2019年05月20日

山梨県リニア中央新幹線建設促進期成同盟会総会での知事発言(報道記録)

知事「リニア乗降客数など調査」(2019年5月20日 NHK甲府放送局ニュース)

リニア中央新幹線の県期成同盟会が開かれ、駅の設置場所の見直しを示唆している長崎知事は「客観的なデータで確認し、県民と意見交換したい」と述べ、精度の高い乗降客数や他の交通機関への影響について早期に調査する考えを明らかにしました。
リニア中央新幹線の建設促進と活性化を目指す県期成同盟会の定期総会は、20日、昭和町で開かれました。 この中で、長崎知事は駅の設置場所について「客観的なデータで確認しなければならない。そのうえで多くの県民と意見交換を行い結論を出したい」と述べ、早期に調査を行う考えを明らかにしました。
具体的には、1日最大およそ2万人とした乗降客数について精度を高めた調査を行うほか、リニアの開業によって高速道路やJR中央本線、身延線など他の交通にどのような影響があるのかを調べるということです。 また、「リニアが開業すれば自動的に人が来るわけではない。多くの人がやってくるという環境作りが必要だ」とも述べ、駅周辺の整備計画などを示す「ビジョン」の策定を進める考えも示しました。
県は調査方法について最終調整を進めたうえで、来月の県議会に関連経費を盛り込んだ補正予算案を提出する方針です。

リニア中央新幹線 長崎山梨県知事 リニア新駅の場所を検証へ(2019.05.20 19:20 UTYテレビ山梨ニュース)

リニア中央新幹線の早期実現を目指す山梨県の期成同盟会の総会が(2019年)5月20日、開かれ、長崎知事が新駅の建設場所の検証に向けて乗降客数や周辺の交通への影響などを精査する考えを示しました。
リニア中央新幹線の期成同盟会には県や市町村それに経済団体の代表者など関係者およそ210人が出席しました。
総会では同盟会会長の長崎知事が挨拶に立ち、甲府市大津町に建設を予定している新駅について設置位置を検証する考えを示しました。
長崎知事はできるだけ早い段階で調査に着手し結論を出したいとして、県は、新駅関連の調査費用を6月の補正予算案に盛り込む方針です。
また総会では、駅への停車本数をできる限り増やすことなどを求めた決議文を採択し、7月、JR東海などに要望する予定です。

リニア中央新幹線建設促進山梨県期成同盟会 山梨県リニア交通局リニア推進課 が担当しています。
◇ 山梨県・令和元年度知事会見、5月20日以後の記者会見で関連質疑応答があるかも知れません。

ブログ村 政治・社会問題 社会・経済 ブログランキング

リニア中央新幹線建設促進期成同盟会(東京都から大阪府まで沿線都府県期成同盟会リンク集があります。停車駅が無い静岡県には同盟会はありません。)

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 19:12| Comment(0) | 地域活性化