2013年08月31日

リニア中央新幹線の総合報告、マスコミでは読めない

8月が終り、いよいよリニアの秋です。9月には環境影響評価準備書の説明会が関係都県で行なわれる予定で、今回はかなり細かく地域別に実施されると言われています。その説明会スケジュールが関係都県一括して示されることを期待したいと思います。それに併せて公開される説明資料も都県分まとめて公開されることが望ましいものです。
と言うのは、今年2013年の5月〜7月に山梨、長野、岐阜、愛知、神奈川、東京で行なわれた説明会は、その都度日を追って別々に広報され説明資料も公開されたので、全体像を把握するのがなかなか難しかったのです。
この秋には路線と中間駅についての決定も公表されると言われていますから、沿線地域の人々に品川〜名古屋の全体像が明らかになります。環境影響もそのトータルな観点を踏まえて国民が判断できることが大切です。
線路が10メートル欠けてもリニア中央新幹線として成立しません、我が地域には問題無いとしてリニア関連事業をそれぞれの自治体が推進するなら、失政の責任をとる覚悟を示してから着手すべきです。
・・・・と、前置きはここまでにして、以下、本文

山梨県大月市、上野原市地域での山梨リニア実験線トンネル工事による水源喪失のことをルポルタージュ記事で読んで以来、フリージャーナリスト:樫田秀樹さんのブログ、「記事の裏だって伝えたい」を常に確認していました。
しかし全くうかつにも、樫田さんのホームページがあることに気付かなかったのです。たまたま、「リニア 残土」のキーワード検索からヒットした記事一覧に未読のものが表示されていて知りました−
夢の「リニア新幹線」は第二の原発かーー着工まであと2年ーー 週刊プレイボーイ 2012年6月11日号掲載の原文(とのことですから、記事中の「本年」、「昨年」などは2012年を基準年としてお読みください)

記事の項目は次のようになっています、これらを読みながらそれぞれの問題についてこれまで見て来た多数の記事を思い浮かべました。それらを整理してリンク集をまとめたいと思っています。
 ●スポンサーだから?
 ●経済性
 ●消費電力
 ●安全性
 ●環境問題
 ●速いけど早いのか?
 ●問題点を公開検証しよう!

樫田さんが週刊プレイボーイ記事で具体的に触れておられない問題の一つに岐阜県地域のウラン鉱床がありますが、それをお書きになったのが、
リニア中央新幹線、ウラン鉱床を通るのか? そして電磁波 週刊SPA!2012年7月24+31日合併号の原文
『(人形峠)この調査に携わった京都大学原子炉実験所の小出裕章氏はこう語る。「ラドンの濃度は通常の空気には、1立米当たり10ベクレル程度。法令では、鉱山の坑道などでは3000ベクレル以下、一般居住区域に流す場合には20ベクレル以下にするよう定めていますが、人形峠の坑口でのラドン濃度は10万ベクレルに達したことがあります。気体のラドンは風に乗って方面にまで流れたのです。ウランの半減期は45億年。ひとたびウランを掘り出すと、その残土は半永久にラドンガスを放出し続けるのです」 』 だけ引用させていただきます。
私は甲府盆地の液状化対策を気にしていますが、それはこの秋の説明会でわかると思います。

小出裕章さんのお名前が出たところで、本日知った情報から 「2013年8月30日国会正門前ファミリーエリア・小出裕章先生のスピーチ」のYouTube動画を貼っておきます

◇ 東濃リニアを考える会ブログに、2013-08-30 リニア山梨実験線走行試験再開抗議行動!! が掲載されています。これも多分マスコミのネット記事では出ていなかったと思います。
私は8月29日の動きには注意してリニア批判関係の市民グループサイトは何度も確認したのですが、この抗議行動が行なわれるという告知は見つかりませんでした。私は Facebook や Twitter から情報を得るのは未だ不慣れなのですが、ネティズンが「ありました記事」だけで済ませていると、リニアの問題が国民に認識されることはなかなか難しいと思いますので、毎度のごとく余計な一言を残します。

posted by ict工夫 at 16:52| リニア中央新幹線