2018年11月30日

「リニア時代を見据えたまちづくりシンポジウム」 が開催されました

2018年11月29日(木)午後、名古屋市国際展示場の ポートメッセなごや を会場に、国土交通省中部地方整備局 中部圏広域地方計画 の一環として開催されたようです。

中部圏広域地方計画

最近、山梨県政もリニア開通後の停車本数を上下線とも1時間2本とした地域活性化計画に切り替えています。おかしいなと思っていたのですが、国土交通省のスーパーメガリージョン構想の具体化がこのように進行しているとの情報を得ていたからだと私は理解しました。
このシンポの事は今日11月30日になって他県での報道記事から知ったので後出しになりますが「地域活性化」カテゴリーとして記録しておきます。
中部地方整備局管内の岐阜県、長野県南信地域はもとより、スーパーメガリージョンとして関東地方整備局が担当する長野、山梨県内でもこの開催情報は流れていたと思いますが、私は全く知りませんでした。(中部地方整備局の開催広報は11月8日
平日午後のイベントですが参加された企業人などから何かレポートが出るようなら読んでおきたいと思います。
国土交通省中部地方整備局については、これまで中部圏大深度地下使用認可に関わる審議状況しか調べていませんでしたが、今後は中部地方整備局のトータルな情報チェックもしたいと思います。
【編注】リニア中間駅設置3市長がパネル討論(南信州新聞 2018年11月30日 16時05分)

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 21:53| 地域活性化