2017年09月19日

リニア騒音対策で山梨県富士川町の住民投票実施提案を議会委員会は否決

住民投票案 町議会委員会は「否決すべき」(山梨県)(20179/19 17:41 山梨放送)
 リニア中央新幹線の防音対策について、町側が示した住民投票案に対し、富士川町議会の委員会は「否決すべき」と意見集約した。
 JR東海は、富士川町などの地上部分について、集落が近いところは防音フード、比較的家屋が少ない地域は防音壁で対応する方針を打ち出している。ただ、沿線住民からは、より効果が高いフードの設置を求める声がある一方、フード設置による日当たりの悪化を懸念する声も出ている。
 町は意見をまとめるため住民投票を行う方針を決め、町議会の9月定例会に条例案を提出していた。この条例案について(2017年9月)19日、町議会の委員会で議論され、「沿線住民の意向をはっきりと反映すべき」などを理由に、住民投票の実施には反対することで意見集約した。条例案の採択は町議会の最終日、22日に行われる。
【編注・総務産業建設常任委員会の審議】

JR東海が環境影響評価書(補正版)で記している名称は「防音・防災フード」です。報道機関が「防音フード」と言い続けると、リニア事業について正しく理解できない国民を増やすだけになります。
◇ 2017年09月08日 山梨県富士川町9月議会、リニア防音で住民投票条例案提出(報道記録)
◇ 2017年08月30日 リニアが見える街の騒音対策で苦悩する山梨県富士川町
リニア中央新幹線事業について山梨県民からの意見、下記議会質問の5.富士川町議会 川口正満議員がFacebook掲載されたご意見を集約したページです。
以下に富士川町9月議会の広報ページから引用・・・

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 20:15| 山梨県

新幹線批判でリニアには言及していない新聞社説

(社説)新幹線の整備 熱に浮かされるな(朝日新聞 2017年9月19日05時00分)
【整備新幹線は今、北海道と北陸、九州の3路線が工事中だ・・・から始まって整備新幹線の事だけに言及しています、末尾のみ引用】
 あまりに熱に浮かされていないか。故田中角栄元首相の「日本列島改造論」以来、新幹線や高速道路、空港の整備は着実に進んできたが、それが必ずしも地方衰退の歯止めにならず、むしろ東京一極集中を促した現実を直視してほしい。
 誕生から半世紀余りを経た新幹線は、もはや「夢の超特急」ではない。立ち止まり、考え直さねばならない。

朝日新聞がリニア中央新幹線事業について記事タグ付けしているのは以前から知っています、時々確認もしています・・・ リニア中央新幹線に関するトピックス、朝日新聞本社は築地市場の近くで新橋寄りにあります。

この社説でリニア中央新幹線に言及しないのは、これが整備新幹線事業のリストに入っていないからだと、私は一読して感じました。「東京一極集中を促した現実を直視」するなら整備新幹線と同じく全国新幹線鉄道整備法下で企業自主事業として名古屋と東京・大阪を結び一つの街として愛知県名古屋の活性化が計画されたリニア新幹線に言及しないのはおかしいです。愛知名古屋は活性化するか、それとも東京吸い上げが益々強くなるか、そこんとこです。

社説の趣旨からいえば東京一極集中に今もっとも関係するのはリニア新幹線事業です。そして「フリーゲージトレイン(FGT)の安全上の問題が解決できず・・・」と言及していてもリニア新幹線の技術的問題は解決済みだと考えているのでしょうか・・・私は思わず考え込みましたが、新聞社の論説記者が全ての問題に精通しているはずもないので、リニア中央新幹線事業については触れなかったのだと理解しておきます。
「JR東海の広告出稿に忖度したアカヒ」 などとネットに出てきたら、それ間違いです、リニア事業については知らなかった人が書かれた社説、それだけの事です。

アベ政権による鉄道・運輸機構法の改定により財政投融資から機構を通じてJR東海に3兆円貸付けで名古屋〜大阪の前倒し、この区間の建設主体は鉄道・運輸機構になったと思いますので後日再確認します。ちなみに、品川〜名古屋間のリニア新幹線事業では建設主体はJR東海で、鉄道・運輸機構はその下請けとして一部区間の工事などを請け負っています。

沿線地域自治体も民間企業のJR東海と契約を交わして公務員諸氏が下請け仕事をしているのはどなたもご存じのとおりです。【飯田市の事例・リニア中央新幹線に係る用地取得事務の委託に関するJR東海との協定締結について
企業から情報を得ていても契約の縛りか、市民の疑問に応えられる自治体広報はあまり見かけません。
企業が開催する工事などの説明会は新聞取材もシャットアウトする閉鎖的なものらしく、説明会に参加できた当該地域の数十人以外の大多数の納税者がリニア事業に関する情報を得られる事は稀です。大多数にとってはいつまで経っても夢のリニアなのです。【参考・2017年09月15日、リニア建設工事 飯田市羽場地区で説明会(報道記録)

事業者として沿線の駅は無駄なので予定しないから、中間駅は地域負担で始まったのです、開通したとしても途中駅は路傍の石のごとく扱われることになるでしょう。
東京一極集中から愛知・名古屋だけは外し逆に地域活性化をもたらす、それが表には出ていない本当の目的なのだと私は考えています。
この想像が的を射ていたかどうかは運行時刻表が決まる時に分かるでしょう。その頃には私は此処にはいません、千の風になってトンネルや全線装備された防音防災フードの中に侵入してリニア中央新幹線を見物していることでしょう。
いや、三猿主義(み猿、きか猿、いわ猿)に徹しなかった生涯、私の居場所はリニア軌道にほど遠い地獄の釜の中かも知れないとも想う今日この頃・・・

【追記】朝日新聞の社説と関連します、リニア騒音対策で山梨県富士川町の住民投票実施提案を議会委員会は否決、本日9月19日の報道に気付いたので記録しておきました。
山梨県でも多くの方々は既に忘れておられるでしょうが、3.11原発人災による地域の放射能汚染について、地域毎の大気、土壌、水源、農林畜産生産物などの測定、対策、広報に関わり生じた諸問題とよく似ているのが、リニア新幹線騒音問題への行政対応だと私は感じているのです。
県全域に関係することではないので、合意形成を図り解決することはなおさら難しいかもしれません。その意味では地域活性化を目指す行政の力が試されている事案です。
放射能を拒否することはできなかった、リニアも同じでしょう、放射能には半減期もあり福島で新たな問題が無ければ自然解決もできた、リニアはこれから益々だから大変です。

posted by ict工夫 at 16:57| リニア中央新幹線