静岡経済新聞 ニュースの真相 リニア騒動の真相19 「急がば回れ」の意味は?(2019.10.07)
この記事に出てきた「詩」の全文です、私は全く知らなかった「金子みすゞ」さんの詩
私と小鳥と鈴と
私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面(じべた)を速くは走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように
たくさんの唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。
【金子みすゞ さんを調べて気付いた記事です】
金子みすゞ記念館館長 矢崎 節夫 「みんなちがって、みんないい」〜金子みすゞさんのまなざし〜 (その3)
 すべての存在がそのままですばらしいと気づいた時に、「私」中心だったまなざしが、「あなた」に向かっていくのです。ですから、「私と小鳥と鈴と」という題で始まって、それぞれのすばらしさに気づいて、まなざしが変わって、「鈴と、小鳥と、それから私」と、私が最後にくるのですね。
「リニア事業と静岡県と私」 静岡県が山梨県でも国土交通省でも何でも良いのです。

「リニア事業と***と私」というスタンスで前二者の想いを調べ理解した上での「私」の考えを確定したい、それが当初から私の方法としてきました。 それを「まなざし」と表現するならこの詩と同じだと感じたのです。

しかし、ネット時代であっても事業者や関係組織体から明確に発せられる情報を知り理解することが、これほど難しいものだとは思っていませんでした。いつになったら 「みんなちがって、みんないい」 と言えるのか、そんなことはあり得ないのか・・・

『浄玻璃の 鏡のまえに 立つまでは 秘めておきたし あのことも このことも』(相田みつを)

2019.10.24 国交省事務次官、リニア協議で国の関与強化提案(日本経済新聞 南関東・静岡)
 『リニア中央新幹線工事の環境対策を巡り、国土交通省の藤田耕三事務次官が(2019年10月)24日、静岡県庁で川勝平太知事と会談した。』
鈴か小鳥か分かりませんが、いよいよご登場、ナリチュウです。(成行きに注目、今や古語ですが)

posted by ict工夫 at 00:44| リニア中央新幹線

2019年10月26日

リニア山梨県駅は甲府市が最適、市長発表の公式資料

◇ 甲府市公式サイト・令和元年10月市長臨時記者会見(令和元_2019年10月21日)
    資料3 リニア中央新幹線山梨県駅位置の検証結果について(PDF:470KB)
    資料4 甲府市リニア活用基本構想(2017年3月策定)より(PDF:690KB)
    資料5 県内の主要観光地への移動時間の比較について(PDF:2,004KB)
    資料6 リニア駅近郊の航空写真(PDF:340KB)
    資料7 甲府市産業ビジョン(2019年3月策定)(PDF:568KB)
2019年10月21日 リニアの駅は甲府市内が最適、甲府市長が調査結果を語る(報道記録) の関連資料です。
甲府市長の記者会見発表内容と新聞記者との質疑応答、そして関連資料PDFファイルの公開ページです。
【今は時間が無いので11月に情報整理する予定です。】
posted by ict工夫 at 18:18| Comment(0) | 山梨県