2015年05月24日

2015年05月22日

山梨県「測量作業のお知らせへ」の抗議書

抗議文を確認しましたので記録しておきます。宛先、発信者の氏名は略します。WWW掲載に即して段落などは編集してありますが、内容は原本通りです。

【追記】リニア、山梨県での住民運動始まる(樫田秀樹さんの記事 2015/05/22) 山梨県内で取材された詳細な情報が書かれています。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2015年05月16日

南アルプスは大丈夫? 登山者の立場からリニア新幹線を考える@渋谷、報告

◇ 樫田秀樹さんのブログで報告記事が掲載されています−リニア、登山者と釣り人が立ち上がる(2015/05/26)講演後の質疑応答について内容も記録されています。

2015年05月21日 満員御礼 | 東京新聞が5月24日の朝刊で先日の集会について紹介してくれる・・・ という記事も出ています(南アルプスは大丈夫?リニア新幹線を考える登山者の会ブログ 2015年05月23日)
イベント告知段階では気付かなかったのですが報告サイトを確認していてこのブログを知りましたので、とりありあえず追記しておきます。後日、別記事で整理したい思います。2015.05.23 深夜
「24日の朝刊には未掲載でした。後日になりそうです。」と追記されていました。私も東京新聞サイトは特報カテゴリーも含めて確認していたのですが、ネット記事としては見つかりませんでした。
リニア新幹線を考える登山者の会 では東京新聞に掲載されたことが報告され紙面画像がアップロードされています(2015年05月25日のブログ記事)今日の東京新聞特報欄

続きがあります・・・
タグ:エコパーク
posted by ictkofu at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会・講演会

2015年05月11日

南アルプス・トンネル工事受注業者に対して警鐘が鳴らされた

2015年5月10日の投稿のようですが、「悪夢の超特急 リニア中央新幹線」へのカスタマーレビュー(樫田秀樹著、アマゾン販売ページ)に投稿されたメッセージを確認しました。前半は略して引用しておきます。(下線は引用者)『 2015/5/10 投稿者 todorokihihou (西東京市)』

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2015年05月09日

沿線住民・怒りの集会@山梨 5月17日

リニア・市民ネット からの情報です。
日時  2015年5月17日(日)13時30分〜16時30分
場所  ぴゅあ総合(男女共同参画推進センター) 2F 大研修室
集会内容 
  (1)基調講演
    「住民運動とリニア」ジャーナリスト・樫田秀樹さん
  (2)コント (大鹿村の住民の方々)
  (3)沿線各地の住民の声(東京から西へ)
主催 リニア・市民ネット山梨
賛同団体
   リニア新幹線沿線住民ネットワーク 11団体
   リニア中央新幹線研究会
   リニア新幹線沿線住民懇話会
   中部横断道八ヶ岳南麓新ルート沿線住民の会

【プログラム】(2015.05.16 追記)
  13:00 開場
  13:30〜13:40 近況報告 川村代表
  13:40〜14:40 講演 樫田さん
  14:40〜15:05 コントとラップ
  15:05〜15:20 休憩
  15:20〜16:20 各地からの報告
  16:20〜16:50 自由討論
  16:50〜 集会宣言
  17:00 閉会
【参加費】300円(学生と子供たちは無料)

詳しくは「リニア・市民ネット」の案内記事をご参照ください。
樫田秀樹さんのブログ で、リニア中央新幹線カテゴリー を開かれると参考になります。
特に地元メディア頼りで自ら情報収集することが苦手と思える山梨県の皆さんが、後になって「まさか、そんなこととは知らなかった」という状況におちいらないために。
実は、山梨県知事記者会見(平成27年4月22日)「県議会議員選挙の選挙公報について」を読んでほんとに驚いたのです。私は 県議会議員選挙候補者情報、山梨・神奈川・静岡・長野・埼玉・千葉 を書いた時から気にしていたことです。
山梨に来てから色々な事に関心を持ち学ばせていただきましたが、自分が県政・議会を見る時の基本的な問題を理解していなかったことに、やっと気付いたという気持ちです

タグ:山梨県
posted by ictkofu at 23:47| Comment(0) | 集会・講演会

2015年05月08日

山梨県富士川町大柳川渓谷は現状保全されるのだろうか

大柳川「おおやながわ」という川の名前はリニア問題をフォローしている時に知りました。しかし、リニア中央新幹線工事の影響を受けるかも知れない川があるということを知っただけで、それ以上の情報確認はしませんでした。

国土交通大臣が認可したら、その後はどうなるか(2014-09-07)記事で触れたのですが、環境影響評価としては「水利用は、水道、温泉、農業用水など」ということなので、それだけの川に過ぎないと思っていたからです。実験線で発生した問題と同様にカネで解決されるのだろうと・・・
再掲しておきます・・・

http://www.pref.yamanashi.jp/shinchaku/sinkan-som/2403/rinia_jyunbisyo_tijiiken.html から横内知事の意見書は読み出せるので、該当箇所と思える部分を抜き出してみた。環境問題は苦手なので引用が違っていたら読者が自身で確認していただきたい。

(意見概要PDFファイル 7/12)
富士川町の大柳川上流と山岳トンネルの交差部分の土被りは 100m 未満 と小さい。一 方、水利用は、水道、温泉、農業用水など幅広いため、当該地域に係る記載の充実、周辺の水資源保全の検討を行いその結果を評価書に記載すること。
(意見書PDFファイル 24/50)
(4 )富士川町大柳上流及び支流における水資源への影響把握
特に、周辺の水道水源、温泉源への影響の把握は、当該地域の水利用において重要であることから、次の事項が明かになるよう、当該地域に係る記載を充実させるとともに、周辺の水資源の保全について検討し、検討の経緯及び結果を評価書に記載すること 。

JR東海の補正版評価書は−http://company.jr-central.co.jp/company/others/assessment/document1408/yamanashi/index.html から読み出せる。静岡のブロガーさんのように、ここから読み解く能力は私には無いが、本編−水環境 PDFファイルで 8-2-4-24 ページに書かれている評価結果 「水資源に係る環境影響の低減が図られていると評価する」 が該当すると思える。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨県