2013年10月29日

リニア中央新幹線情報、おもてなし

追記です
2013年10月29日(火) に山梨県富士川町で開催された「リニアを知ろう!」 in 富士川町
当日の録画が YouTube で公開されました
リニアを知ろう−リニア学習会@富士川町/(前半)
リニアを知ろう−リニア学習会後半/質疑応答
(リニア中央新幹線計画の表側の話を知っておきたいと住民の方々が80名ほどお集まりになったそうです。裏で蠢く人々からの発信だけでは納得できないということだと思います)

私が情報源としてありがたく思っているブログサイトに 2013年11月2日記事、南アルプス横断仰天計画 標高2000mの残土捨て場&毎日ダンプ1700台 が出ました。『ところで、南アルプスを思いっきりメチャクチャにするという事業内容が、あまり世間に知られていないように思われます。新聞記事などでも、「水環境を懸念する声がある」「残土の取り扱いを危惧する声がある」と、ごく小さな扱い。』・・・と前置きがあって本文になります。
このブロガーさんは静岡在住らしいのですが、山梨県富士川町最勝寺からトンネルに入り、早川町を経由して静岡県を通って長野県に入る南アルプスルートの、地質やリニア工事による残土について詳しく解説されています。

なお、この記事にも環境影響評価準備書に対する意見の意義について的確に書かれています。この点を踏まえておかないと、表社会からどんなに素晴らしい意見を述べても「おもてなし」の裏社会には暖簾に腕押しです。
私は準備書(山梨版)に穴があるように思っていますが未だ調べ切れていません。おもてなしの人々はとっくに分かっているはずです。環境問題は苦手ですが意見提出締切に間に合わなくてもWWWページには自分の意見として残す予定です。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨県

2013年10月26日

電磁波被曝について

清重伸之絵画展〜静岡放射能汚染測定室だより表紙絵〜
静岡放射能汚染測定室 の広報ページから知りました。
会期 2013年10月18日(金)〜11月19日(火)
会場 風の谷絵本館(長野県上伊那郡飯島町飯島山久44-10 TEL : 0265-86-5546)
開館時間 10:00〜18:00 休館日 : 水曜日・木曜日

子どもたちの未来について語るお話会
日時 2013年11月3日(祝) 14:00〜
講演 「私たちが創る子どもの未来」 講師 測定室代表 馬場利子さん
 同時開催として、「電磁波から子どもを守る」展示の解説を 伊那谷の環境と健康を守る会 竹内恵子さん
参加費 500円

風の谷絵本館
続きがあります・・・
posted by ictkofu at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会・講演会

2013年10月25日

リニア準備書説明会の質問と回答をJR東海がネット公開した

信濃毎日新聞 2013年10月25日記事で、「リニアアセス説明会の主な質問に回答 JR東海がHPに掲載」と報じられているのに気が付きました。
JR東海のホームページで確認できましたが、時間が無いので信濃毎日新聞かから抜粋して引用だけしておきます。

 JR東海は、リニア中央新幹線東京―名古屋間の環境影響評価(アセスメント)準備書の地元説明会で、出席者から出た主な質問と同社の回答を同社ホームページ(HP)に掲載した。沿線7都県別に5項目ずつ掲載したほか、各県の共通項目として、用地取得や実際の工事開始時期などに対する質問と回答を掲載。長野県分は、半永久的に置かれるとされる「発生土(掘削残土)置き場」や、トンネル工事に伴う水枯れ問題などについて答えている。
 また、説明会でJR側がプロジェクターを使って映し出した資料文書や画像も、都県別に関係市町村の全資料を公開。長野県内分は計110ページで、市町村ごとに、大気、騒音、振動などの予測結果、工事中の周辺道路の車両走行台数などを示している。

既に前記事に記録したように、山梨県でも環境影響評価準備書の審査が始まりました。この件も後日まとめたいと思います。
台風が気になります、福島原発事故現場に影響が出ないことを祈るばかりです。

タグ:説明会
posted by ictkofu at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

2013年10月24日

リニア環境影響評価準備書の審査、各都県の状況

これはとりあえずの記事です。リニア中央新幹線ホームページの方でまとめていく予定です。他都市の事例を確認しながら、この重要課題について行政と市民との対話はどのようにあるべきか。
JR東海の準備書説明会で既に住民意見が出たのだから、行政はJR東海がまとめてくる説明会での意見を集約した報告を待てば良い、行政としての準備書審査の段階で地域住民との対話は必要無いと言えるかどうか・・・


◇ 東京都−環境アセスメント > 東京都環境影響評価審議会 平成25年10月29日開催 諮問・「中央新幹線(東京都・名古屋市間)」環境影響評価準備書 があります。
 ちなみに、知事の審査意見書等(平成23年度)に「平成24.2.27「中央新幹線(東京都・名古屋市間)」環境影響評価方法書 〔案件 番号:法11〕があります。
港区−区政情報あるいはリンクされている「会議・委員会情報等」に出ると思います。準備書縦覧は広報が見つかりませんでした。
品川区−環境課だろうと思いますが、準備書縦覧広報は見つからなかったので、準備書審査についても不明です。
大田区−お知らせページで準備書は広報していましたので関係の審議会など傍聴可能なら告知されると思います。
町田市−町田市環境審議会のページで広報されると思います。縦覧については広報がありました。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境影響

2013年10月22日

法令による土地取引の注視・監視とリニア中央新幹線の関係

リニア中央新幹線関連の情報を確認しながら気付いた関連法令などをメモしておきます。編者にはこれらをカバーできる知識はありませんが、最終的に工事決定に至るまでの道のりが長いことは分かります。その間に発信される行政情報の精度を見極めるためのメモです。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

2013年10月21日

リニア準備書説明会、岐阜県・愛知県の記録

岐阜県での説明会は中津川市から始まりました。


車両基地計画地近くの男性は「住民にとって立ち退けというのはショック。しかるべき対応をしてほしい」と求め、JR東海の担当者は「生活環境に配慮して計画を進め、さまざまな機会で説明したい」とした。「在来線の利便性は担保されるか」との質問には「ダイヤは開業に近い段階で検討を深める。広く多くの皆さんにとって利便性の高いものにしたい」と説明した。 (参加 220人 信濃毎日新聞 10月3日

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐阜県

リニア準備書説明会、東京都・神奈川県の記録

東京都でのリニア中央新幹線環境影響評価準備書説明会の内容については、私が確認できた範囲では全くと言ってよいほど情報がありませんでした。マスメディアはスルーしていたようです。都内区部から発信されたブログにも行き当たりませんでした。もし、私のこの記事に気付いた方が、ここに書かれているという情報をいただけるならありがたく存じます。コメント欄でご教示ください。

町田市
「時節柄か、テロ発生を問うものがありました。今回は非常口の保安を尋ねるものでした。そこの補給棟の人員が監視要員にもなっているとのことでした。」など内容は豊富です。 「このリニア新幹線開通に関する関心がようやく高まってきました。その意味では、反対派の方々がいろいろ問題提起をされて、そこから真の議論が始まると考えられないこともありません。」(吉田さんの掲示板 2013.9.30から) (参加 200人 町田市市議会議員吉田つとむさんのブログと内容紹介の記録ページ 10月1日)

町田市内の非常口について−町田市広袴・能ヶ谷付近と川崎市麻生区片平付近の非常口については日本政策投資銀行のグランド、小野路町は青山学院のグランド、上小山田町については町田市有地を考えていると説明がありました。打診はしているものの、用地確保についてはこれからおこなっていくと・・
説明会の印象は、「適切な」「影響は小さい」「可能な限り」という言葉の連発。行政がおこなう説明会でもそうですが、不安を持っておられる方にとっては具体的影響がどうなるかが聞きたいというところでしょう。 (10/06 池川友一|日本共産党町田市議会議員


神奈川県での説明会は川崎市と相模原市ですが、日付順に転載しておきます。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都

2013年10月20日

リニア準備書説明会、長野県の記録

先日アップロードした 山梨県での説明会記録(2013-10-16) は最終日10月17日の田富説明会記事が確認できたので、追記しました。
ここでは長野県内での説明会記録を 環境影響評価準備書 長野県 から一括して転載しておきます。環境影響評価準備書 のトップページは設定したのですが、残りの都県についても同様にブログに転載します。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県

2013年10月18日

リニア準備書を審議する専門家会議、山梨でも?

国策公共事業であるリニア中央新幹線について、沿線自治体住民の意見を求める最終段階としての環境影響評価準備書、その説明会全92回が2013年10月18日終了しました。

静岡新聞が2013年10月18日、エコパークに影響懸念 リニア審議、専門家会議開始 との記事を掲載し、「(静岡)市は審議結果をもとに、来年(2014年)1月までに市長の意見を県の環境影響評価審査会に提出する。」と締めくくられていました。沿線自治体としても静岡市には中間駅は無く、説明会も2回だけでしたが、私はエコパークとの関係で関心を持っていたので、静岡県、リニア環境影響評価準備書説明会終了(2013-10-12) としてまとめてあります。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

2013年10月16日

リニア準備書説明会、2013年10月17日山梨県最終日です

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書・山梨県の説明会は、2013年10月17日(木) 19:00 から 中央市立田富総合会館 大ホール (山梨県中央市布施2382) で開催される説明会が最終です。9月28日(土)に富士川町ますほ文化ホールで始まってから、あっという間の3週間でした。

最終段階になって台風26号による大きな災害が発生し山梨県内でも早川町で橋が流されたとのニュースを知りました。訪れたことがある伊豆大島の悲惨な災害には言葉もありません。被災された方々にお見舞い申し上げます。大島の復興なくして2020年東京オリンピックはありえない、東京都に復興財源はある、五輪関連土建事業が復興に先行することはありえない、復興の資材、機材や人手が足りないとは言えない、そのことは猪瀬知事もお分かりだと思います。

しかし最近どうしてこんなに自然現象の様子が違ってきたのか。福一から汚される海にポセイドンの怒りが太平洋からの蒸発を増やして雨量を増やしているのか。
それはともかく、山梨県内での説明会について書かれていた記事を確認してきたので、最終日に向けて一挙にブログに残しておきます。環境影響評価準備書 山梨県 に記録しています。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨県