2015年08月13日

名古屋市の名城非常口新設工事とJR東海の子会社吸収合併の関連

JR東海の電子公告に平成27-2015年8月6日付けで 「株式会社広小路土地の吸収合併に関する合併公告」が出ていました。アップロードされているPDFファイルは 111 KBです。
合併公告には何も書かれていませんが「広小路土地」という社名が気になり、もしかするとリニア中央新幹線事業に関連した合併ではないかと感じて情報確認。
ニュースリリースの中に、2015.07.29 子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ があり、PDFファイル(102 KB)を読んだら分かりました。
『1.本合併の目的 広小路土地が保有する土地を、当社が一元的に保有及び管理し、中央新幹線の非常口用地として活用することで、着実かつ円滑に中央新幹線の建設を進めることを目的とします。』
平成27年10月1日(予定)を効力発生日として、JR東海の100%子会社である株式会社広小路土地を吸収合併するということです。

非常口工事については「中央新幹線名城非常口新設」が最初ではないかと思います。この工事発注手続き開始は、名古屋城の目前にリニアのたて坑 JR東海が公告(ケンプラッツ 2015年6月4日記事)に詳しいです。
2015年5月29日、手続き開始
1次技術提案での見積書提出日は2015年10月14日、2次技術提案の提出日は2016年1月18日
工期は契約締結の翌日から2019年9月30日まで
このケンプラッツ記事から調べてみた「名城非常口」の場所を図に残します。

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 22:58| 工事

2015年08月05日

南アルプスのトンネル新設(長野県大鹿村)工事公告

2015年8月3日、JR東海は以下のような公告を出しました。

工事名  中央新幹線南アルプストンネル新設(長野工区)
工事場所 長野県下伊那郡大鹿村
手続き開始時期 	平成27-2015年8月3日
工 期 	 契約締結の翌日から平成38-2026年11月30日まで

契約手続きから抜粋しておきます。
●競争参加説明書は、2015年8月3日(月)から2015年11月4日(水)まで、JR東海の中央新幹線推進本部 中央新幹線建設部 名古屋建設部 契約係 で交付されます。
●競争参加資格確認申請書などの提出期限は2015年11月4日(水)まで
●見積書の提出日時は、2016年1月15日(金)13:30 です
本工事は、施工方法などの技術提案を受け付け、価格以外の要素と価格を総合的に評価して価格協議先を選定し、価格協議を行った上で契約を締結する方式(公募競争見積方式)の工事です。
競争参加資格については引用を省きますが、NATM による土被り 400m 以上のトンネル掘削工事の実績を有すること(JR東海が認める外国での施工実績を含む)などの条件が書かれています。手続きにおいて使用する言語と通貨は日本語と日本国通貨に限られます。

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 09:31| 工事

2015年08月04日

リニア中央新幹線の開通を見据えた講演会@長野県飯田市 8月1日

本紙創刊60周年記念でリニア開通を見据えた講演会(南信州新聞 2015年8月4日)

リニア中央新幹線の開通を見据えた講演会
開催日:2015年8月1日
会 場:シルクプラザ(長野県飯田市育良町)
講 演:中央新幹線と日本の鉄道
講 師:藤田耕三氏(国土交通省鉄道局長)
共 催:リニア中央新幹線建設促進飯伊期成同盟会、南信州新聞社

【記事から講師の発言内容を引用しておきます】
◇JR東海のリニア中央新幹線計画の特徴
 ▽世界初となる超電導磁気浮上式
 ▽高速性を発揮するための直線的経路
 ▽国内で初めて民間企業が建設する新幹線
◇「国にとっても過去に経験がない新しいプロジェクト。しっかりサポートしたいし、地域にもサポートをお願いしたい」
◇「リニアができると社会がどう変わるのか」・・・「結論から言うと分からない」
◇「スーパーメガリージョン(巨大都市圏)」の形成がキーワード(国土のグランドデザイン2050)
◇東京、名古屋、大阪が1時間圏内となり、人口6000万人の一つの都市として捉えることができる
◇「ヒトだけでなく、モノやカネ、情報、知識、文化が集積し、この集積した状況の中で交流が生まれ、新しい価値が生み出される」
◇飯田下伊那地域からの視点では、
 駅を中心とする面として巨大都市圏に入ること、
 八王子や横浜、千葉などと同じ東京から45分の通勤圏に含まれること、
 世界では都市集積と自然の両方を生かせる地域に本社機能を設けている企業が存在していること
◇「(従来とは)まったく違う時間距離の次元となるため、想像できない部分もあるが、想像力と知恵を働かせて、地域づくりを考える必要がある」
◇整備新幹線の開業を迎えた地域で見られた効果も伝えて「スピードが圧倒的に違うため、整備新幹線の沿線で起こったことが必ずしも当てはまるかは分からないが、マイナス面も見て冷静に、これまでとは違った概念の高速鉄道に備えることが大切だ」
◇リニアの技術開発の歴史や、超電導磁気浮上の仕組み、国が評価した安全性などについても解説
◇国交相は工事実施計画を認可する際に残土やその運搬が地域住民の生活環境に支障する問題対応として指示した・・・
 ▽最大限地域の理解と協力を求める
 ▽環境の保全に万全をきす
 ▽安全かつ確実な施工をする
結び・・「この事業は大変に重要なプロジェクト。円滑に2027年の開業を迎えられるようにし、この地域や国の活性化につなげたい。それには地域の理解と協力が不可欠。開業後を見据えて具体的な検討を進めて」と呼びかけ

藤田鉄道局長は、大分県出身。東京大学法学部公法学科を卒業した後、1982年に運輸省に入省。大臣官房政策評価審議官、総合政策局公共交通政策部長、大臣官房総括審議官などを経て、2014年7月から同職を務めている。

この講演会終了の2日後、2015年8月3日に 南アルプスのトンネル新設(長野県大鹿村)工事公告 でした。
関連記事
◇ 2014年09月19日 「国土のグランドデザイン2050」との関係
◇ 2015年06月19日 リニア期成同盟会の決議に彼等の焦りを観る、私はこの記事に書いた・・・「リニアの優れた特性」について論理的に明確な矛盾の無い丁寧な説明が、リニアを批判する人々に対して彼等から発信されたことがあるでしょうか。
◇ 2013年06月12日 ただの素通りの場所なのかな、リニア長野県説明会

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 23:00| 集会・講演会

2015年08月03日

大深度地下使用に係る井戸等の物件調査

JR東海、中央新幹線(品川・名古屋間)大深度地下を使用する区間における井戸等の物件調査の範囲について
中央新幹線の大深度地下を使用する区間では、ルート上に40m以上の深井戸等の物件があるかどうかの調査を行います。(大深度地下の公共的使用に関する特別措置法 第13条) 調査はルートに部分的にでもかかる可能性のある土地を対象に行います。調査範囲図は以下のとおりです。
アップロードされたPDFファイルは地図です。そのPDFファイルの作成日を読み取り、公開日の代りに編者が追記しました。2015-08-03 現在です / 2015-08-09 首都圏の(26〜40)以降がアップロードされているのを確認し、読み取れた作成日を記載しておきました
(1)首都圏
    (1〜13)品川区 [3.7MB] ※2015-07-24
    (14〜25)大田区・世田谷区 [3.9MB] ※2015-07-24
    (26〜40)川崎市中原区・高津区・宮前区 [4.2MB] ※2015-07-24
    (41〜59)川崎市宮前区 [5.5MB] ※2015-07-24
    (60〜72)川崎市麻生区  [4.7MB] ※2015-07-24
    (73〜87)町田市(1) [5.2MB] ※2015-07-24
    (88〜99)町田市(2) [3.9MB] ※2015-06-17 / 更新 2015-07-24
    (100)保守用車留置施設  [739.7KB] ※2015-06-03 / 更新 2015-07-24
      (この場所は JR貨物の梶ヶ谷貨物ターミナル です)
(2)中部圏
    (1〜17)春日井市(1) [4.9MB] ※2015-06-17
    (18〜35)春日井市(2) [4.0MB] ※2015-06-17
    (36〜51)春日井市(3) [3.6MB] ※2015-07-24
    (52〜73)名古屋市 [5.0MB] ※2015-06-17
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 21:00| 大深度地下