2019年07月06日

中間駅を否定したリニア推進同盟会決議である

2019年6月6日 リニア中央新幹線建設促進期成同盟会
決  議
 リニア中央新幹線は、東京・名古屋・大阪間の時間距離を大幅に短縮し、関東、中部、近畿の各地域間の交流・連携を一層強化し、わが国の新たな国土の大動脈として、経済社会を支え、東京・大阪間の二重系化による災害に強い国土の形成、ゆとりある生活の実現に大きく貢献するとともに、内陸部における発展を促進する極めて重要な社会基盤である。
また、持続可能な地域の形成、エネルギー問題、環境問題においても、優れた特性をもつ大量高速輸送機関として期待されている。

 国家的プロジェクトであるリニア中央新幹線は、平成23(2011)年5月に全国新幹線鉄道整備法に基づ く整備計画が決定され、東海旅客鉄道株式会社に対して建設の指示が出された。
東京都・名古屋市間においては環境影響評価の手続を経て、平成26(2014)年10月に全国新幹線鉄道整備法に基づく工事実施計画が認可され、現在、諸課題に対して沿線自治体及び関係機関が連携・協力しながら建設工事が進められているところであるが、リニア中央新幹線の整備は、東京・大阪間を直結することで初めてその機能を十分に発揮し、効果を得ることができる事業である。
こうした中、政府においても、平成28(2016)年度から29年度にかけて3兆円の財政投融資を活用し、全線開業時期の最大8年間前倒しが図られ、さらに、平成30(2018)年6月に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2018(骨太の方針)」において、「建設主体が全線の駅・ルートの公表に向けた準備を進められるよう、必要な連携、協力を行う。また、新大阪駅について、リニア中央新幹線、北陸新幹線(詳細ルート調査中)等との乗継利便性の観点から、結節機能強化や容量制約の解消を図るため、民間プロジェクトの組成など事業スキームを検討し、新幹線ネットワークの充実を図る。」と位置づけられたところである。

 よって、我々は、ここにリニア中央新幹線建設促進期成同盟会の事業目的の趣旨に則り、リニア中央新幹線の早期全線整備に向けて、次の事項について一致協力して強力な運動を展開するものとする。

1 東京・名古屋間については、工事実施計画に基づき着実に事業を進め、早期整備を図る こと。特に、未着工区間については、国、東海旅客鉄道株式会社及び関係者がスピード感をもって調整し、早期着手を図ること。

2 技術開発等による大幅なコストダウンに努めるとともに、一日も早い全線開業のための具体策を引き続き検討し、更なる方策を示すこと。

3 名古屋・大阪間については、概略ルート及び駅の概略位置の早期公表に向けた準備を連携、協力して進め、環境影響評価の手続に着手すること。

4 ターミナル駅については、新幹線等の広域交通結節点に相応しい交通アクセスや周辺ま ちづくりに関する検討に十分な時間を要することから、一日も早い着工を実現するため、早い段階から協議・調整をすること。  また、新幹線ネットワークの充実を図るため、「国土交通省生産性革命プロジェクト」に位置づけられた「地方創生回廊中央駅構想」の具体化に向け、民間プロジェクトの組成など事業スキームを早期に検討すること。

5 リニア中央新幹線の早期整備のため、大深度地下使用等に関する行政手続を引き続き円滑に進めること。

6 リニア中央新幹線の整備推進にあたっては、地域の発展に資するよう、地域事業者の活 用に配慮するとともに、駅設置に関することなど地域の意向を十分反映させること。 駅周辺のまちづくりや交通網の整備に関する支援など、地域の活性化に資するための施策を積極的に講じること。

以上決議する。
2019(令和元)年6月6日
リニア中央新幹線建設促進期成同盟会

この決議文中で引用された部分(着色は編者による)の元記事を確認した。それは2018(骨太の方針)本文の注釈として書かれているテキストの一部分であった。

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 08:47| リニア中央新幹線

2019年07月05日

第2回長野県リニア中央新幹線騒音専門委員会は大月市で開催

第2回「長野県環境審議会リニア中央新幹線騒音専門委員会」を開催します

現在建設中のリニア中央新幹線の沿線地域について、新幹線走行により発生する騒音から生活環境を保全することを目的として、新幹線鉄道騒音に係る環境基準の各類型を当てはめる地域を指定するため、第2回長野県環境審議会リニア中央新幹線騒音専門委員会を以下のとおり開催します。
日時
 令和元_2019年7月10日(水曜日)午後3時から午後4時30分まで
 (開始時間は都合により前後する可能性があります)
場所
 山梨県県土整備部富士・東部建設事務所3階会議室
会議内容(予定)
 (1)他県の指定状況について
 (2)環境影響評価書における騒音評価について
 (3)地域指定の範囲について
 (4)その他
会議は公開で行います。
【追記 2019.07.26】長野県環境審議会リニア中央新幹線騒音専門委員会、委員会ホームページに該当します。このページに第2回会議の配布資料がアップロードされています。第1回の会議録も掲載されていますので、今回の会議録も掲載されると思います。
posted by ict工夫 at 22:06| 環境影響

2019年07月03日

いのちの水を守ろう!川勝知事にエール!リニア集会 2019年7月13日

【7月13日】いのちの水を守ろう!川勝知事にエール!リニア集会

日 時  2019年7月13日(土) 13時30分〜16時00分
場 所  静岡県男女共同参画センター 「あざれあ」 第2会議室
      静岡市駿河区馬渕1丁目17-1
内 容  学習講演会
      演題 「南アルプストンネル工事と水減少問題」
      講師 塩坂邦雄氏(工学博士)
     ネットワークからの報告
      報告者 県民ネットワーク共同代表
主 催  リニア新幹線を考える静岡県民ネットワーク
参加費  資料代300円
 リニア中央新幹線をめぐり、静岡県内では南アルプスにおいて大規模なトンネル工事が計画されています。しかし、大井川の減水問題やエコパークにかかわる残土置き場の問題などから、静岡県は「環境影響などの懸念が払拭されていない」ことを理由に依然として工事着工に合意していません。
 川勝知事は6月28日の記者会見で、「南アルプスに値段は付けられない。これだけのお金を積めば工事させてくれるということを言っているわけではない」と、JR東海の金銭補償による着工容認を否定しました。
 こうしたなか、リニア新幹線を考える静岡県民ネットワークでは、リニア工事が大井川水系に及ぼす影響をあらためて学習するとともに、川勝知事が決して工事着工に合意しないことを求めて集会を開催します。
 「いのちの水を守ろう」の県民の声で、川勝知事を後押しし、リニア工事を許さない運動をつくっていきましょう。ふるってご参加ください。

この情報は冒頭リンク先の 静岡自治労連(静岡自治体労働組合総連合)広報ページで確認し記事にしました。
静岡県でのリニア中央新幹線事業の諸問題はリニア開業遅れを主題としてマスメディアでも報じられるようになりましたが、開業の遅れをもたらすであろう沿線各地での諸問題を知る人々は少ない、夢のリニア新幹線への幻想から、問題を知ろうともしていないようだと私は思っています。

静岡県リニア集会
posted by ict工夫 at 22:00| 集会・講演会