2018年03月30日

山梨県南アルプス市住民が裁判所に補償問題の調停を求める(報道記録)

リニア移転補償求め調停申立てへ(NHK甲府放送局ニュース 2018年03月30日 17時48分)

リニア中央新幹線のルートに予定されている南アルプス市で、高架橋の建設用地に隣接する住民が、生活環境の悪化を理由に移転した場合、JR東海に費用を補償するよう求める調停を甲府簡易裁判所に申し立てることがわかりました。
東京・名古屋間で9年後の開業を目指すリニア中央新幹線で、JR東海は高架橋が通る区間では、建設用地として高架橋を中心とする幅およそ22メートルの土地を取得する方針です。
南アルプス市では、住宅地の上などおよそ4キロにわたって高架橋が建設される計画ですが、これに対して、沿線の5つの地区およそ250人の住民の代表からなる「南アルプス市リニア対策協議会」は、建設用地に隣接する住民は、騒音や日照被害が避けられず安心して生活できなくなるとして、移転した場合の費用の補償などをJR東海に求める調停を来月(2018年4月)9日、甲府簡易裁判所に申し立てることがわかりました。
調停では、建設用地の両側30メートル以内の住民が移転した場合の補償や、高架橋をコンクリートで覆う「防音フード」を設けて、騒音を住宅地における国の環境基準より厳しい55デシベル以下に抑えるよう求めることにしています。
「南アルプス市リニア対策協議会」の志村一郎代表は、「JR東海と何度も話し合いを行ったが、解決できなかったので司法の力を借りたい」と話しています。
リニア中央新幹線をめぐっては、計画ルートにある富士川町でも今月(2018年3月)21日、沿線の地区すべてが「防音フード」の設置を求めるとする調査結果がまとまるなど、生活環境の変化に対する住民の不安が表面化しています。
続きがあります・・・
posted by ictkofu at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨県

2018年03月29日

長野県大鹿村でトンネル工事発破実験(報道記録)

リニア発破の騒音・振動確認 大鹿で住民立ち会い(信濃毎日新聞 2018年3月29日)

 JR東海などは(2018年3月)28日、下伊那郡大鹿村で工事を進めているリニア中央新幹線南アルプストンネル長野工区の作業用トンネル坑口「除山(のぞきやま)非常口」(釜沢地区)で、火薬を使った発破による掘削を行い、住民らが立ち会って騒音や振動を確認した。JRは騒音や振動は確認できなかったとし、発破掘削を本格化する考えを示した。
 村内には既に発破作業が進んでいる坑口もあるが、除山非常口では昨年12月に初めて発破を実施。JRによると、近くの釜沢集落で測定した騒音と振動は共にJRの自主管理基準値以下だった。発破を1回行った後は、発破に適さない軟らかい地盤だったため、機械で掘削を進めていた。
 一方、発破時に「山が崩れるような音や振動がした」と話す住民もおり、今後の地域生活への影響を不安視する声が上がっていた。
 このためJRは発破の再開に合わせ、住民ら関係者が立ち会う機会を設定。住民6人を含む約20人が28日、地元集会所に集まり、発破の音や振動を確かめた。昨年12月は作業用トンネルの出入り口から中に約40メートル入った地点、今回は約110メートル地点で発破。騒音、振動ともにJR側が用意した機器が測れる下限値を下回り、住民からは「(前回の発破時と違い)ほとんど音は聞こえなかった」などの声が聞かれた。
 発破後、JRは地元住民のみが対象の非公開の懇談会を開催。同社は取材に、当面は日中のみ発破を行い、将来的に夜間を含め1日最大4回実施するとした。
 発破に立ち会った釜沢地区自治会長の谷口昇さんは「(騒音や振動は)体感としてはなかった。ただ、釜沢地区は地滑りが起きやすい場所で、少しの振動でも地滑りを引き起こす可能性もあるのではないか」との懸念を示した。こうした声を受け、JRは今月、地滑りの計測器を釜沢集落の5カ所に設置しており、後日データを公表するとしている。
続きがあります・・・
posted by ictkofu at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2018年03月22日

中央アルプストンネル(松川)外工区の工事安全祈願式開催(報道記録)

この件で 松川町リニア中央新幹線建設工事対策委員会飯田市リニア推進部 から記事は未だ出ていないようです。
「中央アルプストンネル(松川)外 工区」に関してこのブログでは タグ・松川町 で読み出せます。
場所ごとの環境保全の計画 は 「JR東海リニア中央新幹線情報の索引(長野県)」「2018.01.15 中央新幹線、中央アルプストンネル(松川)外工事における環境保全について〜中央アルプストンネル(松川)〜」として記録してありますが、現在は(平成30_2018年3月30日 更新)となっています。

鉄道運輸機構/長野県飯田市でリニア中央新幹線中央アルプストンネル安全祈願式開く(2018年3月22日 日刊建設工業新聞)

 JR東海が進めるリニア中央新幹線(東京・品川〜名古屋)建設事業のうち、鉄道建設・運輸施設整備支援機構が受託した「中央新幹線、中央アルプストンネル(松川)外」工事の安全祈願式が(2018年3月)20日、長野県飯田市の妙琴公園で行われた。施工は戸田建設・あおみ建設・矢作建設工業JVが担当する。安全祈願式には約90人の関係者が出席。神事では、松野篤二JR東海常務執行役員、竹津英二鉄道運輸機構関東甲信工事局長、牧野光朗飯田市長、秋場俊一戸田建設代表取締役専務執行役員らが玉串をささげ、工事の安全を祈願した。
 長野〜岐阜県間に整備する中央アルプストンネル(延長約23キロ)と風越山トンネル(約5・6キロ)のうち、中央アルプスは約4・9キロ、風越山は約2・3キロ、非常口トンネル約1・1キロを施工する。工期は101カ月。長野県内では南アルプストンネル(長野工区)に続いて2番目の着工になる。
(中略)
 JR東海と鉄道運輸機構は昨年(2017年)12月に工事説明会を開催し、(2018年)2月14日に飯田市鼎地区内における工事用車両の通行等に関する確認書に調印。20日の着工を迎えた。JR東海の松野常務執行役員は「着工を迎えることができたのは多くの関係者の協力のおかげ。安全と環境に配慮して工事を進めたい」と述べた。秋場代表取締役専務執行役員は「リニア中央新幹線の工事に施工者として参画できること、中央アルプスのトンネルを掘ることができること、この2点に非常に喜びを感じる」と述べるとともに「トンネル技術者は熱い気持ちでいる。地域とのコミュニケーションを図り安全第一で工事を進めたい」と意気込みを語った。
 着工した中央アルプスの松川工区は、横幅約13メートル、高さ約8メートル(掘削断面積約100平方メートル)。最大土被りは約600メートル。今月中に電柱などの移設作業を完了させ、妙琴公園内で工事用道路やヤード整備を進める。トンネルの掘削開始は2019年度末以降になる。工期は2025年5月26日。
 □ 戸田一生所長(戸田建設JV)の話 □
 「市街地に近い現場だけに、地元に迷惑をかけないことを第一義とし、安全や環境に配慮して進めたい」。
posted by ictkofu at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2018年03月21日

山梨県富士川町の住民調査、85%が防音防災フードを希望した(報道記録)

リニア防音フード“設置希望”(NHK甲府放送局ニュース 2018/03月21日 14時28分)

リニア中央新幹線の計画ルートにある富士川町で、高架橋を覆う「防音フード」の設置について沿線住民の意向を聞く調査が(2018年3月)21日集計され、3つの地区すべてで設置を希望するという結果がまとまりました。
リニア中央新幹線でJR東海が設置を検討している「防音フード」は、軌道が走る高架橋などをコンクリートで覆い防音効果を高める一方で、車両が走る様子が外から見えず観光面での効果が見込めなくなることや周辺の日照がさえぎられるといったデメリットも指摘されています。
富士川町は「防音フード」の設置について住民の意向を確認するため、町内で高架橋が通る予定となっている2.6キロの区間を3つの地区に分け、先月、沿線の400メートル以内に住む住民や法人の代表など2665人に調査用紙を送りました。
21日は町民会館でその集計作業が行われ、防音フードの設置を「希望する」とした人が、それぞれの地区で回答者のおよそ78%から90%と多数を占めました。
作業を見守った沿線の60代の男性は「町は今回の結果をJR東海に確実に伝えてほしい」と話していました。
富士川町財務課の齋藤靖課長は「静かな環境が損なわれるという住民の懸念が結果に表れたと思う。JR東海が今後高架橋の設計に入る前に、防音フードの設置を要請したい」と話していました。

繰り返し書いておきますが、JR東海の公式名称は「防音防災フード」であり、「防音フード」という名称はありません。文字数を節約するために記事では「防音防災フード(以下、防音フードと略す)・・・」と書くようなケースはしばしばあります。

今回のNHK報道では、『富士川町財務課の齋藤靖課長は「静かな環境が損なわれるという住民の懸念が結果に表れたと思う。JR東海が今後高架橋の設計に入る前に、防音フードの設置を要請したい」と話していました。』 には疑問を感じました。
財務課長の 「JR東海が今後高架橋の設計に入る前に」 という発言の意味が不明なのです。高架橋とは高架軌道の事だと分かりますが、その設計は終っているはずです。先年の事業説明会で提示された高架軌道の図は沿線各地どこも同じようなものですから、場所により違いはあると思いますが基本的な設計が済んでいるから工事費見積りもでき事業計画として国土交通省に提示出来たはずです。
そもそも「JR東海が今後・・・の前に」などと判るはずがないでしょう、「詳細設計に取りかかりますが、何かご意見がございますか」と連絡してくるような事業者でしょうか。富士川町内通過ルートについて決定の前にJR東海と相談できましたか。

●今回の要望を富士川町からJR東海に直接提出するのは間違えです。直ちに山梨県知事に提出し、知事からJR東海への要望として迅速に伝えられるべきです。要望内容、提出から回答までの経過は全て富士川町と山梨県庁の公式ページに記録され公開されるべきなのです。
もしも富士川町民の意見は山梨県知事としては取り扱えないという事になるなら、その理由も含めて全てを富士川町ホームページから人々に報告することも町政の義務です。
その状況を見ている人々は「リニアで変わるやまなしの姿」を理解することも出来るのです。

上記の事は別な事案であろうとJR東海との対応については、南アルプス市、中央市、甲府市においても同じです。沿線都県地域全体において情報を如何に共有するかを考えずにジコチュウを続けていて地域活性化ができるか。リニア推進期成同盟会はリニア開通後は内部戦争に転換するものだと理会している活動だったのでしょうか。一極集中を加速するスーパー・メガリージョンの良い餌になるだけか。

◇ 平成30_2018年4月15日執行−富士川町長選挙及び富士川町議会議員一般選挙

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境影響

2018年03月20日

リニア訴訟第9回口頭弁論、2018年3月23日@東京地裁

ストップ・リニア!訴訟第9回口頭弁論のご案内
期日 : 2018年03月23日(金) 
集合 : 13:15 東京地方裁判所(14:00〜傍聴券の抽選があります)
開廷 : 14:30 東京地方裁判所 103 号法廷
閉廷 : 15:30
今回は東京都町田市内のリニア大深度地下トンネル工事で、シイタケ栽培や野菜洗浄に不可欠な地下水の枯渇を心配する原告(農家)と、リニア中間駅と浅深度トンネル工事による立ち退き問題などについて神奈川県相模原市の原告がそれぞれ意見陳述します。原告側代理人(弁護士)も両地域でのリニア工事の影響について概括的な意見を陳述する予定です。
リニア訴訟第9回口頭弁論
続きがあります・・・
posted by ictkofu at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 訴訟