2014年07月13日

リニア中央新幹線、国土交通大臣認可は間もなくか

リニア問題と原発問題はとても似通っている、違うのは、リニアは山梨実験線を除き表向きは計画段階ということ。だから未だ間に合うはず・・・

2014年7月14日(月)〜18日(金)の間に国土交通大臣によるリニア中央新幹線計画ゴーサインが出るでしょう。
2014年3月25日には関係都県知事の意見書が出揃い、JR東海はそれらも踏まえたはずの環境影響評価書を4月23日に国土交通大臣に提出しました。その日に国交省から環境大臣へ意見照会が行なわれ、6月5日に環境大臣意見が国交大臣に提出されました。4月23日から90日以内になる7月22日までの間に評価書は確定して国交大臣の工事認可となるシナリオ・・・
関係地域では自治体首長が先頭に立って提灯行列でもやるかも知れませんし、地方メディアもお祭り騒ぎで賑やかになるでしょう。

各自治体首長が意見書で述べた問題点が計画遂行段階でどのように対応されているか、自治体職員はそれを綿密に確認しながら自治体ホームページで地域民・国民に報告していく作業が、今後延々と続くでしょう。準備書意見段階でNO!を出さなかったツケは未来永劫、続く・・・

2014年3月3日にこの件を予言した記事があります、拝啓 国土交通省様 このアセス内容で事業認可するととんでもない事態になりますよ と・・・

10年後か20年後か・・・リニア被害告訴団について書くようなブログは日本からは消えているかもしれない。各地で稼働する原発で事故があっても国民に伝わることは無い、非国民を摘発・密告してオカミのお褒めに与る各地の「隣組」の活動を報じる国営放送とマスコミが活躍するだけの日本になっているはずです、有権者が現状をこのまま放置していれば・・・

続きがあります
posted by ict工夫 at 01:00| 国会・国政