2017年04月18日

山梨県早川町塩島地区発生土置き場の計画変更

長野県でJR東海と地域自治体の意見交換会があることを4月16日に記事にしました。その時に「山梨県では発生土処分には問題が無い・・・」と書いておいたのですが、我ながらいささか嫌味なコメントでした。
この件については 2017年04月18日の NHK山梨のニュース「リニア 土砂搬入先確保できず」と報じた内容を 南アルプス・トンネル山梨工区の発生土処分地が足りない(報道記録) として書きました。

毎度のことでNHK報道のソースを探してJR東海の広報に気付きましたのでブログでとりあえず書いておきます。
以下、2017年4月17日にJR東海が広報した発生土置き場の計画変更について・・・
「地元の皆様へお知らせしたうえで、資料に発生土の仮置きに関する内容を一部追加して、関係自治体に送付しました」 という手順は逆だと思います。
まず行政に説明して了承されてから地元民に説明するのが筋だと思います。しかし県庁や自治体からはプロセスに異議は出ないらしく、沿線各地すべて同様な状態で、事業者はまるで天下人のようです。

事業者のソースは以下から確認できます・・
中央新幹線関連プレスリリース | 山梨県・環境保全の計画

 当社では中央新幹線建設工事に係る具体的な工事計画に基づき、環境保全措置を具体化し、その内容について工事説明会で地元の皆様に対して説明するとともに、資料としてとりまとめ、関係自治体に送付・公表することとしています。

 山梨県早川町内の塩島地区発生土置き場については、「塩島発生土置き場における環境保全について」として、平成27年12月に、その後内容を一部更新して平成28年11月に、それぞれ関係自治体に資料を送付・公表しました。
 この度、同発生土置き場の盛り土部分の上部に発生土の仮置きを行うことから、地元の皆様へお知らせしたうえで、資料に発生土の仮置きに関する内容を一部追加して、関係自治体に送付しましたのでお知らせします。

1.主な更新内容 ※詳細は別紙參照
   工事の規模
   工事の概要
   工事工程
   工事用車両台数
   仮置き時の環境保全措置

2.その他
   更新した資料については、当社のホームページにおいて公表いたします。
塩島発生土置き場

工期の変更を示した画像は省きます。

塩島発生土置き場

「仮置き時の環境保全措置」資料画像がありますが、ここでの掲載は省きます。いずれリニア中央新幹線情報サイトで整理しておく予定です。

間もなくゴールデンウィークです。リニア新幹線工事は休止でダンプも走らないと思いますが、観光客向けの情報発信はJR東海ではなく、山梨県観光部や地域自治体の仕事でしょう。
「何も知らずに出かけて来たらダンプが多くて不愉快・・・」などと Twitter で騒がれたら日頃の観光アピールが台無しになります・・・

posted by ict工夫 at 22:50| 発生土(残土)

南アルプス・トンネル山梨工区の発生土処分地が足りない(報道記録)

2017年04月18日の NHK山梨のニュース「リニア 土砂搬入先確保できず」と報じました。

リニア中央新幹線の南アルプスを貫くトンネル工事などで発生する土砂についてJR東海は新たな搬入先の確保が進んでいないことから現在、土砂を運び込んでいる早川町内の敷地にさらに3万立方メートルの土砂を搬入し当面、仮置きする方針です。
リニア中央新幹線の建設工事をめぐっては、南アルプスや巨摩山地を貫くトンネル工事などで発生する大量の土砂の処理が課題となっています。
JR東海は、こうした工事で発生すると見込まれる土砂、およそ325万立方メートルのうち3万立方メートルについては早川町塩島地区にある敷地に運び込んで処理することにしていますが、今月中にも予定の搬入量に達する見通しです。
しかし、新たな搬入先の確保が進んでいないことからさらにこの敷地に3万立方メートルを運び込み、当面、仮置きする方針を決めました。
発生した土砂は、これまで南アルプス市と早川町を結ぶ県の連絡道路や、早川町に建設が予定されている農産物の直売所などに活用されることが決まっていますが、発生が見込まれる土砂の6割にあたるおよそ192万立方メートルについては搬入先や活用方法は決まっていないということです。
JR東海は、「関係自治体と協議しながらできる限り早く確保できるよう努めていきたい」としています。

JR東海の言う関係自治体とはまず山梨県です。
NHK甲府放送局は山梨県庁の担当部署に取材し、JR東海の塩島仮置き場計画について県政の見解を確認する必要があったはずです。
県庁が既に地域自治体と発生土置き場の交渉を進めているなら山梨県リニア新幹線事業は順調に進むと報じれば良いし、県庁としても発生土置き場不足への対応が遅れているなら、それを県民に伝えれば良いのです。
山梨県活性化に寄与するリニア新幹線の為ならウチの土地を使えと申し出る県民・企業が現われるかもしれません。山梨県庁報道部としてNHKはしっかりしていただきたいし、NHKに情報を流す県庁さんの狙いでもあるでしょう。

posted by ict工夫 at 18:42| 発生土(残土)