2014年08月27日

工事実施計画を申請、ワイヤレス給電を採用し総工費増(報道記録)

リニア工事申請、ワイヤレス給電を採用し総工費増(日経コンストラクション 2014/08/27)

 東海旅客鉄道(JR東海)は(2014年)8月26日、リニア中央新幹線の品川駅―名古屋駅間の工事実施計画を国土交通大臣に認可申請した。総工事費は以前の試算から935億円増え、5兆5235億円になる見込みだ。国交相などの意見を踏まえた最終的な環境影響評価書も同日、国交省に提出。国交相が認可すれば9月にも着工できることになる。
 品川駅―名古屋駅間の総工事費は、2009年12月の調査報告の段階で5兆4300億円。
 当時の試算では、リニア新幹線の車内の照明や空調に用いる電力の供給に、ガスタービン発電装置の車内設置を想定していた。
これに対して新たな試算では、車内電力の供給に誘導集電を採用。磁界誘導を用いて地上から非接触で電力を送り込む同方式の採用で、安全性を高めて環境負荷を抑制した。
(以下略)
リニア中央新幹線(品川─名古屋間)の工事費予算書
項目金額(千円)
項目金額(千円)
用地費342,040,000
路盤費110,090,000
橋梁費292,200,000
隧道費1,621,960,000
軌道費724,360,000
停車場費520,600,000
防護設備費3,780,000
発電所・変電所費185,590,000
小計3,800,620,000
工事用建物費970,000
工事用機械費13,630,000
工事附帯費200,600,000
小計215,200,000
4,015,820,000
車両費
合計4,015,820,000
1km当たりの工事費(車両費を除く)14,060,000
※消費税は含まない。
現時点での総工費は 5,523,550,000千円(車両費を含む。山梨リニア実験線既設分は除く)
続きがあります・・・
posted by ictkofu at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

やっぱりリニアはいらない、昔 陸軍、今 リニア?

2014年8月22日 上山信一の“あまのじゃく”改革談義 with 橋山禮治郎さん(日経BP) に対して国土交通大臣の反論は必要です。中見出しは以下の通り・・・
リニアは災害対策には不向き/ むしろ東海道新幹線を改良せよ/ そもそもなぜ更なる高速化なのか?/ コンコルドの二の舞?/ 需要があるのか/ JR東海は特殊法人/ 全国の鉄道全体、JRの再編を考えるべき/ リニアは別会社でやれ/ 昔 陸軍、今 原発、そしてリニア?

上山信一さんの冒頭発言−−『この対談では、反対のための反対ではなくて、反対するだけの十分な理由があるのだということをもっと明確にしていきたいのです。』

タグ:出版物
posted by ictkofu at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物

工事着手、関係地域住民への説明について

2014年8月26日、JR東海はリニア中央新幹線の工事実施計画の認可を国土交通省に申請しました。JR東海のホームページから関連記事を閲覧できます。以下は 「環境影響評価書(平成26年8月)(山梨県)」 にある 「評価書資料編」 から拾い出した 「工事着手までの流れと関係地域住民への説明について」 です。この項目は他都県の公表資料にもあります。

工事着手までの流れ

続きがあります
タグ:工事 説明会
posted by ictkofu at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2014年08月18日

リニアは9月中にも着工、読売新聞中部版が報じた

読売新聞中部版 2014年8月18日記事、同じ記事が経済版に−リニア、9月中にも着工…27年開業目指す(2014年08月18日 07時52分)

JR東海が2027年の開業を目指して東京(品川)―名古屋間に整備するリニア中央新幹線が、9月中にも着工される見通しになった。
JR東海は環境影響評価(環境アセスメント)書の最終版を国土交通省や沿線自治体に近日中に示し、工事実施計画の認可を国交省に申請する方針を固めた。国交省は工事方法などを記した計画の妥当性などを審査し、9月中にも認可する見通しだ。
同社は認可後、速やかに各地に工事事務所を設置し、沿線に対する工事計画の説明や用地取得の手続きを始める。地下の構造が複雑な品川、名古屋の両ターミナル駅や、3000メートル級の山々が連なる南アルプスの工事を優先的に進める考えだ。

品川と名古屋はリニアに関係せずとも開発は進められると思う。リニアも一緒にやればよろしい。
しかし、南アルプスの工事が優先されると、山梨県の地域づくりが遅れてしまう。トンネル工事の状況しだいではリニア推進にビビる向きも出て来るかもしれない。

南アルプスは後回しにして、まず、山梨リニア実験線を新甲府駅まで延伸する工事、合わせて駅舎の建設から始めるべきだ。
そのプロセスはリニア実験の延長事業として、今度こそは、どのような工事が行なわれるか、それに伴う環境影響はいかがかを、公衆の多くの目で視ることができる。沿線各地は言うに及ばず、全国から、海外からも工事見学は連日のように続くだろう。

続きがあります
タグ:実験線
posted by ictkofu at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2014年08月17日

リニア中央新幹線がやって来て、早川・芦安連絡道路も出来上がる

静岡のブロガーさんが、2014年8月7日付けで記事にまとめられました
部分的な環境アセスメント逃れ? 山梨県のリニア関連道路工事

南アルプス周遊自動車道整備促進期成同盟会からは、「早川・芦安連絡道路」の整備決定について(2014/03/17)が出ています。
早川町公式ホームページ にも記事が出ています。大分以前にこの件を確認した時には無かったと思いますが、今は行政情報が満載です。
◇ 山梨県庁サイトでは、県土整備部
あるいは、カテゴリー区分で、まちづくり・環境 > 道路 のどこかに出ているはずです。

posted by ictkofu at 20:04| Comment(0) | 山梨県

2014年08月12日

リニア工事は高速鉄道国際会議開催に合わせて10月開始?

記事タイトルは、「JR東海 リニア10月着工へ」 2014年8月12日、中日新聞が一面で、東京新聞は経済カテゴリーで報じました。
 中日新聞−/front/list/CK2014081202000069.html
 東京新聞−/economics/news/CK2014081202000137.html
紙面は知りませんが、ネットから見る限り中日新聞が元記事で、親元からの発信なので東京新聞は経済ネタで一応扱っておいたという感じでしょうか。

この情報のポイントは 2014年10月22日にホテルオークラで「高速鉄道国際会議」 が開催される事、そこでは 「SCMAGLEV」(Superconducting Maglev, Superconducting Magnetic Levitation Railway)=リニア中央新幹線 がメインテーマの一つになっている事でしょう。
PDFファイルを画像として引用しておきます。

ちなみに、国際高速鉄道協会は、平成26年4月1日一般社団法人国際高速鉄道協会設立
April 1, 2014 International High-Speed Rail Association Established
現在の会員名簿から 「村」 の構造が分かりますので、なんとなく原発村と似たような構造だろうなと思いました。

10月の国際会議では海外からの大勢の参加者も予想されるのだと思います。政府関係者はもとより、リニア沿線各都県知事も招待されるでしょう。
この会議のエクスカーションとして、参加者が山梨県のリニア実験線を訪問し試乗することは当然の計画と思います。山梨県庁も忙しくなるでしょう。
高速鉄道国際会議 2014年10月22日、会場・ホテルオークラ東京

高速鉄道国際会議

原発問題でしばしば出て来る IAEA という国際機関がありますが、IHRA の将来も同じような立場になって日本国の国威発揚を目指しているのでしょう。
各国から集まる鉄道の専門家たちがリニア中央新幹線の詳細計画を確認できた時に、どのような評価をされるかは関心があります。リニアの問題点を指摘する情報の英語版は必要だと思いますが、私にはその能力は全く無い。
仮に、海外参加者に日本通の方がおられて、南アルプス・エコパークとか環境破壊への対応などを問いかけられたら、「全てアンダー・コントロールです」 と IHRA 日本メンバーは答えるでしょう。
国際社会からも認められたリニア中央新幹線を中止するなどとは国益に反すると世論を喚起するために、4月1日に設立し国際会議を開く組織だと私は理解しました。

タグ:国土交通省
posted by ictkofu at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

リニア中央新幹線がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!

2014/08/08 に公開されてネットで話題になっているようです。
リニア中央新幹線がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!、制作者さんのメッセージを転載させていただきます。
(2014年8月16日夜、確認したら視聴数は10万を越えていました、18日夜には12万突破)

リニア中央新幹線の諸問題について解説したアニメーションです。消費電力は? 電磁波は?? 走行ルートは? 環境保全は? 採算性は? そもそもリニアは必要なのか? ネコと和解せよ?。

タグ:出版物
posted by ictkofu at 06:24| Comment(0) | リニア中央新幹線

2014年08月05日

国土交通大臣の工事計画審査は2年先だろう?

リニア中央新幹線山梨実験線での「時速500キロすれ違い実験」について気になっていて、自分が分かる範囲で確認してみた。この事は環境影響評価以前の問題として考えていたこと。しかし遅れてきたリニア・ウォッチャーなので、どこをどう調べたらよいか・・・
以下は、拾い出した記事からの引用のみにしておく。もう少し調べが進んだらWebページとして記録しておく予定・・・(強調などは編者による)

超電導リニア開発の歴史
 2003.12 3両編成581km/h達成(有人走行・過去最速)
 2004.11 相対速度1,026km/hすれ違い走行試験(過去最速)
 2006.12 実用技術評価委員会にて、今後10年間の走行試験を含む技術開発についての 提言がなされた。

第14回「超電導磁気浮上式鉄道実用技術評価委員会」の開催結果について 平成18(2006)年12月12日
(別紙)今後の技術開発の方向性について(提言)・・・以下抜粋(元号には西暦を付記した)

続きがあります
posted by ictkofu at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 実験線

山梨実験線での最終確認はどのような状況なのか

リニア中央新幹線山梨実験線での「時速500キロすれ違い実験」について気になっていて、自分が分かる範囲で確認してみた。この事は環境影響評価以前の問題として考えていたこと。しかし遅れてきたリニア・ウォッチャーなので、どこをどう調べたらよいか・・・
以下は、拾い出した記事からの引用のみにしておく。もう少し調べが進んだらWebページとして記録しておく予定・・・(強調などは編者による)

超電導リニア開発の歴史
 2003.12 3両編成581km/h達成(有人走行・過去最速)
 2004.11 相対速度1,026km/hすれ違い走行試験(過去最速)
 2006.12 実用技術評価委員会にて、今後10年間の走行試験を含む技術開発についての 提言がなされた。

第14回「超電導磁気浮上式鉄道実用技術評価委員会」の開催結果について 平成18(2006)年12月12日
(別紙)今後の技術開発の方向性について(提言)・・・以下抜粋

4.今後の技術開発の進め方

 今般、今後10年間で実用化を見込むことができるコスト低減のための技術開発の見通しがついたこと、並びに実用レベル仕様による走行試験等に必要な山梨実験線全線建設の見通しがついたことを踏まえ、平成19年度以降、概ね10年間において、以下の走行試験を含む技術開発を進めることが妥当であると考えられる。

 (1)更なる長期耐久性の検証について
  現行の基盤技術レベル仕様の長期耐久性について平成24年度までに検証するとともに、実用レベル仕様についての長期耐久性検証を平成26年度から28年度にかけて実施する

 (2)メンテナンスを含めた更なるコスト低減について
  技術的に可能な限り建設コスト、生産コスト、運営コストを削減するため、高温超電導磁石、地上コイル、電力変換器はもとより、全ての技術開発要素について、更なるコスト低減のための技術開発を平成28年度までに実施する

 (3)営業線適用に向けた設備仕様の検討について
  山梨実験線全線を平成25年度までに建設して実用レベル仕様による走行試験を可能とし、平成26年度から28年度にかけて、環境対策設備の仕様、保守体系及び異常時対応方策の確立など、営業に適用可能な状態にするために必要な試験を網羅的に実施する。

5.平成28年度までの技術開発目標

 4.の取組みにより、平成28年度までに、他の交通機関に対して一定の競争力を有する超高速大量輸送システムとして実用化の技術を確立することを目指す。
 これに関しては、運営コストを含めた技術開発目標に対して評価を行い、その結果を踏まえ、必要に応じて技術を改善していくこととする。

続きがあります
posted by ictkofu at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 実験線