2013年06月22日

リニア建設の残土処理、山梨県の事例

東濃リニア通信で2013年06月22日の記事、トンネル工事による膨大な残土は環境破壊となる! で記載されていたことを引用しメモしておきます・・・

甲府南インター近くの桃畑と宅地に囲まれた広大な谷間に、実験線延長工事で出た土がダンプで引っ切りなしに運び込まれていました。これは宅地に造成するという名目で県から40億円もつぎ込まれているとの事。 松島信幸さん(地質学者)は『排土はもろいので住宅を建てると液状化などの危険がある』と指摘しています。 との記載が 「リニア新幹線を考える宮前の会」 の冊子「問答集」 にあるとのことです。
私は2009年1月に、工業団地造成とリニアの残土 という記事を書いたことがあります。山梨県の産業構造などにずっと関心を持ち続けていますが、工業団地のことも未だ何もわかっていません。(陸山会事件と3.11によって優先する関心空間が広がってしまったからです。こういう国家の基本問題を放置したままでは、いくら努力しても安全・安定・安心をベースにした地域の活性化などありえない。私はやっと気が付いた。)

県費を投じて住宅団地造成にリニア残土が使われているという意味がわかりません。残土を引受けているのでJR東海から処理費を受け取る、団地造成予算はその分だけ減額できるのが普通じゃないかと感じます。
その住宅団地は販売されて少なくとも収支トントンになる、甲府市中心市街地活性化事業での地権者団体による再開発ビル(ココリ)建設事業への税金投入と同様な構図になるものでしょう。(投入した税金は活性化した地域からの税収増加で未来にはトントンになる。いわば地方交付税不交付団体を目指した先行投資。)
いつか時間が出来た時にでも県庁サイトを調べておきます。税金を使ったらその経緯と結果は報告されているはず。

工業団地造成の記事以前に書いたものとしては、2008.12.25 リニア中央新幹線は「直線」、この頃には大規模プロジェクトの進め方、システムに関心があって、リニアに関係する多くの問題については大した知識はありませんでした。
それより前には2本しか無いはずです・・・・
2007.06.06 リニア営業運転
2007.05.15 リニア試乗会終了
 どちらも情報の扱い方に関心を持ったから書いたのだったと、ネットオタクの私は振返ります。

地元新聞紙とテレビ、そして地域の集まりが主たる情報源で、日常は生活・仕事に忙しい人々が、生活が向上しますと叫びながら流れてくるカネと太鼓でイケイケドンドンに同調するのは仕方ないことかも知れません。原発誘致が進んだ地域も同じような状況にあった、現在でも同様なのだと感じます。
その結果がもたらしたものは、今の、これからの、日本、地域を滅ぼしつつあるように私は感じています。でもそれも仕方ないことなのです、我が身を振返るといつもそう思います。

posted by ictkofu at 16:16| Comment(0) | 山梨県

2013年06月18日

リニアが住宅地を通る場合についての質疑応答

私も記事中でご紹介している、東濃リニア通信 が岐阜県多治見市で2013年5月25日に開催された「リニア中央新幹線計画の説明会」の記録を掲載されています。

2013-06-18 リニアが「住宅密集地」を避ける理由は?! では多治見市説明会での可児市住民の方からの質問と、それに対するJR東海の回答を記録されています。
可児市はトンネルで通過するそうですが、山梨県では笛吹市までの実験線の延長は甲府市−中央市−富士川町を高架線で通過してトンネルに入るようです。駅の高さが20メートルということなので調べてみたら山梨県立図書館が最高 19.59メートルなので、なんとなく想像できます。あれ位の高さで橋脚が並んだ上が土管のようなフードで被われて、その中を時速500kmでたまにすれ違いながら通過していく。そんな構築物が甲府盆地を横切る。真夏の太陽に直射された土管の中は何度になるのか、周辺に蓄熱を放射することになるのか?
相模原市から実験線までの計画について私は調べていませんが、参考になる質疑応答でしたのでJR東海の回答として記載されているテキストから一部分だけメモしておきます。

最後にトンネルで通る用地に関しての考え方です。用地取得に伴う補償は整備新幹線と同様に国の基準である「公共用地を取得に伴う損失補償基準」に基づいて対応します。 対処物件により補償内容は異なりますので、補償の対象となった場合は用地説明の中で広域に説明します。
質問のあった地下における「区分地上権」についても整備新幹線と同様に工事実施計画認可後の用地説明の中で説明します。 ちなみに、山梨実験線では、土被り、トンネルとトンネル上部、地表面との差が、5mから30mの範囲は「区分地上権」を設定しています。

5月13日の山梨県説明会で交わされた質疑応答について、私は全くわかりませんので、他都市の事例から勉強させていただいております。おそらく9月の実験線走行開始までにはJR東海が平成25年各地説明会の資料として公開すると思いますので、それを待ちたいと思っています。もっとも、今夏の参院選で自由民主党一派が大勝すれば、説明会も環境影響調査などもカンケイナイこととしてリニア中央新幹線は計画通りに進行すると思っていますので、私の記事は単なる歴史の語り部です。

◇ 2013年6月7日、「リニア新幹線沿線住民ネットワーク」から国土交通大臣に、中央新幹線計画の凍結と再検証を求める要請書 が提出されたことを知りましたので要請書をWebページに転載させていただきました。八ッ場ダム問題と似たような構造のリニア中央新幹線問題ですから大臣は恭しく受け取った後ろ手でゴミ箱行きだと思いますし、マスメディアも報じることはありませんから記録として残しました。

リニア甲府駅と隣接地域からの発信・・・
リニア中央新幹線について―相模原市
甲府市企画部リニア交通室交通政策課 | 市議会 リニア中央新幹線対策特別委員会
リニアのまちづくり・いいだ(飯田市リニア推進部リニア推進課)

中央新幹線計画の説明会
長野県では2013年6月13日に開催
山梨県では2013年5月13日に開催
岐阜県では2013年5月25日に開催
◇ 神奈川県庁−「リニア中央新幹線計画の説明会」概要(開催日:2012年8月21日、掲載日:2012年10月12日、質疑応答の要旨も掲載)

甲府市リニア交通室交通政策課
甲府市企画部 リニア交通室交通政策課のページから「担当しているページ一覧」 を確認したら、「企画部 リニア交通室 リニア政策担当課長」 ページが新着らしいので課長からの発信かと開いてみました。
どういう意味で設定された「課長ページ」なのか不明でした。長年全国の公的サイトをいろいろ見て来ましたが、首長などは別にして課長レベル役職者のページは初見です。

リニア政策担当課長
私は、甲府市議会の 「リニア中央新幹線対策特別委員会」 での審議・議事録の情報を探しています。
課長のページをつくるなら、リニア中央新幹線対策特別委員会の特設ページをつくって 「リニアによる甲府の再生・活性化!ご期待ください!」 と内外にアピールするセンスも欲しいと思いました。

posted by ictkofu at 15:02| Comment(0) | 岐阜県

2013年06月13日

飯田・リニア説明会の報告

2013年06月13日- 飯田・リニア説明会、残土運搬や工事用道路についての質疑応答が記録されています。「パワーポイントで示されたここら辺の流れは、山梨で配られて長野県では配られなかった工事開始までの流れの資料に出ていた。ただし、最後の工事説明会は工事を発注した後に開催されるようなので、全く変更の余地はない。」 とのこと。
説明会が一通り終ってから、JR東海は平成24年説明会のページと同様に、今年の説明会で配付した資料を公開するでしょう。
山梨で開催された説明会の資料内容はネットを探しても見つからないので、私は全く知りません(中間駅のイメージ図だけはJRサイトで確認したので一部をWebページに掲載済み)。JRで公開されるまで待ちますが、このブログはそれを知らずに言いたい放題に書いていくつもりです。

posted by ictkofu at 19:27| Comment(0) | 長野県

2013年06月12日

ただの素通りの場所なのかな、リニア長野県説明会

中央新幹線計画の説明会(長野県)」開催
日時 平成25年6月12日(水)14:00〜15:30(受付時間 13:30〜)
会場 飯田文化会館 ホール (長野県飯田市高羽町5-5-1 TEL:0265-23-3552)
申込締切 6月5日(水)17:00
問い合わせ先 JR東海 環境保全事務所(長野) TEL:0265-52-6511 / リニア中央新幹線建設促進長野県協議会事務局 長野県企画部交通政策課リニア推進振興室 TEL:026-235-7016
主催 東海旅客鉄道株式会社 / リニア中央新幹線建設促進長野県協議会
後援 リニア中央新幹線建設促進期成同盟会
広報ページ−「中央新幹線計画の説明会(長野県)」開催のご案内

中央新幹線計画の説明会(長野県)を取り上げたテレビ朝日、6月12日夕方のニュース
中央新幹線計画の説明会(長野県)

6月12日(水)、マイクロソフトの月例更新の公開日で昼前から作業を続けていて、やっと一段落した夕方、ナガラテレビの音から「リニア」という声が聞こえて目をやりました。
平成25年6月12日(水)14:00〜15:30 飯田文化会館で開催されたJR東海+リニア中央新幹線建設促進長野県協議会の説明会を取り上げていましたので、数分程度の中味でしたがマウスを持ち替えて見入っていました。「スーパーJチャンネル」という番組です、キャプチャーした画像でここに掲載しても良さそうなのは渡辺宜嗣さんと大谷昭宏さんだけが映っている画面かと。

渡辺さんも大谷さんもリニア計画に批判的というのではなくて、たんたんと飯田市の何人かの方の声を伝えているものでした。
「質素すぎるリニア、地元落胆も」 「切符売場も待合室もない」 「ただの素通りの場所なのかな」 というキャプションがテレビ朝日報道担当の理解なのかと思います。

今回の飯田市での説明会には長野県下伊那郡大鹿村の河本明代議員が参加されたはずです、 「美しい村」の議員日記で、『6月12日の定例会初日の午後には、飯田市でJR東海と期成同盟主催のリニア説明会がある。議員も全員で参加する予定。』 とのことです。

リニアのことはこのブログのウェブページで整理しながら、いずれホームページの方でもまとめるつもりですが、山梨県も甲府市でも5月13日の説明会に参加された方の感想は、小越智子県議会議員の記事しか気付きませんでした。他都市の河本議員の記事から山梨での様子を知ることができたのもありがたかったです。

私が小越さんの記事に投稿させていただいたコメントは次のようなものでした・・・・『甲府盆地を横断する土管型リニア路線を様々な角度から見た画像をコンピュータ・グラフィクスで処理、県庁の担当課が早急に作成して公開することは必要です。 それにより周囲の日照問題も予測が出来るでしょう。路線の北側をどの範囲まで農地買収したのか、するのか、そういうデータも明確にした方がよいですね。』・・・ウェブページに書きましたが、リニア用地全体がどれくらいで、それに対する固定資産税はどのように算定されるのか・・・なんて税務もシロウトの私が勝手なことを考えております。

5月13日に甲府市での説明会と同時に開催されたリニア中央新幹線建設促進山梨県期成同盟会の定期総会では、リニア駅周辺整備を進めるため国に交付金制度の創設を求める決議が採択されたとのことです。この情報は堀内詔子議員の記事で知りました。私は堀内氏の記事を読んだとたんに思わず笑ってしまいました。同じく中間駅が出来る他都市の事例はどうなんでしょうね。 「リニア乞食」 これは思っても書いてはいけない禁句かな。

posted by ictkofu at 23:33| Comment(0) | 長野県

2013年06月03日

山梨リニア実験線、新型L0系の走行開始

2013年6月3日、午前10頃から初走行というニュース(テレビ朝日)の画面キャプチャー
新型L0系の走行開始

L0(エル・ゼロ)系という新型リニアモーターカーとのことです。「リニア L0」 で検索してみたら、産経新聞 2012年11月22日の記事が読めました。写真が沢山あります。 『JR東海は22日、山梨県都留市の山梨リニア実験線車両基地で、リニアモーターカーの新型車両「L0(エル・ゼロ)系」の車体搬入作業を行った。リニアの新型車両を報道公開するのは初めて。  この新型車両は、リニア中央新幹線計画の実現に向けた試作車という位置づけ。この車両を使い、同社では早ければ「2013年冬ごろ」(山田佳臣社長)をめどに、同線の延伸工事を終え、リニア車両の走行試験を再開する方針とする。 』
本日の初走行については、リニアL0系の走行公開 JR東海(2013年06月03日)
山梨日日新聞記事は、2012年11月23日「新型リニア 乗り心地向上 都留・基地に搬入来冬から走行実験」がありました。

続きがあります
posted by ictkofu at 23:34| Comment(0) | 実験線