2018年06月14日

長野県高森町のガイドウェイ製造施設の造成工事協定が成立(報道記録)

高森町にリニア軌道製造施設 JRと協定(中日新聞長野県版 2018年6月14日)

 高森町とJR東海は(2018年6月)13日、リニア中央新幹線のガイドウェイ(軌道)関連施設について、造成工事に向けた基本協定を結んだ。
 施設は、ガイドウェイを製造、一時保管する作業場として使う。協定書によると、予定地は同町下市田河原にある下市田工業団地の北側6.7ヘクタール。町は測量や造成工事、JR側が設計を担い、費用は同社が全額負担する。町が地権者と土地賃貸借契約を結んで同社に貸し、開業予定の2027年度以降も使用する場合は、町とJRで協議する。
 今後、年内に測量調査を実施し、2019年から設計、2020年から造成工事に入る予定。用地測量や地質調査など具体的な事業を進める際は、その都度、協定を締結して期間や費用負担などを決めるとしている。
 ガイドウェイ製造・保管ヤードを巡っては、喬木村も今年3月に同様の基本協定を結んでいる。(牧野良実)

この件については 2017年06月29日記事で 長野県高森町でガイドウェイ製造所候補地の説明会 を記録しています。

高森町ホームページ
ガイドウェイ製作・保管ヤード工事施行協定書を締結しました(2018年5月11日 喬木村)
『平成30_2018年3月29日(木)、喬木村は、リニア中央新幹線建設工事に伴い、堰下地区に設置される「ガイドウェイ製作・保管ヤード」の造成工事に向けた基本協定書を、JR東海と締結しました。』

posted by ictkofu at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

リニア中央新幹線 専門家に聞こう!シンポジウム@町田市 2018-7-15

リニア中央新幹線 専門家に聞こう!シンポジウム

日時 2018年7月15日(日)13時半〜16時半 (開場13時)
場所 町田市民文学館「ことばらんど」大会議室
プログラム
 第1部 問題・情報の提供 13時半〜15時10分
  パネリスト
   樫田秀樹氏(ジャーナリスト・リニアに精通)
   S.S氏(元鉄道会社員)
   網代太郎氏(電磁波問題市民研究会)
   和泉貴士氏(弁護士・リニア裁判担当)
 第2部 自由討論 15時20分〜16時20分
主催 リニア中央新幹線を考える町田の会
資料代 500円
「リニアの駅が近くにできれば、近くに飛行場ができるようなもの」などと言う為政者。
 そんな感覚で済むこと?
 原発の安全神話や経済性を聞かされて、無関心に過ごす内に、あの悲惨な原発事故です。
 リニア新幹線も本質は原発と同じようなもの。
 目を背け人任せにしていたら又同じ轍を踏みかねません。
 こうした失敗を重ねないため、シンポジウムを企画しました。
 情報の収集や意見交換をご一緒に。
 多くの皆様のご参加をお待ちします。
posted by ictkofu at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会・講演会