2015年11月24日

日本共産党がリニア新幹線工事強行を批判、これは「とき既に遅し」だろうか

日本共産党の機関誌「しんぶん赤旗」が2015年11月24日付けで 「主張 リニア新幹線工事 異論置き去りでの強行やめよ」 という記事を掲載しました。

私は2013年9月から、しんぶん赤旗の記事 というページを設定して日本共産党からの情報発信をチェックしています。日本共産党が「リニア中央新幹線問題プロジェクトチーム」を設置していることに気付いたからでした。

2014年総選挙政策 18、交通に 「【1】リニア中央新幹線の建設に反対する」 というカテゴリーが設定されていました。総選挙政策(公約)ですから政権を取らない限りこれは実現しないものです。
しかし国会議員、地域議員のリニア沿線地域視察や報告会などを続けることで党政策の方向に沿うように事業実施策を改善させようという活動を続けていると思います。
これまでのところ私は「リニア中央新幹線問題プロジェクトチーム」の活動報告というようなWebページを知りません。散発的に各議員からの発信を見ているだけです。

正直申して今回の「主張」は「何を今さら・・・」の感を拭えません。しかし、もしかすると、日本共産党は既に独自ルートでリニア中央新幹線事業に関する極秘資料を入手し、2016年の年頭から始まる通常国会、国土交通委員会などで「爆弾質問」が出てくるのではないか、今回の「主張」はその前哨戦かも知れない・・・そんな事を期待したいと私は考えています。
併せて「リニア中央新幹線問題プロジェクトチーム」のホームページが出てくることも・・・

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

山梨リニア実験線評価書 水資源

山梨県上野原市秋山に王見の滝(おうみのたき)があるそうです。上野原町と秋山村が合併協議を行なった当時、広報紙の表紙を飾るほどですから、ご当地の皆さまが誇りとする名瀑なのかもしれません。

王見の滝

ここに書かれている上野原市秋山の「棚の入沢」という地名は、リニア関係の記事で何度か目にしています。島田市長も言及されているリニアのトンネル工事で水涸れになった場所の一つだと記されています。この事はオオヤケの資料では出てきていないのですが、それに関係しているかどうか、王見の滝の現況については、11月30日に上野原市秋山で開催されるJR東海の工事説明会で、環境保全対策の一例として説明されるだろうと思っています。県内メディアがこのような説明会を報じるかどうか分かりませんが・・・「上野原市秋山の棚の入沢中流に位置する。高さ約3メートルで、小さいながらも山峡の美しい滝。」 fujisan-net.jp のこの記事が参考になります。

補足−−コメントでご教示いただいたので、ソースを貼っておきます。中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価書(平成26年8月)(山梨県) 評価書資料編 【環境影響評価の結果の概要並びに予測及び評価の結果】 中の 「8 水資源」 PDFファイルです。

評価書資料編 水資源
続きがあります・・・
posted by ictkofu at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境影響