2014年10月25日

中部横断道のセレン汚染は残土処理の教訓になっているか

その後の確認が遅れました。2014年11月に解決しています。「西松建設、コアボーリングシステムを山梨県内の山岳トンネル工事で適用」(2015年11月14日)を書く時にこの事案についても甲府河川国道事務所をサーチした結果で判明しました。
中部横断自動車道(富沢〜六郷)(仮称)南部インターチェンジ工事現場内で検出されたセレンへの対応について 地下水の利用制限解除について【第4報】(平成26-2014年11月12日)

2013.12.07 に書いた記事、山梨県南部町のセレン汚染とリニア残土の追記・再掲です。
『H25.10.21 中部横断自動車道(富沢〜六郷)(仮称)南部インターチェンジ工事現場内の地下水観測用井戸において自然由来物質(セレン)が検出されました』 に端を発します。
ほぼ1年が経過しても国土交通省はモニタリングを続けています。2014年10月14日モニタリング結果によれば、『周辺地域の井戸等の水質調査結果 現在のところ、異常値は検出されておりません。』 とのことです。
この情報は、リニア中央新幹線工事認可申請について、「技術基準等への適合」、「環境への配慮」、「工事費や完了予定時期」の主に3つの観点から審査をした国土交通省担当部署も共有していると思います。
2014年9月26日の国土交通大臣定例記者会見での質疑応答が掲載されたので、記録しておきます。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 発生土(残土)