2007年12月27日

リニア、JR東海が全額自己負担

「全額JR」県歓迎(朝日新聞 2007年12月26日)

■南ア山脈直線ルート有力
 2025年の開通を目指すリニアモーターカーを使った中央新幹線構想について、JR東海は25日、首都圏(東京)〜中京圏(名古屋)間を、5兆1千億円で建設する方針を発表した。県内では山梨実験線が延長され、南アルプス(赤石)山脈を通す直線ルートが有力とされる。

続きがあります・・・
タグ:報道 山梨県
posted by ictkofu at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

JR東海が全額自己負担を発表、山梨県は中間駅建設に全力

リニア中央新幹線:知事、中間駅建設に全力 JR、予定地明言せず /山梨(毎日新聞 2007年12月26日)

 首都圏−中京圏の2025年開業で計画が進められているリニアモーターカーによる中央新幹線建設で、JR東海が25日、建設費5・1兆円を全額自己負担すると発表した。ただ、中間駅の建設費は地元負担が必要で、横内正明知事は県内での中間駅建設に向け、全力を尽くす考えを示した。

 県庁で会見した同社の東海道新幹線21世紀対策本部の松野篤二企画推進部長は、中間駅の予定地を明らかにしなかったが、「時速500キロで走るリニアの特性を考えれば、高速性が発揮できる駅間が必要」とした。県内設置に、松野部長は「県には実験線の用地買収など、いろいろ協力してもらっている。中間駅の協議も誠意をもってやっていきたい」と話した。

 横内知事は「中間駅を作るのは当然のこと。費用負担は国やJR東海と十分協議していきたい」と期待した。
 一方、リニア実験線延伸後の起点となる笛吹市では、新駅誘致を推進する決起大会が開かれた。【中村有花、沢田勇】
タグ:報道 実験線
posted by ictkofu at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨県

2007年12月20日

リニア実験線を延伸

 山梨リニア実験線延伸 建設所の開所式(産経新聞 2007.12.20 02:28)

 山梨リニア実験線を延伸するため、独立行政法人鉄道・運輸機構の工事事務所「実験線建設所」の開所式が19日、山梨県笛吹市で行われた。今後、実験線を西側に約16キロ延ばす工事を進める。
 式には荻野正直笛吹市長や県、JR東海の関係者ら約40人が出席。建設所の加藤建二所長は「完成度の高い工事にするため、一丸となっていきたい」とあいさつした。プレハブ2階建ての建設所には所長を含む職員4人が常駐する。JR東海は、平成25-2013年度末までに現在の実験線(都留市−大月市、18・4キロ)を東西に延ばして上野原市−笛吹市間の42・8キロにする予定で、すでに東側延伸区間(上野原市−都留市)の準備工事を開始。平成37-2025年度をめどに首都圏−中京圏で営業運転を始めると公表している。
続きがあります・・・
タグ:報道 山梨県
posted by ictkofu at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 実験線