2014年02月03日

沿線他都県の為に山梨リニア実験線の成果を活用すべき

今日2月3日は節分です。福は内鬼は外、何が福で何が鬼かは人それぞれと思いますが、鬼(福)と思われているようなリニア中央新幹線を福(鬼)に転換するカギは山梨県政にこそ潜んでいるのではないか。つらつらそんな事を思いながらこれまで見て来たこと、書いてきたことをまとめて春(ハラ)が立つ・・・

地下水、水源問題は山梨県上野原市、都留市、笛吹市の事例を明確にし、補償期間30年経過後の地域に対する行政施策も既に山梨県としては決定済みなので紹介することができる。

その他自然動植物について上野原から境川に至る42キロの間では影響が無かったことを実験線環境影響調査報告の検証データに基づいて示すことができよう。

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 00:42| 実験線

2014年02月02日

長野県市町村からのリニア準備書への意見書

最新情報追加・・・長野県環境影響評価技術委員会3回目 「美しい村」の議員日記、2月2日記事、JR東海は2027年開業のためには今年度着工が必須という姿勢を崩さない、だから計画を変えるつもりはない、これは静岡県からの残土置き場へのクレームに対しても同じ答えでした。「リニア計画 環境保全を求める沿線からの声はJR東海に届かないらしい」と、「リニア中央新幹線 南アルプスに穴を開けちゃっていいのかい?」でも2月1日記事が取り上げています。原発人災に対する東京電力の姿勢に共通するものがありそうで、リニア推進は各地域が大きなリスクを抱えることになると思わずにはいられません。これを凍結させ計画の再検討ができるのは、環境大臣と国土交通大臣しかいないでしょう。しかし彼らはおそらく命懸けでリニア計画を守るでしょう・・・(2014.02.02 深夜追記)

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 16:38| 長野県

神奈川県環境影響評価審査会、情報公開が早い

平成25年度第10回神奈川県環境影響評価審査会 開催予定日:2014年2月28日(金)(掲載日:2014年1月16日)

平成25年度第9回神奈川県環境影響評価審査会 開催予定日:2014年2月5日(水)(掲載日:2014年1月16日)

平成25年度第8回神奈川県環境影響評価審査会 開催予定日:2014年1月17日(金)(掲載日:2013年12月3日)
・・・第8回審査会審議速報(掲載日:2014年1月20日)
・・・議事録の全文又は要約を掲載した「審議結果」の公開予定時期 平成26年2月下旬

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 00:30| 神奈川県

2014年02月01日

リニア環境影響評価審査会でウラン問題の指摘、岐阜県

中日新聞岐阜県版_20140131

岐阜県でのリニア環境影響評価準備書関係、このページなどでまとめています。ウラン鉱脈の問題は説明する必要はないでしょう。
「適切に対処する」、その「適切」の意味や方法が庶民感覚とはかなりのズレがある事を3.11以来学んできました。
それぞれの地域で活動されている方々からの発信を貴重な情報源としながら、各地から発表される意見書などをざっとですが確認はしています。今回の中日記事は 桜ヶ丘9条の会 から転載させていただきました。
中日新聞のネット記事では見つからないので紙面のみ掲載と思います。リニアは全国に波及する問題という認識があれば、紙面だけで終らせないはずなのですが・・・

posted by ict工夫 at 08:50| 岐阜県