2013年05月30日

リニア山梨実験線の環境影響調査報告を探したい

樫田秀樹さんがリニア山梨実験線について多数の記事を書いておられます。その2015年11月20日の記事、「リニア、日陰の補償は果樹にはどうなった?」 でも「●山梨実験線環境影響調査報告書はどこにあるのか?」とお書きになりましたので、このブログ記事を更新することにしました。
追加情報はこの記事の最終部分です。【この項追記 2015-11-22】

リニア中央新幹線カテゴリーのWWWページで、自由民主党の「超電導リニア鉄道に関する特別委員会」について触れておいたのですが、リニア着工は2014年度早期ということでした。
実験線は今年2013年9月から走行実験開始という記事を見ています。
何か変だなと思っていたのですが、たまたま目にしたのが、環境アセスメントとL0系走行実験を同時に進めるのは絶対におかしいのである!(2013年5月27日記事)でした。 私の脳内では環境というとパソコンやネットの環境のことで、自然環境の話はまるで知識が無いのですが、この記事は納得できました。

そして、このブロガーさんのもう一つの記事にも気付きました・・・リニア中央新幹線品川〜名古屋の15%はアセスメント適用外??(2012年4月19日記事)
15%との意味は、『不思議なことに、将来営業路線の一部になるとされている山梨リニア実験線42.8q区間については、一度もアセスメントを行わずに工事が進められているようなのです。』 ということです。
この方がリンクしている「環境省総合環境政策局環境影響評価課」の環境アセスメント事例 >> 事例検索を確認してみましたが、確かに山梨実験線についてはヒットしませんでした。
(別な収穫がありました、手続中の環境アセスメント事例です、「都市計画道路甲府外郭環状道路北区間」と「都市計画道路甲府外郭環状道路東区間」が掲載されていました。私は環境問題はドシロウトなのでこんなサイトを知らなかった、今後はいろいろと楽になりそうです)

走行実験の結果とそれ以西の計画営業線の環境影響調査の結果に基づいて、山梨県としてのリニア中央新幹線活用計画のカジを切り直すのは山梨県リニア推進の仕事では無いかもしれません。
しかし、山梨実験線を造成する時に何が行なわれたか、その記録は「環境首都」山梨県庁のどこかに残っていると思いますし、先年、御坂のほうで水道用の井戸が枯れたというような話の時に、工事着手前に行なわれた実験線環境影響調査の話も出ていたかも知れません。それら諸々を後日確認しておきたいと思います。そういう記録があれば北部環状道路で万一にも積翠寺や湯村の温泉に問題が出た時に責任とって腹を切る組織、人についても分かるはずです。
以上、ちょっとメモのみ。

山梨県リニア推進課の方々がこんなシロウトの記事を見るはずもないので、もしも山梨県のどなたか、山梨実験線環境影響調査について記録などのページアドレス、あるいは所蔵組織をご存じでしたら、コメント欄でもページの左下方にあるメールアドレスにでもお知らせいただければ幸いです。そういう情報が出てこないようなら、リニア山梨実験線42キロは事前調査もなく工事が進んだという歴史が残ることになる、それは避けるべきです、明確な情報公開は大切です。リニア素人の私からのお願いです。

続きがあります
posted by ictkofu at 23:45| Comment(2) | 山梨県

2013年05月15日

リニア中央新幹線建設促進規制同盟

2013年5月13日に開催されたJR東海による説明会の情報を複数のブログから知りました。知る人ぞ知るサイトなのでリンクは省きます。

リニア中央新幹線建設促進規制同盟というのが各都県に既にあります。正式名称は違いますが意味はそういうことです。この同盟会の活動をマスコミは伝えないからネットを活用する人しか知らない。だからリニアの問題点も全く知らずにリニア音頭に踊っている。
そんな人々がネットで予約するリニアを使いこなせるとは到底思えない。予約切符が手に入りますとかの詐欺に引っ掛かる高齢者が山梨に続発する。

説明会の内容は記事から見る限りですが、まったく笑い話だと思いました。なんのことはない、仲間内で傷口を舐め合い安全神話を再確認する祭りだった? 原発推進とリニア推進は同じ土壌の上に育つ金の生る木への期待に過ぎない。
でもそれじゃ失礼だから、山梨県リニア中央新幹線建設促進期成同盟会の公式報告記事を待ちます。

JR東海の公開記事・・・
中央新幹線計画に関する説明会(平成24年)資料
説明会における主なご質問
こういうページで既に書かれている事を重ねて説明会で質問するなら、過去のアンサーに対する鋭い反論を伴う質問をすべきでしょう。
5月13日の質問内容がどのようなものであったか、それは質問者のレベルを示す事になる訳です。だから期成同盟会さん自身でも説明会報告書をネット公開すべきです。
それすら出来ないようなら、ネット予約など困る、切符売場の無い駅はイヤだと泣きを入れて、ご意見は承りましたと恭しく蹴飛ばされて終り。

2013.03.20 高速交通インフラと観光トライアングルの関係
 観光立国フォーラム in 甲府(講師 須田 寛さん)の傍聴記録だけ書いていましたが、『今それが考えられないならリニアが通っても同じことで活用などできないでしょう。 二次交通インフラ(道路や公共交通機関の新規箱物整備)を先に進めても意味が無いのであって、既に山梨観光トライアングルが形成されているかどうか、その検証がされていて、その結果を知ることができるかどうか、確認しておきたいと思います。』と書いたフォローは出来ていません、この先も時間が無いかも知れません。

原発推進の「理屈」が既に破綻していることはよく知られていますが、観光立国の理論が破綻しているとは思っていません。県内の目線でそれを説き明かしてくれる記事をどこかで読んだ覚えはあるのですが、山梨総研サイトだったかも知れません。
富士の国やまなし観光ネットは実務・集客に特化したサイトであって、理論づけを説くWebページではありません。山梨観光立国の政治・経済・社会的な理論、それを私はどこかで確認しておきたいと思っています。
理論的な根拠も曖昧なのに合意形成が出来ていると思い込んでいる人々が叩く太鼓の音は、実はまともに聞いている人はおらず虚しく響いているだけです。いざとなったら本心のベクトルがばらばらの人々は皆そっぽを向いて何も生み出せない、甲府中心市街地活性化事業でよくわかったと私は思っています。

posted by ictkofu at 00:11| Comment(0) | 山梨県

2013年05月07日

リニア中央新幹線対策特別委員会@甲府市議会

別記事でメモっておきましたが、甲府市議会に設置されたリニア中央新幹線対策特別委員会での審議内容は公開議事録にはありませんし、定例会ごとに発刊されている甲府市議会だよりでも、常任委員会の概要は記載されていてもこの特別委員会については委員の交代だけが書かれています。2013年3月定例会で委員長から調査活動について中間報告があったということなので、3月議会の本会議議事録を確認できるまで待ちたいと思います。6月定例会の前にはネットで読めるようになるはずです。(ちなみに甲府市市議会の委員会議事録はネットでは読めません、これは甲府市に限らないと思いますが、地方自治が形ばかりのものである一例です)

甲府市中心市街地活性化事業に関わる委員会、協議会はそれなりに議事録を公開してきましたので、門外漢の私でも何がどのように進められているかを推察することはできました。情報を発信し市民の意見を訊きながら進めてきた中心市街地活性化事業ですら事業成果の明確な報告を市民にすることが出来ないまま1年延長したのです。
いわんやこのリニア特別委においておや・・・県庁は既にはるか先を突っ走っているようで、甲府市内に予定される駅周辺地域の変貌を画す事業企画について公募型プロポーザル方式で進めています。

2012.03.26 : 平成24年3月定例会(第6号) 本文

森沢幸夫君外11人から甲議第3号 リニア中央新幹線対策特別委員会の設置についてが提出されました。既に各位のお手元に配付いたしてありますので、御了承願います。

27 : ◯森沢幸夫君
◯森沢幸夫君 案文の朗読をもって、提案理由の説明にかえさせてだきます。
 リニア中央新幹線対策特別委員会の設置について
1 設置理由
 リニア中央新幹線中間駅の位置について、山梨県は、本市大津町付近が適切とし、その旨をJR東海に要望するなど、リニア中央新幹線の建設に関し、本市を取り巻く環境は大きく進展している。
 本市においては、商工業や観光など、リニア中央新幹線開業の効果を最大限に生かした産業振興と、高速交通拠点に対応した土地利用を図っていく必要があり、リニア中央新幹線の建設は、その中間駅周辺だけではなく、甲府駅周辺とのアクセスなど、本市全体の交通体系に影響を与える。
 このため、地方自治法第110条の規定により、「リニア中央新幹線対策特別委員会」を設置する。
2 付議事件
  リニア中央新幹線及び総合交通体系に関する諸問題の審査及び調査
3 委員数
  定数は16人とする。
4 期  間
  平成24年3月26日から審査及び調査が終了するまでとする。
 以上でありますが、よろしくお願いいたします。

28 : ◯議長(清水 保君)
◯議長(清水 保君) 以上で説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。
 質疑はありませんか───質疑なしと認めます。
 これより日程第32 甲議第3号を採決いたします。
 本案は、提案のとおり決することに御異議ありませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)

29 : ◯議長(清水 保君)
◯議長(清水 保君) 御異議なしと認めます。
 よって、本案は提案のとおり可決いたしました。
 お諮りいたします。
 ただいま設置されましたリニア中央新幹線対策特別委員会の委員選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により

    佐 藤 茂 樹 君    荻 原 隆 宏 君    原 田 洋 二 君
    大 塚 義 久 君    鈴 木   篤 君    坂 本 信 康 君
    石 原 秀 一 君    金 丸 三 郎 君    桜 井 正 富 君
    輿 石   修 君    植 田 年 美 君    中 村 明 彦 君
    長 沢 達 也 君    内 藤 司 朗 君    飯 島 正 樹 君
    山 田 弘 之 君

以上16人をリニア中央新幹線対策特別委員会委員に指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)

【追記】 ネット発信を確認してみたら、委員の中で山田弘之さんが一度だけこの委員会についてツブヤキを掲載していましたが、その他の方々は完黙でした。神山玄太議員は、「2012年08月30日【議会報告】リニア中央新幹線対策特別委員会」を書いておられましたが、議題の紹介のみで内容には触れていません。委員では無い者が勝手に書くなという議会の約束があるものと思えます。毎度のことで私の揣摩臆測ですがネットを使わない議員を優先して委員に選んだのかも知れません。視察報告すら自ら公開している議員は数人しかおられないのが甲府市議会です。そういう状況の典型が見えて、「2012.06.29 甲府市議団による震災がれき視察の報告」 という記事を書きました、1年前の事ですが、この震災利権獲得騒動は結局どうなったのかな。

30 : ◯議長(清水 保君)
◯議長(清水 保君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました以上の諸君を、リニア中央新幹線対策特別委員会委員に選任することに決しました。
 ただいま選任されました諸君は、休憩中委員会を開き正副委員長を互選し、速やかに委員会の構成を終わるようここに招集しておきます。
 暫時休憩いたします。
                午後1時53分 休 憩

31 : ◯議長(清水 保君)
◯議長(清水 保君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 報告事項を申し上げます。
 休憩中、リニア中央新幹線対策特別委員会を開き、正副委員長の互選を行いました。委員長に荻原隆宏君が、副委員長に輿石 修君が選任されました。
 以上で報告を終わります。
 次に、リニア中央新幹線対策特別委員長から付議事件について、会議規則第87条の規定により、別紙申出書のとおり閉会中の継続審査及び調査の申し出がありました。
 お諮りいたします。
 リニア中央新幹線対策特別委員長から申し出のとおり、審査及び調査が終了するまで、閉会中の継続審査及び調査に付することに御異議ありませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


2012.06.18 : 平成24年6月定例会(第5号) 本文

79 : ◯議長(佐藤茂樹君)
◯議長(佐藤茂樹君) 御異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました諸君が甲府地区広域行政事務組合議会議員の補欠議員に当選をされました。
 ただいま当選されました諸君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 次に、リニア中央新幹線対策特別委員会委員のうち、輿石 修君、私、佐藤茂樹がこのたび特別委員会委員を辞任をし、2人の欠員を生じました。
 お諮りいたします。
 この際、リニア中央新幹線対策特別委員会委員の補欠委員の選任を日程に追加し、行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)

80 : ◯議長(佐藤茂樹君)
◯議長(佐藤茂樹君) 御異議なしと認めます。
 よって、さよう決しました。
 これより、リニア中央新幹線対策特別委員会委員の補欠委員の選任を行います。
 選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、リニア中央新幹線対策特別委員会委員の補欠委員に、清水 保君、清水 仁君を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


2013.03月議会、甲府市議会だより 第177号

 なお、最終日にリニア中央新幹線対策特別委員長から調査活動について中間報告がありました。

とりあえず以上を書き留めて甲府市議事録の公開を待ちます。甲府市リニア中央新幹線対策特別委員会の審議内容が分かった時には、山梨県庁が進める「リニア駅周辺整備基本方針策定業務」の委託先が既に決まっているかも知れないのですが・・・このパターンは甲府市中心市街地活性化事業の遂行状況で感じた司令塔無しで船頭が多い泥船状態とどこか似ている・・・甲府市の一番の不幸は県庁所在地であることかも知れないと時々思うのです。

posted by ictkofu at 22:45| Comment(0) | 山梨県