2019年07月28日

山梨県内リニア新幹線ルート、直線に変更【真夏の夜の夢】

静岡県内工事開始の遅れについて過去記事を調べながら、疲れて寝ることにしました、深夜3時を過ぎています。

◇ 山梨県内で実験線の笛吹市境川町終点から第四南巨摩トンネルまでのルートが直線だったはずの当初計画に戻る。
◇ 中央高速自動車道を跨ぐ必要は無く、甲府市立中道北小学校、中央市立田富北小学校の移転も不要になる。南アルプス市民からの提訴も取下げられる。
◇ 米倉山の県立太陽光発電施設と大容量蓄電装置はJR東海リニア事業との連携も容易になり、保守基地もこの辺りに設定可能と思える。この施設の電磁波とリニアのそれとがバッティングしなければだが。
◇ 高架橋ルートは笛吹川沿いの国道140号線道路上に建造され、地域住宅街への環境影響は減少する。中央市、市川三郷町行政は修正計画に参加し対策を進言するだろう。現ルートに関わる液状化問題も無くなるはずだ。
◇ 富士川を渡ってからの富士川町内では市民アンケートを実施し結果を公表するほど行政は問題点に真摯に対応してきた。富士川町も修正計画に参加し住居被害が最少になる町内ルートは140号線ルートの調整と合わせて検討されるだろう。
◇ このルートでの山梨県駅は曽根丘陵辺りの国道358号か身延線駅の近接地にして甲府駅との連携も図られるだろう。
◇ リニア新幹線中間駅はあくまで交通機能の結節点であり、その中間駅周囲の賑わいなどを計画する意味は無い、それを考えることは愚かと言うべきだ。身延線駅の近傍にリニア駅があり身延線駅まで歩く道筋の活性化を図るのは真っ当な対応である。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 12:36| 山梨県