2014年10月18日

御嶽山影響無し、国土交通省は慎重に審査した

私が確認したかったことを信濃毎日新聞 2014年10月18日記事が伝えてくれましたので引用しておきます−リニア工事計画認可 JR、月内にも事業説明会

 工事実施計画を審査した国交省鉄道局施設課によると、9月27日に噴火した御嶽山も、急きょ審査対象に挙がった。御嶽山山頂から計画されているリニアの路線までの最短距離は約35キロ。マグマ噴火が起きた場合、路線への影響がないかどうかや、火砕流や噴石が及ぶ想定範囲を自治体のハザードマップで調査。路線には届かないことを確認、影響は認められないとした。
 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が建設する整備新幹線は申請から1〜3週間で認可するのが通例。8月26日の申請から認可まで2カ月近くかかったことについて、同課は、リニアは初めての民間会社による建設ということもあり慎重に審査したとしている。

続きがあります・・・
タグ:国土交通省
posted by ictkofu at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線