2014年08月27日

工事実施計画を申請、ワイヤレス給電を採用し総工費増(報道記録)

リニア工事申請、ワイヤレス給電を採用し総工費増(日経コンストラクション 2014/08/27)

 東海旅客鉄道(JR東海)は(2014年)8月26日、リニア中央新幹線の品川駅―名古屋駅間の工事実施計画を国土交通大臣に認可申請した。総工事費は以前の試算から935億円増え、5兆5235億円になる見込みだ。国交相などの意見を踏まえた最終的な環境影響評価書も同日、国交省に提出。国交相が認可すれば9月にも着工できることになる。
 品川駅―名古屋駅間の総工事費は、2009年12月の調査報告の段階で5兆4300億円。
 当時の試算では、リニア新幹線の車内の照明や空調に用いる電力の供給に、ガスタービン発電装置の車内設置を想定していた。
これに対して新たな試算では、車内電力の供給に誘導集電を採用。磁界誘導を用いて地上から非接触で電力を送り込む同方式の採用で、安全性を高めて環境負荷を抑制した。
(以下略)
リニア中央新幹線(品川─名古屋間)の工事費予算書
項目金額(千円)
項目金額(千円)
用地費342,040,000
路盤費110,090,000
橋梁費292,200,000
隧道費1,621,960,000
軌道費724,360,000
停車場費520,600,000
防護設備費3,780,000
発電所・変電所費185,590,000
小計3,800,620,000
工事用建物費970,000
工事用機械費13,630,000
工事附帯費200,600,000
小計215,200,000
4,015,820,000
車両費
合計4,015,820,000
1km当たりの工事費(車両費を除く)14,060,000
※消費税は含まない。
現時点での総工費は 5,523,550,000千円(車両費を含む。山梨リニア実験線既設分は除く)
続きがあります・・・
posted by ictkofu at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

やっぱりリニアはいらない、昔 陸軍、今 リニア?

2014年8月22日 上山信一の“あまのじゃく”改革談義 with 橋山禮治郎さん(日経BP) に対して国土交通大臣の反論は必要です。中見出しは以下の通り・・・
リニアは災害対策には不向き/ むしろ東海道新幹線を改良せよ/ そもそもなぜ更なる高速化なのか?/ コンコルドの二の舞?/ 需要があるのか/ JR東海は特殊法人/ 全国の鉄道全体、JRの再編を考えるべき/ リニアは別会社でやれ/ 昔 陸軍、今 原発、そしてリニア?

上山信一さんの冒頭発言−−『この対談では、反対のための反対ではなくて、反対するだけの十分な理由があるのだということをもっと明確にしていきたいのです。』

タグ:出版物
posted by ictkofu at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物

工事着手、関係地域住民への説明について

2014年8月26日、JR東海はリニア中央新幹線の工事実施計画の認可を国土交通省に申請しました。JR東海のホームページから関連記事を閲覧できます。以下は 「環境影響評価書(平成26年8月)(山梨県)」 にある 「評価書資料編」 から拾い出した 「工事着手までの流れと関係地域住民への説明について」 です。この項目は他都県の公表資料にもあります。

工事着手までの流れ

続きがあります
タグ:工事 説明会
posted by ictkofu at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2014年08月18日

リニアは9月中にも着工、読売新聞中部版が報じた

読売新聞中部版 2014年8月18日記事、同じ記事が経済版に−リニア、9月中にも着工…27年開業目指す(2014年08月18日 07時52分)

JR東海が2027年の開業を目指して東京(品川)―名古屋間に整備するリニア中央新幹線が、9月中にも着工される見通しになった。
JR東海は環境影響評価(環境アセスメント)書の最終版を国土交通省や沿線自治体に近日中に示し、工事実施計画の認可を国交省に申請する方針を固めた。国交省は工事方法などを記した計画の妥当性などを審査し、9月中にも認可する見通しだ。
同社は認可後、速やかに各地に工事事務所を設置し、沿線に対する工事計画の説明や用地取得の手続きを始める。地下の構造が複雑な品川、名古屋の両ターミナル駅や、3000メートル級の山々が連なる南アルプスの工事を優先的に進める考えだ。

品川と名古屋はリニアに関係せずとも開発は進められると思う。リニアも一緒にやればよろしい。
しかし、南アルプスの工事が優先されると、山梨県の地域づくりが遅れてしまう。トンネル工事の状況しだいではリニア推進にビビる向きも出て来るかもしれない。

南アルプスは後回しにして、まず、山梨リニア実験線を新甲府駅まで延伸する工事、合わせて駅舎の建設から始めるべきだ。
そのプロセスはリニア実験の延長事業として、今度こそは、どのような工事が行なわれるか、それに伴う環境影響はいかがかを、公衆の多くの目で視ることができる。沿線各地は言うに及ばず、全国から、海外からも工事見学は連日のように続くだろう。

続きがあります
タグ:実験線
posted by ictkofu at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2014年08月17日

リニア中央新幹線がやって来て、早川・芦安連絡道路も出来上がる

静岡のブロガーさんが、2014年8月7日付けで記事にまとめられました
部分的な環境アセスメント逃れ? 山梨県のリニア関連道路工事

南アルプス周遊自動車道整備促進期成同盟会からは、「早川・芦安連絡道路」の整備決定について(2014/03/17)が出ています。
早川町公式ホームページ にも記事が出ています。大分以前にこの件を確認した時には無かったと思いますが、今は行政情報が満載です。
◇ 山梨県庁サイトでは、県土整備部
あるいは、カテゴリー区分で、まちづくり・環境 > 道路 のどこかに出ているはずです。

posted by ictkofu at 20:04| Comment(0) | 山梨県