2017年04月20日

リニア変電所対策の実例があります、長野県豊丘村

柏原地区(変電所建設予定地)の果樹団地組合へのリニア中央新幹線品川・名古屋間地区別事業説明会が開催されました。(長野県豊丘村)

JR東海による柏原地区(変電所建設予定地)の果樹団地組合の方々を対象とした、リニア中央新幹線品川・名古屋間地区別事業説明会が、(2015年)2月12日(木)伴野区民会館にて実施され、当日は19名の方が参加されました。

◎主な意見・質問
 柏原地区(変電所建設予定地)の果樹団地の方々を対象とした説明会という事で、JR東海側の説明も変電所施設を中心とした説明になり、意見・質問も必然的に変電所関係に集中しました。
 変電所施設については、広範囲となる雨水への対応として、降雨の際の排水方法(調整池の設置、排水の分割化等)の検討、下流域への安全対策、施設の建屋建設による日陰地への補償問題、建設予定地内の用地及び果樹等の補償、現在ある農業施設等への補償、用地の買収方法、大きな災害等が起きた場合の責任の所在、これからの工事のスケジュール等についての意見・質問が出されました。

 その他、発生土置場への要望、JR東海のリニア建設への考え方、建設工事に伴う発生土運搬用ダンプ等による、交通集中への懸念等の意見・質問が出され、説明会は午後8時43分に終了しました。

伴野原・大柏地区(変電所建設予定地周辺)へのリニア中央新幹線品川・名古屋間地区別事業説明会が開催されました。

JR東海による伴野原・大柏地区(変電所建設予定地周辺)の、リニア中央新幹線品川・名古屋間地区別事業説明会が、(2015年)2月25日(水)伴野原会所にて実施され、当日は36名の方が参加されました。
 伴野原・大柏地区(変電所建設予定地周辺地区)の説明会という事で、JR東海でも柏原果樹団地組合への説明会と同じく、変電所施設を中心とした説明となり、意見・質問も変電所関係が中心となりました。

◎主な意見・質問
 変電所施設については、工事に伴う周辺道路の整備計画、施設内での騒音の発生への懸念、施設への電力供給方法、フェンス等による安全対策の方法、雨水の排水対策と下流域への分散による排水計画の検討、施設内への労務宿舎の設置、建設予定地内の道路・灌水施設への対応方法、又、周辺の方々から住宅・農地等への通行の確保等についての意見・質問が出されました。

 その他、設計段階での早期の説明会開催の要望、リニア中央新幹線開設工事の必要性の説明 、発生土置場の現在の状況、用地取得事務の委託方法、工事に伴う坑口付近への労務宿舎等の設置等の意見・質問が出され、説明会は午後8時2分に終了しました。

以上は長野県豊丘村リニア対策室 の記事から抜粋しました。
このページで記録されている対策委員会については、『JR東海が行うリニア中央新幹線建設に対して、生じる様々な問題・課題に対し、情報を共有し、対応を検討・協議していくため、村内の各団体から委員を選出し、豊丘村リニア対策委員会を平成27_2015年2月に設置しました。』
豊丘村Facebook もあります。
「中部電力よりリニア中央新幹線工事用電力供給のための配電線工事計画が公表されました。」と紹介されている記事は、中部電力よりリニア中央新幹線工事用電力供給のための配電線工事計画が公表されました。(2015年4月1日)
さらに、中部電力より平成29年1月以降のリニア中央新幹線工事用電力供給のための配電線工事計画が公表されました。(2016年12月5日)が豊丘村の最新情報です。

喬木村では 中部電力の配電線工事の施工計画変更 について (お知らせ)(2017年3月23日)
『中部電力株式会社では、リニア中央新幹線建設工事に伴うトンネル掘削等の工事現場への電力を供給するため、配電線工事を平成29年1月より着手しておりますが、このほど、施工計画が見直されましたのでお知らせします。』

「暴対」という言葉があります。地域の人々の安全・安定・安心を守るべき行政には「L対」も必要なのです。それを理解している行政も議会も山梨県内にはほとんど無いのが実情と思いますのでご紹介しました。

posted by ict工夫 at 13:33| 環境影響

リニア新幹線事業による山梨県送電線の新設計画らしいが・・・

山梨高圧線計画 都留市〜富士川町まで41キロ(PDFファイル 8,854 KB) という記事が 2017年4月17日作成のPDFファイルで公開されていました。
東京電力パワーグリッド株式会社から住民に資料が示されたものだそうです。
これもリニア新幹線工事説明会の開催通知と同様に行政を経由せずに企業から直接配付されたのでしょうか?

送電線計画
送電線計画

リニア中央新幹線環境影響評価では送電線も変電所についても明確に説明されていないことが気になっていましたが、こんな形で出てくるとは思っていませんでしたので驚きました。
私には事情がわかりませんので、とりあえず情報提供だけにします。 リニア中央新幹線事業というのは魑魅魍魎の世界だと、あらためて感じております。
この際ハッキリ言っときますけど、山梨県内のリニア新幹線関連事業は、アルプス・トンネルが完成する状況を見てから始めるのが良いです。2027年開通など夢のまた夢かも知れない・・・

【追記】
東京電力報 2017/06/16 電柱のない安全で美しい街並みを目指す、無電柱化への取り組み だそうです。
同じサイトの記事ですが、2016年10月12日午後3時30分頃発生した埼玉県新座市野火止付近の洞道火災、これは地下送電線関連の火災でした。私もテレビニュースを見ていた記憶があります。
ネットには「埼玉新座市の変電所の場所や火災の原因は?停電を含む現在の状況は?」 と記事がありました。
「当社サービスエリア内の154kV以上のOFケーブル緊急点検」との記述から確認したら「城北線3番」という 275kV(27万5千V)の送電線です。
山梨県でも洞道(地下)設置は可能でしょう。富士山の写真に送電線が映り込まない場所探しは観光客にも迷惑です。美しい街並みは山梨県にも大切です。
山梨県政は東京電力にはダンマリでしょうか、2011年3月、福島原発震災直後、あの計画停電の時のように。

タグ:変電所
posted by ict工夫 at 08:06| 山梨県

2017年04月18日

山梨県早川町塩島地区発生土置き場の計画変更

長野県でJR東海と地域自治体の意見交換会があることを4月16日に記事にしました。その時に「山梨県では発生土処分には問題が無い・・・」と書いておいたのですが、我ながらいささか嫌味なコメントでした。
この件については 2017年04月18日の NHK山梨のニュース「リニア 土砂搬入先確保できず」と報じた内容を 南アルプス・トンネル山梨工区の発生土処分地が足りない(報道記録) として書きました。

毎度のことでNHK報道のソースを探してJR東海の広報に気付きましたのでブログでとりあえず書いておきます。
以下、2017年4月17日にJR東海が広報した発生土置き場の計画変更について・・・
「地元の皆様へお知らせしたうえで、資料に発生土の仮置きに関する内容を一部追加して、関係自治体に送付しました」 という手順は逆だと思います。
まず行政に説明して了承されてから地元民に説明するのが筋だと思います。しかし県庁や自治体からはプロセスに異議は出ないらしく、沿線各地すべて同様な状態で、事業者はまるで天下人のようです。

事業者のソースは以下から確認できます・・
中央新幹線関連プレスリリース | 山梨県・環境保全の計画

 当社では中央新幹線建設工事に係る具体的な工事計画に基づき、環境保全措置を具体化し、その内容について工事説明会で地元の皆様に対して説明するとともに、資料としてとりまとめ、関係自治体に送付・公表することとしています。

 山梨県早川町内の塩島地区発生土置き場については、「塩島発生土置き場における環境保全について」として、平成27年12月に、その後内容を一部更新して平成28年11月に、それぞれ関係自治体に資料を送付・公表しました。
 この度、同発生土置き場の盛り土部分の上部に発生土の仮置きを行うことから、地元の皆様へお知らせしたうえで、資料に発生土の仮置きに関する内容を一部追加して、関係自治体に送付しましたのでお知らせします。

1.主な更新内容 ※詳細は別紙參照
   工事の規模
   工事の概要
   工事工程
   工事用車両台数
   仮置き時の環境保全措置

2.その他
   更新した資料については、当社のホームページにおいて公表いたします。
塩島発生土置き場

工期の変更を示した画像は省きます。

塩島発生土置き場

「仮置き時の環境保全措置」資料画像がありますが、ここでの掲載は省きます。いずれリニア中央新幹線情報サイトで整理しておく予定です。

間もなくゴールデンウィークです。リニア新幹線工事は休止でダンプも走らないと思いますが、観光客向けの情報発信はJR東海ではなく、山梨県観光部や地域自治体の仕事でしょう。
「何も知らずに出かけて来たらダンプが多くて不愉快・・・」などと Twitter で騒がれたら日頃の観光アピールが台無しになります・・・

posted by ict工夫 at 22:50| 発生土(残土)

南アルプス・トンネル山梨工区の発生土処分地が足りない(報道記録)

2017年04月18日の NHK山梨のニュース「リニア 土砂搬入先確保できず」と報じました。

リニア中央新幹線の南アルプスを貫くトンネル工事などで発生する土砂についてJR東海は新たな搬入先の確保が進んでいないことから現在、土砂を運び込んでいる早川町内の敷地にさらに3万立方メートルの土砂を搬入し当面、仮置きする方針です。
リニア中央新幹線の建設工事をめぐっては、南アルプスや巨摩山地を貫くトンネル工事などで発生する大量の土砂の処理が課題となっています。
JR東海は、こうした工事で発生すると見込まれる土砂、およそ325万立方メートルのうち3万立方メートルについては早川町塩島地区にある敷地に運び込んで処理することにしていますが、今月中にも予定の搬入量に達する見通しです。
しかし、新たな搬入先の確保が進んでいないことからさらにこの敷地に3万立方メートルを運び込み、当面、仮置きする方針を決めました。
発生した土砂は、これまで南アルプス市と早川町を結ぶ県の連絡道路や、早川町に建設が予定されている農産物の直売所などに活用されることが決まっていますが、発生が見込まれる土砂の6割にあたるおよそ192万立方メートルについては搬入先や活用方法は決まっていないということです。
JR東海は、「関係自治体と協議しながらできる限り早く確保できるよう努めていきたい」としています。

JR東海の言う関係自治体とはまず山梨県です。
NHK甲府放送局は山梨県庁の担当部署に取材し、JR東海の塩島仮置き場計画について県政の見解を確認する必要があったはずです。
県庁が既に地域自治体と発生土置き場の交渉を進めているなら山梨県リニア新幹線事業は順調に進むと報じれば良いし、県庁としても発生土置き場不足への対応が遅れているなら、それを県民に伝えれば良いのです。
山梨県活性化に寄与するリニア新幹線の為ならウチの土地を使えと申し出る県民・企業が現われるかもしれません。山梨県庁報道部としてNHKはしっかりしていただきたいし、NHKに情報を流す県庁さんの狙いでもあるでしょう。

posted by ict工夫 at 18:42| 発生土(残土)

2017年04月16日

長野県関係市町村長とJR東海の意見交換会

長野県庁からのプレスリリースです・長野県(建設部)プレスリリース平成29年(2017年)4月14日
リニア中央新幹線事業にかかる長野県内の建設については、南アルプストンネル長野工区の安全祈願・起工式、伊那山地トンネルの坂島工区の工事説明会が開催されるなど動きが本格化しています。今後の本事業を円滑に推進するため、事業主体であるJR東海と関係市町村長との意見交換会を開催します。
日時・平成29年4月19日(水曜日)午後3時15分から午後4時45分まで
場所・長野県飯田合同庁舎講堂(飯田市追手町2-678)
当日は冒頭のみ(県、市町村代表、JR東海の挨拶まで)公開で行います。意見交換会終了後に取材に応じます。

長野県関係市町村長とJR東海の意見交換会

この意見交換会の主催者である長野県建設部リニア整備推進局には、「リニア中央新幹線の工事の状況」でこの説明会に参加する市町村の状況が広報されています。(資料更新は遅いようですが)

大鹿村からは 大鹿村内のリニア工事・道路状況(平成29_2017年3月31日現在)が出ています。そしてこのページは上のリニア整備推進局にリンクされていて相互リンクなのです。
このページにはありませんが大鹿村の仮置き場から村外に搬出される発生土(残土)の置き場は未解決ですし、工事に必要な保安林指定解除は未確定です。そんな問題も意見交換会で話し合われるのでしょう。

メディアの取材が予定されているようですから、4月20日にはかなりの報道があると思います。しかし、私が期待するのは、長野県庁や参加自治体のサイトで意見交換会の内容が詳細に広報されることです。
予定されている発生土を全て受入れ可能な状態に至るのはいつ頃なのか。運搬車両通行への道路対策事業完了とのタイミングは合うのか。保安林指定が解除されてトンネル工事が行なわれ、それが完成した後で再び保安林指定が必要な状態なのか、保安林指定が不要なほどの地勢変貌になるのか。
万一水源枯渇のような問題が生じた時の補償については山梨県大月市などのリニア実験線事例と同様になるのか、この点は樫田秀樹さんの最新記事、「リニア、山梨県大月市での水枯れに対するJR東海の補償期間は30年ではなく、20年だった。訂正します!」 を長野県の方々もお読みになっておかれるべきでしょう。
「公共事業に係る工事の施行に起因する水枯渇等により生ずる損害等に係る事務処理要領の制定について」(PDFファイル) は既にご承知かも知れませんが、憲法や法律より上位にあるかのような決め事が公僕の手によりちゃんと出来ていることに私は驚きました。

ちなみに山梨県リニア交通局リニア推進課には リニア中央新幹線最近の動向 があります。資料は出ていませんが発生土処分地も保安林関係も水源・水利についても発生土運搬車両の通行についても言及されていませんから、何も問題無いようで粛々と事業が進んでいるようです。

「日本で最も美しい村」の大鹿村、送電線や付帯施設、工事の爪あとで美しい村では無くなっても、トンネル工事の10年間さえ我慢すれば2027年以後はリニア新幹線飯田駅や中央高速ICから、新幹線開通に合わせて整備された道路で続々やってくるお客様を迎えて賑わう村の繁栄が約束されている。その期待が大鹿村行政に早期トンネル起工式承認の決断をさせたのだと思います、例え2027年が5年、10年先に延びても・・・

長野県内リニア新幹線事業の諸問題は南信州新聞が リニア中央新幹線 記事一覧 で整理されています。
例え行政サイトからリニア記事が消え去っても、この貴重な南信州新聞記事サイトは20年、30年後も残ることを願っています。

posted by ict工夫 at 23:21| 長野県