2016年06月26日

JR東海のリニア事業に関する記者発表と全幹法、地域行政との関係

2016年02月02日に書いた記事 岐阜県瑞浪市日吉トンネル南垣外工区、入札手続き開始 2016年2月1日 の続報になります。私にはJR東海の発表記事が確認できませんが、中日新聞記事がリニア関係ブログに画像掲載されていたので転載します。

中日新聞記事

私はこれまでJR東海がWebページ発表する記者会見記事も読みながら入札公告を確認して記録してきました。その目的もあってリンク集を作成しています。しかしその入札結果・施工者決定については新聞報道から気付いただけでした。今回も同様です。

全幹法の下で税金を使ってこの民間事業をサポートしている各地域行政には全ての情報が届いているはずです。しかし、彼等から工事を含めた事業の進捗情報は発信されていない。公務員から主権者国民に報告もせずに税金を使って事業(支援)が行なわれている、この実態は当該公務員組織上層部の責任だと自分は考えています。

JR東海が沿線で部分的に委託していると思える 独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)では関東甲信工事局が担当しているらしいのですが、私が既にチェックしてある平成27年度について情報は非公開になっています。

以上の問題は奥が深いと思えるのですが、私は不勉強ですし、今は時間が無いので問題提起のみにします。
おそらく行政関係者や自治体議員諸氏にはこの状況が意味するものはとっくに分かっている事だと思います。せめて議員から丁寧な説明記事が出ていると良いのですが。

posted by ictkofu at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2016年06月24日

名古屋市の名城非常口工事でサンプル土壌に鉛汚染、沿線自治体で情報共有が必須

名古屋市公式サイトでは「報道資料 平成28年6月23日発表」平成28年6月23日 土壌汚染の報告について(中区三の丸二丁目5番2、3、4)(最終更新日:2016年6月27日)
「報告者に対し、適切な土壌汚染対策を実施するよう指導を行います。」の結果報告が必要です。7月14日現在、この事案について続報の掲載はありません。
岐阜県の事例、リニア中央新幹線工事の事前調査における観測井戸からの鉛の検出等について(第2報)(3月15日)
(第3報)
名古屋市のみならず、沿線自治体もご参考に。

リニア工事現場で基準値超え鉛(NHK 東海 NEWS WEB 2016年06月23日 19時04分)、以下抜粋して引用とコメントです

◆ 鉛が検出されたのは名古屋市中区三の丸・・・2016年04月08日に記事にした 名古屋市の名城非常口工事契約が締結された、この場所です。

◆ 名古屋市によりますと、工事を行っているJR東海が土砂を掘り出す本格着工に向けて土壌のサンプル調査を実施したところ、国の基準値の1.8倍から2.5倍の濃度の鉛や鉛の化合物が検出されたということです。・・・・名古屋市 はこの件をどのように市民に知らせているか、続報を確認するのは名古屋市民の仕事です。

◆ JR東海は現在、現場で土地の整備や工事機材の搬入などを進めていますが、鉛が検出されたことを受けて、速やかに詳細な調査を実施したうえで汚染された土壌を取り除く作業を行うということです。・・・これをフォローして逐一市民・国民に報告するのは行政の仕事です。

この事案に対してどのように対応すべきかは名古屋市行政だけの問題ではないのです。
山梨県では 「中部横断道のセレン汚染は残土処理の教訓になっているか」 で書いたように、この工事を主管する国土交通省甲府河川国道事務所は1年間ほど費やして対応しました。
岐阜県ではウラン鉱床問題があります。山梨県、静岡県、長野県ではおそらく南アルプス・トンネル工事の発生土に含まれるかも知れない重金属に対応せねばならないでしょう。
名古屋市は我が町の一つの工事現場の問題として単純に対応することはできません。沿線各地と情報を共有し、対応施策も共有するような、行政としてあるべきスタンスを示すことが求められるのです。
行政の不作為と指弾されないような名古屋市行政の真摯な対応と情報発信を望みます。

リニア工事現場、基準超土壌汚染 名古屋(中日新聞 2016年6月24日) 『市によると、JR東海が土壌調査を業者に委託し、2カ所で基準値を超えていたことが判明。21日に市に報告があった。(中略)市環境局の担当者は「自然由来の可能性が高く、健康への影響はない」と話している。』
中日新聞記事はネットで確認できました。この調査がどのような日程で実施され、基準値超えが判明したのはいつなのかも確認したいものです。21日(参院選公示の前日)に名古屋市に報告された? 自分がこれを胡散臭いと感じるのは既にJR東海への信頼が薄れているからです。中日もその他の愛知版も参院選記事で賑わっている。だから環境局の担当者も原発震災の時と同じような言葉を平気で使う。

岐阜県では2016年2月22日の広報がありました、リニア中央新幹線工事の事前調査における観測井戸からの鉛の検出等について(岐阜県環境生活部環境管理課)
これは発生土に含まれていたのではなく、地下水(井戸)の汚染が確認されたということで、岐阜県としては 『地下水要綱に基づき、県は、JR東海からの報告を受け、井戸等が所在する市とともに対策会議を開催します。・・・』など「今後の対応」についてもこの記事で広報しています。

もし山梨県庁と山梨沿線自治体が実験線における水源問題とその対策・対応について明確にホームページに記録し報告していたら、準備書に至る前の段階でリニア新幹線事業に対する沿線地域の対処も違っていたかも知れません。広く情報共有するより仲間内の話で済ませるのが慣習と思える地域行政の怖さを自分はリニア問題をフォローしながら感じています。そういう自治体が「住民に丁寧に説明して・・」と求めても事業者には痛くも痒くもない、「皆さんを見習い同じように進めてまいります」で終り。

にほんブログ村 政治・社会問題   にほんブログ村 名古屋情報
posted by ictkofu at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 残土

「地生態学」から見たリニア新幹線、講演会@相模原市

リニア新幹線を考える相模原連絡会のホームページに掲載された告知PDFファイルから部分的に画像化してご案内します。

リニアの工事で私たちの暮らし、環境はどうなる−「地生態学」から見たリニア新幹線−
日時:2016年7月30日(土) 14:00〜
会場:ソレイユさがみ セミナールーム1(橋本駅北口徒歩3分・イオン橋本店6F)
講師:徳竹真人さん(環境地盤研究所)
資料代 500円

相模原学習会 相模原学習会
相模原学習会

環境地盤研究所ホームページは確認出来ませんでしたが「公益財団法人 とうきゅう環境財団」で多摩川河床に発達する“牛群地形”の形成と保護に関する研究 について掲載されています。

この講演会広報テーマとは直接関係しないと思いますか、この記事に「行政の不作為」というタグを付けました。私がこの言葉を初めて書いたのは、2014.09.09 行政の不作為という問題をいかに回避するか という記事でした。
リニア事業の進行状況を考えれば、既に「そもそも論」を交わすよりも具体的個別事案について検討することが必要だと考えています。私が気になっていて調べる時間が無いことの一つは、沿線地域の変電所新設とそれに伴う送電線敷設に内在する問題です。
変電所はリニア新幹線の運転制御に欠かせない装置であり、単に電力を送るという通常の変電所とは異なる意味があると理解しています。時間があればこの点を調べていきたい・・・
このケースでも高圧電線の敷設に当然考慮するべき問題を行政は把握していると思います。そこに行政の不作為という問題は発生するはずです。

posted by ictkofu at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会・講演会

2016年06月23日

原発・リニアと活断層〜熊本地震が教えるもの、講演会@川崎市麻生区

原発・リニアと活断層〜熊本地震が教えるもの

日時:2016年9月29日(木)18:30〜20:30

会場:麻生市民館(小田急線新百合ヶ丘駅下車北口徒歩3分・麻生市民館は麻生図書館と合築の麻生文化センター内にあります。川崎市麻生区
編注・図書館案内ページによると駐車場あり(区役所・市民館と共通)

講師:島村英紀さん

資料代・500円
20160929_kng.jpg

このブログでは、参議院国土交通委員会 2016年5月26日 活断層対策の質疑応答を記録を書きました。該当する参議院質疑応答の全文は 2016年5月26日参議院国土交通委員会質疑応答 | 辰已孝太郎議員 として記録しました。
地震の揺れによる構造物の破壊については阪神淡路大震災での高速道路崩壊を記憶しています。しかし地面がずれる現象を見たのは熊本地震を報じるニュース画面が初めてでした。
9月末開催の講演会広報としては早過ぎる掲載ですが、後日再掲載することにして速報しておきます。島村さんの記事はいろいろと読んでおきたいので自分用にリンク設定しました。

タグ:訴訟 防災 集会
posted by ictkofu at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会・講演会

2016年06月14日

南アルプス・トンネルの無理が通ったので道理が引っ込んだ

2016年6月14日、伊藤洋先生がブログで 賽の河原の石積みとなるリニア新幹線南アトンネル をお書きになられたのでリンクしておきます。
6月9日には 「道理」がつねに引っ込む訳は? とお書きになっておられ、「リニア中央新幹線事業も道理にこだわり続けたい」 と書きながら「道理」って何?という問いに答えられない私としては目からウロコが落ちたのです。

今日、6月14日はgooブログがサービス停止を伴うシステムメンテナンスで半日以上アクセス不能でした。明日15日はマイクロソフトの月例セキュリティ更新があるので事前準備に忙しく、ブログはどうでも良かったのですが、伊藤先生の記事に気付いたので記事にしました。

posted by ictkofu at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン

2016年06月13日

喪失徘徊録のリニア予定地探訪、第1次が終了しています

喪失徘徊録(FC2ブログ)で連載されていた各地探訪記です。
私が知るかぎり、●2014年11月某日/長野県大鹿村、リニア建設予定地を訪ねる から始まっていますが、●2016年5月某日/リニア建設予定地を訪ねる〜静岡工区編〜.02(2016.06.12)でひとまず終了、『愛知、岐阜、長野、山梨と2年に渡って続いたリニア予定地探索の自由研究は静岡編で一旦区切り、工事の進捗を見計らい再び各所を訪れたいと思う。』とのことです。
最終回は読んでいるだけで疲れました。このブロガーさんに感謝しご健勝と益々のご活躍をお祈りしたいと思います。
便宜的に作成した−リニア中央新幹線 関連リンク集 に記事のリストを記録しています。

posted by ictkofu at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

2016年06月10日

参議院国土交通委員会 2016年5月26日 活断層対策の質疑応答を記録

「しんぶん赤旗」が2016年5月27日記事 『リニア活断層対策なし 参院委 「地震に強い」は安全神話 辰巳氏質問』 で報じて既にネット上では話題になっていますが、私は国会中継録画を視る時間が無いので、参議院の会議録公開を確認し該当する質疑応答のみWebページに記録しました。
2016年5月26日参議院国土交通委員会質疑応答 | 辰已孝太郎議員

石井啓一国土交通大臣の最後の答弁は以下のようなものです。

鉄道構造物の整備に当たりましては、従来、阪神・淡路大震災や中越地震、これらは活断層による直下型の地震でございましたが、こういった地震における被災状況等を踏まえて新たな対策を講じ、さらに、その効果を検証しながら地震対策に関する知見を深める取組を積み重ねてまいりました。
それらの知見は、鉄道構造物の設計施工の際に用いられる鉄道構造物等設計標準・同解説に反映をされておりまして、リニアの工事に当たっても、JR東海は、これに基づき活断層部分を含め地震に対する安全対策を講じることとしております。
 さらに、活断層と交差する箇所の具体的な構造については、先進ボーリングなどにより更なる地質の調査を行った上で、必要により専門家による検討委員会の助言を踏まえるなど、JR東海において慎重に検討がなされるものと承知をしております。
 JR東海に対しましては、リニア中央新幹線が多くの活断層と交差することも踏まえまして、万全の地震対策を行うよう引き続き指導監督してまいりたいと存じます。

私は会議録ページの最後に次のように書いておきました・・・
国土交通大臣が言う「万全の地震対策を行うよう引き続き指導監督」した結果は国民に報告・公開されるのだろうか。
報告・公開されるなら、それは国土交通省からか、JR東海側なのか、私には分からない、リニア中央新幹線事業は地域住民説明会に地域外住民やマスメディアが入れないような民間事業なのである。

太田昭宏国土交通大臣によるリニア中央新幹線工事認可は、2014年10月17日でした。10月17日認可の情報は何故事前に漏洩されたのか、そして国土交通大臣の記者会見記録、「中央新幹線品川・名古屋間の工事実施計画(その1)については、本日認可することといたしました。」 このページで「質疑・応答につきましては、後日掲載いたします。」が今日に至るも未掲載です。国土交通省内部でJR東海の計画書がどのように審議されたのか?サイトからは見えません。
「ストップ・リニア!訴訟」が必要な理由は誰でも分かるでしょう、上記の国土交通省ページを見れば裁判所も訴訟の意味は納得するはずです。

JR東海はニュースリリースで平成28-2016年6月8日、「制震装置による橋りょうの地震対策について」(PDFファイル 1,339 KB)を公開しました。リニア中央新幹線についても同様な情報発信があることを期待したいと思います。
仮に地殻変動で線路が壊れる事態に至っても、新幹線の運転士は自分の目で見て身体でも感じる状況を判断して即座に的確な対応がとれるのだろうと思います。時速500キロのリモートコントロールで運転士がいないリニア中央新幹線ではどのように対応できるのか。

飛行機でも船舶でも鉄道でも自動車でも不測の事態はあるのでリニアだけの問題ではない、確率の話だろうという意見はネットで見かけます。
そのような事態をテーマにした映画も多数ありました。しかし大深度地下や南アルプス・トンネルのような交通手段で発生した事故と救援をテーマにした映画を私は未だ知りません。
リニアを育ててきた山梨県が実験線トンネル・非常口を舞台にしてそんな映画を制作してくれればリニア事業に対する国民の理解も深まると思いますが、いかがでしょうか。富士の国やまなしフィルム・コミッション のお仕事に期待したい。

posted by ictkofu at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 国会・国政

2016年06月07日

三重県知事がリニア建設促進期成同盟会総会の情報を発信した

とりあえずリンクでご紹介しておきます。
三重県知事鈴木英敬さんの2016年06月03日の記事について、 リニア中央新幹線建設促進期成同盟会総会に出席しました(ジンジャーエールのblog 2016年06月07日記事)
三重県知事のページ/三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」 が BLOGOS の元記事

先日このブロガーさんの仕事に気付いて、リニア中央新幹線 関連リンク集 に追加しましたが、早速新しい情報が分かりました、やはりインターネットは宝の山です。それを活用できないレベルの期成同盟会の人々では地方創生も無理だと私はいつも思っている。

posted by ictkofu at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

2016年06月02日

骨太方針2016でリニア中央新幹線に財政投融資が確定した

2016年5月25日に 全線開業前倒しに財政投融資活用を検討 を書きました。その時にメモした「骨太方針2016年版」の公表が確認できましたので、とりあえず記録しておきます。各ページからの引用を記載しています。

平成28年6月2日(木)繰上げ閣議案件
総理大臣
平成28年6月2日 経済財政諮問会議・産業競争力会議合同会議
会議では、「経済財政運営と改革の基本方針2016」(案)及び「日本再興戦略2016」(案)について議論が行われました。
総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。
「本日こうして、『骨太方針2016』と『日本再興戦略2016』をまとめさせていただきましたことを、厚く御礼を申し上げたいと思います。

経済財政諮問会議
2016年6月2日 「経済財政運営と改革の基本方針2016〜600兆円経済への道筋〜」(骨太方針)を掲載しました
経済財政運営と改革の基本方針2016 〜600兆円経済への道筋〜
平成28年6月2日、「経済財政運営と改革の基本方針2016 〜600兆円経済への道筋〜」(骨太方針)が経済財政諮問会議での答申を経て、閣議決定されました。
「骨太方針2016」の概要から抜粋して引用しておきます・・・

(4)地方創生、中堅・中小企業・小規模事業者支援
・「まち・ひと・しごと創生総合戦略(2015改訂版)」、「まち・ひと・しごと創生基本方針2016」に基づく、地方創生の深化を実現する政策の推進等。
・中堅・中小企業・小規模事業者が第4次産業革命に対応できるようICT投資やIT人材の育成を支援。生産性向上に向けた取組等を推進するとともに、その経営基盤強化を図る。
・地域の活性化(広域的な高速交通ネットワークの早期整備・活用を含む)、沖縄振興、地方分権改革等を推進。

「広域的な高速交通ネットワークの早期整備・活用を含む」にはリニア中央新幹線事業が含まれることは容易に想定できますので「経済財政運営と改革の基本方針2016 〜600兆円経済への道筋〜」PDFファイルを確認、このファイルは 2016.06.02 17時半過ぎにアップロードされたと思えます。
第2章 成長と分配の好循環実現
 2.成長戦略の加速等
 (4)地方創生、中堅・ 中小企業・規模事者支援
 ③地域の活性化
19ページです。

骨太方針2016

広域的な高速交通ネットワークについては以下のように 注54 が記述されています。
54 高規格幹線道路、 整備新幹線、リニア中央新幹線等を含む。なお、リニア中央新幹線全線については、建設主体の整備を更に促進するため、財政投融資の活用等を検討する。

リニア中央新幹線には、人の迅速な移動可能性が地域活性化の原点になるとの基本理念があります。その人数が大量であることも地域活性化には想定されています。
経済財政諮問会議などの会議録も読んで、地域活性化とリニア中央新幹線の関係がどのように検討されたかも確認したいと思っています。
リニアの技術としては運転制御システムと運行時間間隔の関係も確認しておきたい。東京の山手線のように電車が渋滞するような数分間隔の運行は出来ないはずです。路線上にある列車間が何キロ間隔までなら制御可能なのかも私は未だ知りません。この事は地域行政が期待する各駅停車の本数をどこまで増やせるかにも関係すると思えます。
沿線地域行政が試算した多数乗降客の乗り降りに要する時間と各駅の停車許容時間の関係も分かれば知っておきたい。リニア山梨実験線の試乗会ではそんな計測もされているのではないかと思います。
こんなブログやWebページ(HP)を書いていても不勉強な私が未だに理解していないことは物凄く多い。

posted by ictkofu at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 国会・国政