2015年08月13日

名古屋市の名城非常口新設工事とJR東海の子会社吸収合併の関連

JR東海の電子公告に平成27-2015年8月6日付けで 「株式会社広小路土地の吸収合併に関する合併公告」が出ていました。アップロードされているPDFファイルは 111 KBです。
合併公告には何も書かれていませんが「広小路土地」という社名が気になり、もしかするとリニア中央新幹線事業に関連した合併ではないかと感じて情報確認。
ニュースリリースの中に、2015.07.29 子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ があり、PDFファイル(102 KB)を読んだら分かりました。
『1.本合併の目的 広小路土地が保有する土地を、当社が一元的に保有及び管理し、中央新幹線の非常口用地として活用することで、着実かつ円滑に中央新幹線の建設を進めることを目的とします。』
平成27年10月1日(予定)を効力発生日として、JR東海の100%子会社である株式会社広小路土地を吸収合併するということです。

非常口工事については「中央新幹線名城非常口新設」が最初ではないかと思います。この工事発注手続き開始は、名古屋城の目前にリニアのたて坑 JR東海が公告(ケンプラッツ 2015年6月4日記事)に詳しいです。
2015年5月29日、手続き開始
1次技術提案での見積書提出日は2015年10月14日、2次技術提案の提出日は2016年1月18日
工期は契約締結の翌日から2019年9月30日まで
このケンプラッツ記事から調べてみた「名城非常口」の場所を図に残します。

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 22:58| 工事