2015年08月03日

大深度地下使用に係る井戸等の物件調査

JR東海、中央新幹線(品川・名古屋間)大深度地下を使用する区間における井戸等の物件調査の範囲について
中央新幹線の大深度地下を使用する区間では、ルート上に40m以上の深井戸等の物件があるかどうかの調査を行います。(大深度地下の公共的使用に関する特別措置法 第13条) 調査はルートに部分的にでもかかる可能性のある土地を対象に行います。調査範囲図は以下のとおりです。
アップロードされたPDFファイルは地図です。そのPDFファイルの作成日を読み取り、公開日の代りに編者が追記しました。2015-08-03 現在です / 2015-08-09 首都圏の(26〜40)以降がアップロードされているのを確認し、読み取れた作成日を記載しておきました
(1)首都圏
    (1〜13)品川区 [3.7MB] ※2015-07-24
    (14〜25)大田区・世田谷区 [3.9MB] ※2015-07-24
    (26〜40)川崎市中原区・高津区・宮前区 [4.2MB] ※2015-07-24
    (41〜59)川崎市宮前区 [5.5MB] ※2015-07-24
    (60〜72)川崎市麻生区  [4.7MB] ※2015-07-24
    (73〜87)町田市(1) [5.2MB] ※2015-07-24
    (88〜99)町田市(2) [3.9MB] ※2015-06-17 / 更新 2015-07-24
    (100)保守用車留置施設  [739.7KB] ※2015-06-03 / 更新 2015-07-24
      (この場所は JR貨物の梶ヶ谷貨物ターミナル です)
(2)中部圏
    (1〜17)春日井市(1) [4.9MB] ※2015-06-17
    (18〜35)春日井市(2) [4.0MB] ※2015-06-17
    (36〜51)春日井市(3) [3.6MB] ※2015-07-24
    (52〜73)名古屋市 [5.0MB] ※2015-06-17
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 21:00| 大深度地下