2016年05月11日

北陸新幹線金沢延伸が影響した長野県の状況

北陸新幹線の延伸後、県内来訪者数は6%減(信濃毎日新聞 2016年5月11日)
『北陸信越運輸局は10日、2015年3月の北陸新幹線(長野経由)延伸開業前後で、人の動きの変化を携帯電話利用者の膨大な位置情報「ビッグデータ」を活用して調べた結果を発表した。』 という記事です。

信濃毎日新聞から貴重な情報をいただき、はからずも前記事と同じテーマの連続になりました。

北陸新幹線開業効果調査報告会

とりあえず確認したら、北陸新幹線開業効果調査報告会が開催されて、そこでの報告だと判明しました。北陸新幹線を活用して長野県からもしかるべき立場の方々が多数参加されたのではないかと思います。今後は長野県各自治体及び関係議員さん達のブログなどもチェックしておきたい。やっぱりインターネットは宝の山です。
それにしても5月10日のイベントを9日にプレスリリースするお役人様がこの国を仕切っていることを忘れちゃいけない。

「公開されたソースを確認して考察するのは自分自身の問題です。時間が無いけど公式サイトなら当分は消えないから何とかなるでしょう。いずれリニア中央新幹線情報のWebページで記録します。」・・・と別ブログに掲載した同じ内容の記事に書きました。
信濃毎日新聞記事によると『同運輸局は近く詳細な調査データをホームページで公表する。データは参考としつつ「それぞれの自治体でうまく活用してほしい」としている。』とのことです。
「北陸新幹線開業効果調査報告会」の開催記録(調査報告書)を 国土交通省北陸信越運輸局 サイトから確認したいのですが未だ見つかりません。根気よくアクセスしたいと思っています。(2016年5月28日 追記)
【参考】
◇ 北陸信越運輸局 国土交通省関係機関リンク集

posted by ict工夫 at 23:28| Comment(0) | 地域活性化

2016年05月09日

北陸新幹線の開業効果と課題

全国財務局管内経済情勢報告概要(平成28年4月27日)
北陸財務局−全国財務局長会議において報告を行った情報 から「平成28年 4月会議 1.最近の北陸財務局管内の経済情勢 2.北陸財務局管内における賃金の動向について 3.北陸新幹線の開業効果と課題について」(PDFファイル 2,496 KB)がダウンロード出来ました。
以下は「3.北陸新幹線の開業効果と課題について」の12頁と23頁のキャプチャー画像を参考として引用します。

北陸新幹線の開業効果と課題

私がこの情報に気付いたのは、STOPリニアプロジェクト(Facebook)の記事からです。リンクされていたのは 福井県議会議員 さとう正雄氏のブログ記事(2016年05月08日)
ブログには「今日の毎日福井版」と書かれていますが、記事のソースは毎日新聞2016年4月28日 地方版 新幹線開業効果 「好影響」が過半数 財務局まとめ 石川・富山の企業 /石川 と思えます。福井版は遅れて掲載したのかもしれません。
私は新聞情報だけで良しとしない悪い癖がありまして、北陸財務局を初めて開いてソースを確認しました。それが画像化したPDFファイルです。

北陸新幹線の開業効果と課題

リニア中央新幹線開通に合わせた山梨県地域活性化計画が進行中ですが、私は未だ不勉強で委細を確認していません。それを検討する資料の一つとして北陸新幹線金沢延伸による地域の対応を参考にしたいと考えて時間を費やしました。

私は北陸新幹線の事は何も知りませんので探してみたら、 長野県ホームページに、北陸新幹線(長野経由)長野〜金沢間 開業! がありました。インターネットさえ使えれば何とかなるものです。
ということで、この記事は「地域活性化」カテゴリーに設定しました。リニア中央新幹線と地域街づくり、今回の情報は「2次交通網の整備」という観点が山梨県にも問題を投げかけています。
リニア新幹線事業そのものが山梨県に大きな問題を投げかけているのですが、それはまた別な話。

posted by ict工夫 at 06:21| Comment(0) | 地域活性化

2016年05月07日

ストップ・リニア訴訟は5月20日に東京地裁に提訴されます

リニア・市民ネット ブログの2016年5月6日記事、「5.20(金)ストップリニア訴訟にご参加を!」
以下、要点のみ引用

提訴日 2016年5月20日(金)
    13:00  東京地裁前集合
    13:30  提訴
          記者会見(司法記者クラブ)
    15:00  訴訟スタート院内集会(参議院議員会館B105会議室)
    夕刻   品川駅港南口で街頭宣伝
■東京地裁での記者会見と同時刻に、沿線各団体は地元で記者会見を開催
■原告団、弁護団、訴訟事務局体制 原告団長=川村晃生、副団長=原重雄

沿線各地では2015年から訴訟準備の集会・講演会が開催されてきましたので、それらの情報は別にWebページで整理しておく予定です。

ストップ・リニアとは真逆に静岡県以外のリニア新駅がおかれる沿線自治体では、リニア新幹線開通に向けて地域活性化・街づくりの長期計画を進め、住民への広報活動・説明会も開催されているようです。それなりの専門家を集めた委員会が設置されて行政文書も多数公開されているはずです。マスメディアも積極的に報じているようなので、沿線住民もリニア新幹線による地域発展計画内容の理解は進んでいることと思います。
ストップ・リニアの問題提起とリニア新幹線期待の行政計画とを付き合わせ検討することが可能なのは、インターネット社会だからこそです。
既によく知られているようにリニア新幹線には乗車券販売窓口は無くインターネット処理されるとのことですから、ネットを使いこなせない人がリニア推進論を説くのは自己矛盾です。ソコントコは行政もしっかり理解し情報発信にネットを活用しているのです。

ストップ・リニア訴訟5月20日院内集会
posted by ict工夫 at 23:25| 訴訟

2016年05月01日

熊本地震における地震断層露頭の発見、日本地質学会

日本地質学会・平成28年(2016年)熊本地震:関連情報
「国立大学法人山口大学大学院創成科学研究科および一般社団法人日本地質学会は2016年4月22日〜4月24 日の期間,熊本県上益城郡益城町および阿蘇郡西原村において布田川断層の地表地質調査を行い,平成28 年熊本地震の際に活動したものと考えられる計3つの断層露頭を発見しました.」

[2016/4/26] 熊本地震における地震断層露頭の発見
「地球科学分野の大橋聖和講師と大学院生の田村友識くんが布田川断層帯の地表地質調査を行い,3つの断層露頭を発見しました。詳細はPDFをご覧ください。」
2016年4月25日(第1報)平成28年熊本地震における地震断層露頭調査(PDFファイル 5,208 KB)

私がこの情報に気付いたのは、gooニュースで5月1日05:27の記事、熊本地震の断層の横ずれ、くっきり 山口大講師ら調査(朝日新聞配信)でした。掲載された写真を見てビックリ、大橋聖和・山口大講師提供となっています。
ソースを確認したくなるのは私の悪い癖、直ちに検索かけて、今回は共同通信の配信記事に助けられました。以下のような記事から日本地質学会を確認するべきだと気付いたのです。
熊本地震で岩盤のずれ発見 山口大現地調査 産経新聞2016.4.26のニュース、その他、中日新聞記事高知新聞記事 が残っていました。共同通信47サイトでは4月26日の記事は消えていましたが、地質学会サイトを開き一発ヒットしたのが冒頭の記事、PDFファイルでした。

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 18:38| Comment(0) | リニア中央新幹線