2019年06月20日

南アルプストンネル静岡工区の着工時期は不明(報道記録)

リニア本体工事「着工、現段階で認めず」 静岡県知事改めて強調(2019/6/19 17:03 静岡新聞)

 静岡県議会(2019年)6月定例会が19日開会し、川勝平太知事は所信表明で、リニア中央新幹線建設に伴う大井川水系の水資源保全について、JR東海から十分な説明がなく、利水者や地域住民に納得、安心してもらえる状態に至っていないと指摘。現地視察の所感も踏まえ「このような状況や(県がJR側に送った)中間意見書に対する回答を受けていない現段階では、本体工事の着手を認めることはできない」と改めて強調した。
 中間意見書は、県が有識者で構成する専門部会や利水関係者の意見を踏まえて取りまとめ、6日にJR東海に提出した。川勝知事は「誠意ある回答を求めている。利水者や地域住民に真摯(しんし)に向き合い、納得してもらえる回答を期待している」と述べた。
 また、13日に建設予定地を視察し、複雑な地質構造や貴重な生態系を有する南アルプスの自然環境を確認したと説明。「工事に利用する道路の安全性が確保されておらず、(川の)流量も見た目には少ない状況も確認できた」と指摘した。
 6月定例会の会期は7月8日までの20日間。子どもの安全確保や豚コレラ対策など4億6200万円を追加する2019年度一般会計補正予算案など22議案を審議する。

静岡新聞 Yahoo!ニュース版(この記事には読者のコメントが多数あります)
静岡県議会 | 議会定例会・令和元_2019年6月
リニア中央新幹線 静岡県の情報、中途半端ですが参考記事にリンクしてあります。 リニア中央新幹線事業に関する静岡県行政、議会からの情報詳細は後日整理する予定です。(リニア事業とは関係無い自分の仕事を優先しております)

posted by ictkofu at 12:00| Comment(0) | 静岡県

2019年06月10日

長野県にリニア中央新幹線騒音専門委員会が設置された

第1回「長野県環境審議会リニア中央新幹線騒音専門委員会」を開催します
参照情報【2019.06.20 追記】
長野県環境審議会リニア中央新幹線騒音専門委員会 更新日:2019年6月14日 で「第1回長野県環境審議会リニア中央新幹線騒音専門委員会」の 「配布資料」が多数アップロードされています。これは後日Webサイトで整理する予定です。

現在建設中のリニア中央新幹線の沿線地域について、新幹線走行により発生する騒音から生活環境を保全することを目的として、新幹線鉄道騒音に係る環境基準の各類型を当てはめる地域を指定するため、第1回長野県環境審議会リニア中央新幹線騒音専門委員会を以下のとおり開催します。
4 会議内容
 (1)リニア中央新幹線鉄道騒音に係る地域類型指定について
 (2)トンネル出入口地域の設定方法に係るアンケート結果について
 (3)山梨リニア実験線の走行音調査結果について
 (4)その他

私は、(2)トンネル出入口地域の設定方法に係るアンケート結果について、(3)山梨リニア実験線の走行音調査結果について、の2件がどのように実施されたのか気になりますので、確認しておきたいと思います。
長野県では北陸新幹線沿線で騒音測定が継続されているようなので、それから得られた事がリニア中央新幹線の騒音対策にどのように応用されるかも関心があるところです。
参照・山梨県の参考に新幹線騒音対策を長野県の実務から確認する(2017年01月26日)

長野県広報
posted by ictkofu at 00:49| Comment(0) | 環境影響

2019年06月09日

「リニア騒動の真相」 静岡経済新聞のシリーズ記事案内

上記リスト中の一つの記事をPDFファイルとして紹介するメールを受信しました。私は静岡経済新聞を知りませんでしたので、いつものようにソース確認作業を続け、とりあえず2019年6月9日現在、公開されているシリーズ記事7本が確認できました。
各記事の内容を精査する時間はありませんので、とりあえず一覧表にしておきます。

タグ:報道
posted by ictkofu at 23:32| Comment(0) | 静岡県

2019年06月02日

JR東海社長記者会見 2019-05-30(報道記録)

JR東海社長、リニア静岡工区に懸念 「開業時期に影響も」(日本経済新聞 2019/5/30 18:28)
肝心の社長発言はJR東海のニュースリリースには掲載されていませんでした、それは毎度のことなので、いつもマスメディアが報じた記事を複数確認しています。

JR社長「リニア開業遅れの可能性」に言及(山梨日日新聞系列のYBSニュース 2019.05.30 18:53)

YBSが伝えた林道工事、それだけが何故行なえているのかについては、静岡県内のリニア事業状況を理解していないとわかりません。南アルプストンネル静岡工区の現場に至る林道は静岡市の管理下にあり、静岡市長がJR東海に使用認可したことによります。
286キロ全線の状況を知りながら地元のリニア事業を理解する必要がある、実験線以外の240キロは他人事では無いのです。
皆様ご存じのようにリニア中央新幹線事業の実態を確認するのにインターネットは欠かせません。

タグ:報道
posted by ictkofu at 10:06| Comment(0) | リニア中央新幹線