2018年06月16日

山梨県リニア新幹線事業の啓発冊子に係る住民監査請求と監査結果

第1 監査の請求
 1 請求の受付/2 請求の要旨 (1)請求人の主張 (2)請求人の措置の要求 (3)事実を証明する書面
第2 請求の要件審査
第3 監査の実施
 1 請求人の証拠の提出及び陳述/2 監査対象事項/3 監査対象部局/4 監査の方法
第4 監査結果及び判断
 1 事実関係の確認 (1)リニア中央新幹線の整備について (2)整備方針について (3)本件冊子の作成について (4)本件冊子の配布について (5)本件冊子の作成及び配布に係る支出の状況について
 2 監査委員の判断 (1)本件冊子の内容の妥当性 (2)本件冊子の配布及び広報の妥当性 (3)まとめ

冊子「リニアで変わるやまなしの姿」の作成及び配布に係る損害の補填等を求める知事措置請求の監査結果について

山梨県公報

第1 監査の請求

1 請求の受付
 地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「自治法」という。)第242条第1項の規定に基づく山梨県職員措置請求書(以下「請求書」という。)が、平成30年4月17日、甲府市 川村晃生、中央市 藤田英明 外9名(以下「請求人」という。)から提出された。

2 請求の要旨
 請求書及び請求書に添付された事実を証明する書面に基づき、請求(以下「本件措置請求」という。)の要旨を、概ね次のとおりと解した。

(1)請求人の主張
○ 山梨県は、県内の小・中学校、高等学校の児童・生徒を中心に、リニアの利便性を県民に広報するため、冊子「リニアで変わるやまなしの姿」(以下「本件冊子」という。)を約1,200万円の経費をかけて15万部作成し、平成30年2月初旬に県内の学校や市町村等に配布した。

○ 本件冊子の内容は、山梨県が策定したリニア環境未来都市整備方針(以下「整備方針」という。)に基づいて、漫画によりリニアの利点のみを希望的観測に拠りつつ羅列したものにすぎず、沿線住民や乗客への影響、さらには自然破壊や財政など、国民が背負うことになる負の問題点には一切触れていない。
 リニアによって変わる山梨の姿は、リニア開通に伴う騒音、振動、日照等による沿線住民の生活被害や、南アルプスのトンネル掘削をはじめとする自然破壊、また、リニア実験線への県費の投入や国による3兆円の財政投融資など、様々なデメリットがあるにもかかわらず、それらについては完全に無視し、一言も言及しないという点で、極めて一方的かつ偏向した内容になっており、このような内容の冊子を作成し、県民に広報することは、それ自体大きな過失である。

○ 本件冊子を作成し各学校へ配布する際、教育委員会を経ずに山梨県から直送したことは、手続上適切ではなく、また、情報をコントロールし、生徒に一方的な価値観を植え込もうとするこのような冊子を、県内の公立、私立を問わず、全ての小・中学校、高等学校の児童・生徒に配布したことは、更に大きな過失である。
 このことは、憲法第13条前段の「個人の尊重」及び憲法第26条の「教育を受ける権利」のほか、それらを受けた教育基本法第2条 ・学校教育法第21条の「教育の目標」に示される「幅広い知識と教養」「真理を求める態度」「個人の価値の尊重」「公平な判断力」等に抵触する。

○ さらに、リニアの負の部分や沿線住民等の疑問や苦痛に対しては無視し、何らの配慮も示 されていない本件冊子を作成し広く県内に配布する行為は、憲法第92条に基づく自治法第1条の趣旨(地方自治の本旨に基づく民主的で公正な行政)に抵触するとともに、沿線住民等が有する憲法第14条の「平等に取り扱われる権利」や憲法第13条後段の「幸福追求権」を侵害するものである。

○ 本件冊子の作成及び配布に係る違法性を踏まえると、それらに関する契約自体が無効である。

続きがあります・・・
タグ:事業評価
posted by ict工夫 at 23:00| 山梨県

山梨県リニア駅路線網に自動運転バス導入計画(報道記録)

山梨県研究会、先進バス導入へ初会合 リニア駅路線網に活用(産経新聞山梨版 2018.6.13 07:02)

 山梨県は(2018年6月)12日、自動運転システムや燃料電池バスなどの導入を検討する「先進バス交通技術研究会」の初会合を開いた。新たな交通手段として平成32_2020年以降の実用化を目指し、39_2027年開業予定のリニア新駅と県内各地をつなぐバス路線網にも活用する考えだ。
 研究会には県、国土交通省、甲府市、北杜市や運輸事業者が参加。座長の佐々木邦明・山梨大大学院教授は「自動運転は安全性、利便性が高く、低コスト化の利点がある。バス中心の移動サービスを念頭に議論したい」とあいさつした。
 燃料電池バスや自動運転バスは、中山間地域と駅などの拠点間の短距離移動、観光客が駅などから目的地に向かう「2次交通手段」として導入を目指す。
 先進バスはリニア新駅と甲府駅を結ぶ幹線ルート(国道358号)などアクセス用に導入を検討する。バス車両を優先走行させる信号制御システム、電気バスなども議論する。
 初会合では、交通事業者の委員などが「運転手不足でバス路線の維持が厳しくなっている」と実態を報告し、人手不足の対策としても自動運転の意義が確認された。
 研究会は年内に自動運転システムの実証実験の実施計画を策定。来年度以降の実験を目指す。

目新しいものに飛びつくのも良いが、地域の道路交通の状況を認識していないと間違いを犯すことになります。
山梨ルールと呼ばれる県民の自動車運転状況にも対応できる路線バスの自動運転プログラム設計は大きな壁に突き当たる可能性があります。バス専用道路での自動運転を計画しているなら、この話は理解できます。

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化

2018年06月15日

山梨県監査委員はリニア冊子の住民監査請求を棄却した(報道記録)

リニア冊子の住民監査請求を棄却(NHK甲府放送局ニュース 2018年06月15日 16時41分)

県が作成したリニア中央新幹線の開業に伴う山梨県の将来像を描いた冊子の内容に偏りがあるとして回収などを求めた住民監査請求について、県の監査委員は請求を棄却しました。
請求した沿線の住民らは、来月上旬にも住民訴訟を起こす考えを示しています。
この住民監査請求は、リニア中央新幹線の沿線住民ら11人が県が1200万円をかけて作成した冊子「リニアで変わるやまなしの姿」について、「メリットだけが羅列してあり内容に偏りがある」として県に冊子の回収などを求めていたものです。
県の監査委員は「県議会での議論を経て予算措置がなされ適正な手続きによって作成されたもので、整備中に取り組むべき課題が記載されていないとしても違法または不当とは言えない」などとして請求を棄却しました。
請求人の1人で、「リニア・市民ネット山梨」の川村晃生代表は「結果と理由が不当と考えるので住民訴訟の準備に入りたい」というコメントを出し、来月上旬にも県を相手取り訴訟を起こす考えを示しました。

「リニア冊子」を巡る住民監査請求を棄却(山梨県)(6/15 18:13 山梨放送)

 リニア中央新幹線の開業効果を紹介した県の冊子を巡る住民監査請求が棄却された。
 今回の監査請求では、沿線住民らが「騒音や振動などのデメリットを無視した内容」と批判し、冊子の回収などを求めていた。
 しかし県監査委員は「著しく妥当性を欠いてはいない」として請求を棄却した。
 沿線住民の代表は結果を不服として県を相手取り住民訴訟を起こす方針。

【関連記事】 ◇ リニア冊子事業の監査請求と監査結果(2018年6月15日付け山梨県監査委員による監査結果 公報全文を編集・掲載)
2018年01月02日 リニアで変わるやまなしの姿(出版情報)
2018年03月10日 リニアの夢を煽るマンガ・パンフレットの回収を要望
2018年04月17日 山梨県が子供達に配付したリニア冊子に関して住民監査請求(報道記録)

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 19:15| Comment(2) | 山梨県

2018年06月14日

長野県高森町のガイドウェイ製造施設の造成工事協定が成立(報道記録)

高森町にリニア軌道製造施設 JRと協定(中日新聞長野県版 2018年6月14日)

 高森町とJR東海は(2018年6月)13日、リニア中央新幹線のガイドウェイ(軌道)関連施設について、造成工事に向けた基本協定を結んだ。
 施設は、ガイドウェイを製造、一時保管する作業場として使う。協定書によると、予定地は同町下市田河原にある下市田工業団地の北側6.7ヘクタール。町は測量や造成工事、JR側が設計を担い、費用は同社が全額負担する。町が地権者と土地賃貸借契約を結んで同社に貸し、開業予定の2027年度以降も使用する場合は、町とJRで協議する。
 今後、年内に測量調査を実施し、2019年から設計、2020年から造成工事に入る予定。用地測量や地質調査など具体的な事業を進める際は、その都度、協定を締結して期間や費用負担などを決めるとしている。
 ガイドウェイ製造・保管ヤードを巡っては、喬木村も今年3月に同様の基本協定を結んでいる。(牧野良実)

この件については 2017年06月29日記事で 長野県高森町でガイドウェイ製造所候補地の説明会 を記録しています。

高森町ホームページ
ガイドウェイ製作・保管ヤード工事施行協定書を締結しました(2018年5月11日 喬木村)
『平成30_2018年3月29日(木)、喬木村は、リニア中央新幹線建設工事に伴い、堰下地区に設置される「ガイドウェイ製作・保管ヤード」の造成工事に向けた基本協定書を、JR東海と締結しました。』

posted by ict工夫 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

リニア中央新幹線 専門家に聞こう!シンポジウム@町田市 2018-7-15

この集会で講演された網代太郎氏から、2019年10月2日に講演録 「リニア中央新幹線の電磁波」 が公開されました。
 『講演のためにあらためて調べると、自分の中で漠然としか理解していなかったことがハッキリしたり、新たな疑問点が出てきました。筆者の報告内容を再構成してここに掲載して皆さんと情報共有し、この問題をご一緒に検討していく一助とさせていただきたいと思います。』
【後日改めてWebサイトで整理するつもりです。2019-10-07 追録】

リニア中央新幹線 専門家に聞こう!シンポジウム

日時 2018年7月15日(日)13時半〜16時半 (開場13時)
場所 町田市民文学館「ことばらんど」大会議室
プログラム
 第1部 問題・情報の提供 13時半〜15時10分
  パネリスト
   樫田秀樹氏(ジャーナリスト・リニアに精通)
   S.S氏(元鉄道会社員)
   網代太郎氏(電磁波問題市民研究会)
   和泉貴士氏(弁護士・リニア裁判担当)
 第2部 自由討論 15時20分〜16時20分
主催 リニア中央新幹線を考える町田の会
資料代 500円
「リニアの駅が近くにできれば、近くに飛行場ができるようなもの」などと言う為政者。
 そんな感覚で済むこと?
 原発の安全神話や経済性を聞かされて、無関心に過ごす内に、あの悲惨な原発事故です。
 リニア新幹線も本質は原発と同じようなもの。
 目を背け人任せにしていたら又同じ轍を踏みかねません。
 こうした失敗を重ねないため、シンポジウムを企画しました。
 情報の収集や意見交換をご一緒に。
 多くの皆様のご参加をお待ちします。
posted by ict工夫 at 23:29| 集会・講演会