2018年11月28日

名古屋市がリニア発生土で大江川埋め立てを検討

2018年11月28日、リニア残土活用、汚染された大江川埋め立て検討(毎日新聞)
 災害時に環境汚染物質の流出が懸念される大江川(名古屋市港区)について、管理者の名古屋市が、トンネル掘削などリニア中央新幹線の関連工事で発生する残土を活用して埋め立てる検討を始めた。来年度から埋め立てに向けた計画づくりに着手し、JR東海との調整も進める方針。

 数十億円規模と見込まれる埋め立て費用を圧縮したい市側と、名古屋駅周辺などのリニア関連工事で出る大量の残土処理を課題とするJR東海側の利害が一致した形。(2018年11月)28日の市議会本会議で横井利明市議(自民)の質問に市側が明らかにした。

 河村たかし市長は議会後、報道陣に「残土を山に捨てるのはもったいない。埋め立てて公園などにしたら有効活用になる」と述べた。

 大江川は1970年代ごろに近隣の工場から水銀や鉛などの重金属が流れ込んでいたことが判明し、市は80年に上流約1.8キロを埋め立てて公園を造成した。一方、残りの下流約1.2キロは川底の重金属を含んだ汚泥の上にアスファルトなどをかぶせる対策を講じたが、市によると、南海トラフ地震で地層が変形した場合、計約22万立方メートルに及ぶ汚泥が川底から噴出し、川の氾濫などで近くの住宅地に流出する恐れがある。

 こうしたリスクを避けるため、市は名古屋港管理組合などと協力して大江川を全面的に埋め立てることを決めた。関係者によると、市とJR東海は既に、埋め立てにリニア関連工事の残土を使う方向で協議をしている。【三上剛輝】
2018年11月28日、リニア工事残土で大江川の埋め立て検討 名古屋市がJR東海と協議(CBCテレビ)http://a-news0.com/archives/9392/
 名古屋市は、津波が押し寄せた際に汚染物質が流れ出ないよう、名古屋市南区の大江川をリニア中央新幹線の工事で出た残土で埋め立てる計画を検討していることを明らかにしました。
 南区を流れる大江川では、およそ1.8キロメートルにわたり、水銀などを含む汚泥が22万立方メートル埋めらています。
 しかし、地震や津波でアスファルトが壊れた場合、汚染物質が住宅街に流れ出る恐れがあるため、リニア中央新幹線の建設工事で出た残土で大江川全体を埋め立てることができないか、検討するということです。
 名古屋市では、残土の活用で、事業費の削減につながると見込んでいて、JR東海と協議した上で、来年度から埋め立てに向けた計画を策定する方針です。

Wikipedia_大江川 (名古屋市)
名古屋市・市政情報
大江川の地震・津波対策について
◇ 2019年6月13日 平成30年度大江川のダイオキシン類継続調査結果について
◇ 2018年8月16日 第1回大江川の地震・津波対策に伴う汚染土壌対策有識者懇談会〈開催結果〉
◇ 2019年8月19日 名古屋市環境審議会第2回土壌及び地下水汚染規制部会〈開催結果〉
◇ 2019年9月19日 名古屋市環境審議会第3回土壌及び地下水汚染規制部会〈開催結果〉

大江川緑地(おおえがわりょくち)
 大江川は、かつて水がきれいであったころ、地域の人々の遊び場でした。また運河状で船の航行や船溜場として重要な役割をはたしていました。しかしその後、工場や家庭の排水が流れ込み汚れた川に変わりました。 昭和55年(1980年)に約1.8キロメートルが埋立てられ、池、人工の川、芝生広場、サイクリングコース等が配置されました。緑地が整備され憩いの場として親しまれています。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 22:00| 発生土(残土)