2018年01月03日

南アルプストンネル山梨工区本坑、着工に1年半の遅れ(報道記録)

リニア トンネル3月までに着手(NHK甲府のニュース 2018年01月03日 10時58分)

(山梨県)早川町で行われているリニア中央新幹線の南アルプストンネルの建設工事で、計画に遅れが出ているトンネル本線の掘削について、JR東海はことし(2018年)3月までには着手したいとしています。
山梨、静岡、長野の3県にまたがる全長25キロの南アルプストンネルは、東京・名古屋間のリニア中央新幹線の最難関の工事とされ、平成27_2015年12月に早川町で工事が始まりました。
現在はトンネル本線の掘削に先だち、地質を調べるために掘る「先進坑」の掘削が進められていますが、資材置き場の確保などに時間がかかり、当初、おととし(2016年)秋ごろに着手するとしていた本線の掘削はまだ始まっていません。
一方、建設工事を巡る談合事件の捜査が進む中、地元で工事に遅れが出ることが懸念されていますが、JR東海の柘植康英社長は「現在行われている工事については、工期に影響が出ないことを最優先に考えていきたい」としています。
JR東海は、今後、早川町での工事を着実に進め、ことし(2018年)3月までにはトンネル本線の掘削に着手したいとしています。

『工期に影響が出ないことを最優先に・・・』 との発言に注意する必要があります。
南アルプストンネル山梨工区の環境影響評価に基づく事業計画は、発生土汚染の検査も含めて、予定工事期間により発生土の運搬予定やその置き場についても計画されています。その期間が短くなった時にどのような影響が出るか。
私の経験では納期が限られた短期間の仕事では校正ミスで誤植を見落としたり、プログラムのミスで後日トラブルが出たりする場合が多いので、通常より特に注意深くなります。そんな時の車の運転などは心ここにあらず状態もありますから格段に用心深くなるものです。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事