2018年10月17日

国土交通省が10月17日に大深度地下使用認可を告示しました

リニア、大深度地下の使用認可 鉄道で初(共同通信 2018.10.17 17:00)

 東京・品川―名古屋(286キロ)の2027年開業を目指すリニア中央新幹線に関し、国土交通省は17日、JR東海が3月に申請した東京、神奈川、愛知3都県での大深度地下(地下40メートル以上)の使用を認可した。鉄道事業では初めて。来年4月以降、用地買収なしで工事できるようになる。
 認可したのは、東京都品川区から川崎市を経て東京都町田市に至る33.3キロと、愛知県春日井市から名古屋市の17.0キロの2区間。公共目的の事業に限るなど、大深度地下利用法の要件を満たすと判断した。
 東京―名古屋で大深度地下を活用するのは今回の2区間のみ。
JR東海は ニュースリリース で、2018.10.17 「中央新幹線品川・名古屋間の大深度地下使用の認可を受けて」 を掲載しています。

中央新幹線品川・名古屋間の大深度地下使用の認可を受けて
2018年10月17日
東海旅客鉄道株式会社
 本年 3月20日に当社が認可申請を行いました、中央新幹線品川・名古屋間の大深度地下使用について、本日、国土交通大臣より認可を受けました。
 引き続き、関係者のご理解やご協力をいただきながら、工事の安全、環境の保全、地域との連携を十分重視して、計画を着実に進めてまいります。

ニュースリリース 編注・国土交通省の記者発表記事公開は17日の14時過ぎでしたが事業者には早々に連絡されたようです
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 22:32| 大深度地下