2018年03月09日

「リニアで変わるやまなしの姿」、山梨県の市民団体が回収を要求(報道記録)

リニア冊子回収を県に求める(NHK甲府放送局ニュース 2018年03月09日 16時32分)

県が小中学生や高校生に配ったリニア中央新幹線の経済効果などを示した冊子について、計画ルートの沿線住民でつくる市民団体は「環境への影響が示されず学校で配る内容としては偏っている」として県に冊子を回収するよう求めました。
回収されない場合、住民監査請求も視野に入れて対応を検討するとしています。

リニア中央新幹線の開業で県内の経済効果の試算などをまとめた冊子、「リニアで変わるやまなしの姿」は、県が、今年度1200万円の事業費をかけて作成したもので、各学校を通じておよそ11万部が県内の小中学生と高校生に配られました。
これについて計画ルートの沿線住民でつくる「リニア・市民ネット山梨」のメンバーが県庁を訪れ、川村晃生代表が「騒音や日照問題など環境への影響が示されず学校で配る内容としては偏っている」と述べ、冊子の回収を求めました。
これに対し県の担当者は「将来の山梨の姿を子どもたちにわかりやすく示した」と述べ、問題はないという認識を示しました。

市民団体は県が冊子を回収しない場合不適切な公費の使い方だとして、住民監査請求も視野に入れて対応を検討するとしています。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 17:05| 山梨県

2018年03月01日

桃と桜のサイクリング〜リニアライドやまなし中央〜@2018年4月8日開催

「桃と桜のサイクリング」エントリー開始しました(山梨県中央市広報ページ 2018年01月12日)
自然豊かな山々からの景観やふもとに広がる里山、丘陵などの観光資源とサイクリングを組み合わせた交流型イベント「桃と桜のサイクリング」を開催します。 中央市を起点に、中央市の住みよい環境や豊かな自然をふんだんに取り入れた全長53qのコースです。

桃と桜のサイクリング〜リニアライドやまなし中央〜山梨県中央市にて2018年4月8日開催!(桃と桜のサイクリング実行委員会) | 走行コート案内地図
桃と桜のサイクリング〜リニアライドやまなし中央〜(スポーツエントリー・申込受付ページ)3月18日(日)締切です

桃と桜のサイクリング

リニア沿線をサイクリング=山梨県中央市(時事ドットコム 2018/01/22-10:28)
【最近は新聞サイトでも山梨県内情報はあまり見ていませんので時事ドットコムで知りました】

 山梨県中央市は、2027年開業予定のリニア中央新幹線の沿線を満開の桃と桜の花を見ながらサイクリングするイベント「リニアライドやまなし中央」を4月8日に開催する。品川駅から約30分で結ばれる新駅(甲府市)に隣接する中央市の豊かな自然と立地条件の良さをアピールするのが狙い。
 サイクリングコースは、豊富農業者トレーニングセンターを出発し、公園、観光農園、道の駅などをめぐって同センターに戻る全長約53キロ。女性や初心者でも参加しやすいよう30人程度のグループに分かれてベテラン指導員が誘導する。ランチには豪華バーベキューを用意。ゴール地点では源泉掛け流しの足湯で疲れを癒やしてもらい、お土産として県産ワインなどをプレゼントする予定。
 定員は中学生以上400人で参加費は9000円
【以下略】
posted by ict工夫 at 16:18| 地域活性化