2019年09月15日

リニアまんが訴訟に対して地裁に公正な判決を求める署名のお願い

私が登録しているメーリング・リストで、以下のようなメールが着信しましたのでご案内しておきます。

2019年11月5日に第6回の口頭弁論を迎える「子どもを巻きこむな!リニアまんが訴訟」に関するオンライン署名のお願いです。
 この裁判は2018年1月に、山梨県のリニア環境未来都市推進室が「リニアで変わる山梨の姿」という漫画冊子を県費1200万円を投じて15万部を発行し、そのうち11万部を県内の小、中、高校に配布した行政行為などを問題にしています。
 その冊子はリニアによるメリットのみが描かれており、本来あるべき教育現場での中立性から大きく外れたものとなっています。
 裁判ではこの行政の行為は自由裁量権の逸脱または濫用ではないかと問い、県費の賠償を求めています。
 まんが「リニアで変わるやまなしの姿」は下記の署名ページにリンクを貼ってありますのでぜひご覧ください。
 山梨以外にお住まいの方でも署名できますので、ぜひ拡散・シェアなどよろしくお願いいたします。
署名のリンク先
子どもたちの理解を誤らせるリニア漫画・STOP!行政の裁量権を問う「リニアまんが訴訟」に公正な判決を求める署名
 発信者:リニアまんが訴訟 原告団
 宛 先:甲府地方裁判所民事部
上記ページから部分引用しておきます・・・
 行き過ぎた山梨県のやり方を正し、県民の本当の利益になる行政を行うよう、制限をかけることができるのは、裁判所の司法の力です。私たちは、裁判官が勇気をもって、政治にブレーキをかけてくれるような判決を下してくれることを願い、署名集めを始めました。山梨県民に限りません。ご協力下さればうれしく思います。締め切りは 2019年12月31日 です。
「子どもを巻き込むな!リニアまんが訴訟」原告代表 川村晃生
賛同者の呼びかけ
 提訴から1年余、原告たちは繰り返しこの裁量権の範囲を書面の中で問うてきましたが、被告の山梨県はいっさいそれに答えず、法廷においては何の議論もなされぬまま結審に向かいつつあります。
 裁判所におかれましては、どうか裁量権の範囲の認定に踏み込んで、我が国の裁判史上で画期的ともいうべき判決を示され、公正、賢明なご判断を示されるよう願っております。
 「子どもを巻き込むな!リニアまんが訴訟」の公正・賢明な判決を願う市民有志の会
 代表 山梨大学名誉教授 伊藤洋
続きがあります・・・
タグ:訴訟
posted by ictkofu at 23:43| Comment(0) | 山梨県