2017年09月15日

リニア建設工事 飯田市羽場地区で説明会(報道記録)

松川は来年度初頭着手 リニア建設工事 飯田市羽場地区で説明会(南信州新聞 2017年9月15日 15時00分)
 リニア中央新幹線計画をめぐる羽場地区の説明会が14日夜、羽場公民館で開かれ、JR東海は今秋からの準備工事を想定していた中央アルプス(松川)外工区について、来年度初頭の着手と、2019年度後半からのトンネル掘削の日程見通しを伝えた。ずれ込んでいるが、全体の工期に影響はないとしている。年内にも工事説明会を開きたい考えだ。
 同工区はJRが鉄道建設・運輸施設整備支援機構に工事を委託し、昨年末に工事契約を結んだ。松川橋梁を挟んだ風越山トンネル(延長約5・6キロ)の西側約2・3キロと、中アトンネル(約23キロ)の東側約4・9キロなどで、3月の説明会では「ことしの秋ぐらいから準備工事に入りたい」としていた。  説明会は非公開。住民約100人が参加した。
 JRや参加者によると、残土が発生するトンネル掘削は、運搬路にする県道飯田南木曽線の一部拡幅後に行う。掘削工事の期間は当初の計画どおり、23年度まで。
 県道改良は狭あいな正永町〜大休間の2カ所で計約470メートル。幅員各3メートルの2車線道路とし、片側に歩道を設けて全幅は9・25メートル。JRと県、上流域で清内路水力発電所の大平えん堤を計画する中部電力の3者で進める。
 年度内に用地測量や物件調査を行い、用地取得や埋蔵文化財調査を経て来年度後半に着手。19年内に完成させる。
 同区間は準備工事の往復路、本工事の復路として工事用車両の運行ルートに計画されている。
 リニアの他、進行中の県による松川ダムの堆積土砂搬出、19〜22年度の影響を見込む中電のえん堤建設による工事用車両が併走するため、3者は調整を図る考え。住民からは具体的な通行台数の提示を求める意見が出たという。
 終了後、羽場まちづくり委員会の篠田信秀副会長(67)は「JRや県に対し、決定事項を早期に地元に説明する姿勢を求めた」と話した。

南信州新聞が掲載してくれた事業予定表を引用しておきます。おそらく説明会で飯田市から配付されたものかと思いますが、飯田市公式サイトでこの説明会の記事を確認する予定です。
リニア中央新幹線工事に伴い沿線地域でなすべき工事も多いことをネット情報から知っています。現段階では全て公共事業なので自治体サイトから情報が取れる場合は多いはずです。
飯田市・地区情報 > 羽場、飯田市にはリニア中央新幹線に関するページが複数ありますのでWebページで整理しています。

飯田市羽場地区説明会資料
posted by ict工夫 at 22:00| 長野県

長野県大鹿村小渋川非常口工事で9月13日から夜間の発破が開始された

2017年08月30日に、大鹿村小渋川非常口で発破掘削作業始まる と記録しています。『9月上旬までは日中の1日1〜2回、中旬以降は夜間も含めて2〜3回程度を予定している。』 でしたが、いよいよ夜間の発破が始まったという報道でした。

大鹿村工事による発生土についてはJR東海サイトで、長野県・発生土置き場の環境保全の計画 が該当項目です。ここに 「大鹿村内発生土仮置き場における環境保全について 平成28_2016年10月」(PDFファイル 3,234 KB) が公開されています。ファイルは作成日 2016年10月24日 更新日 2017年1月19日。

大鹿村からは リニア新幹線情報 でリニア対策委員会報告などが公開されています。このページで、「リニア工事前の環境モニタリング調査結果の報告について」 見出し記事の本文は 「発生土仮置き場A(除山非常口横)の発生土搬入前の地下水質調査について」(平成29_2017年7月28日 PDFファイル 963 KB)です。特に問題無しの内容ですが、情報共有について大鹿村行政のスタンスが明確に記されていますので以下に記録しておきます。
※村では調査結果について、リニア連絡協議会委員及び釜沢自治会の皆様へ文書送付するほか、村ホームページ、ケーブルテレビ文字放送、8 月に全戸配布するリニア情報で住民の皆様へお知らせする予定です。
大鹿村からは リニア中央新幹線に関する村内の工事・交通状況等についてお知らせします。(平成29年9月6日現在 を2017年9月15日に確認しました)
沿線各地行政サイトでこのようなページを未だ見たことがなく、このページを初めて知った時には地域工事開始を承認したのは大鹿村行政の苦渋の決断だったことを理解しました。このページに以下の記載があります・・・「小渋川非常口仮設備工事・トンネル掘削工事(昼夜工事)」の項目です。
・9月13日(水) 20時頃 夜間発破掘削開始
※13日以外の発破時間は、地質状況や騒音振動測定結果を確認しながら決めるため事前のお知らせは致しませんが、ご理解をお願いいたします。
※当分の間、発破の15分前からヤード周辺にて、発破を開始する旨を放送でアナウンスします。加えて、1分前、10秒前にはサイレンを鳴らします。
住民目線で仕事を続ける公務員がここには確かにおられる。そして大鹿村行政がリニア新幹線事業について、ここまで情報共有に至ったのは長年にわたり村議会で諄々とリニア事業の問題について説き続けてこられた議員さん達がおられたこと、それを理解し対応できる公務員、村行政であったのだと私は思います。
そのような方々に苦渋の決断をさせないような政治体制を確立することは全ての国民一人一人のなすべきこと。

小渋川非常口工事の発生土がどの仮置き場に運ばれているか私の疑問について、計画地Eであることをコメントでご教示いただきましたので、JR東海の公開資料から引用しておきます。
仮置き場計画地Aが約1万5千立方メートル、Bが5万5千に対して、Eは15万立方メートルです。そして要対策土仮置き場が計画されています。要対策土の現況は逐次大鹿村、長野県庁に報告が届いているものと思います。
仮置き場Eはリニア変電所の建設用地であり、その事業は送電線新設とも同期する事案となるでしょう。要対策土処理を含めて正規の発生土処分地に搬出するタイミングが問題になると思えます。それら全てを地域の人々と情報共有して進行させる事が事業者と行政の責務です。

「発生土置き場の環境保全の計画」2016年10月資料によると以下の通りです・・・
発生土仮置き場計画地E 発生土仮置き場計画地E
・面積:約 20,000 ㎡
・容量:約 150,000 ㎥
・最大盛土高:約 15 m
・工事完了後の利用計画:仮置き場のため、土砂搬出ののち、土地造成を行い変電施設を設置
発生土仮置き場計画地E
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 18:06| Comment(2) | 工事