2019年10月09日

リニア実験線車両基地で車両搭載装置の出火事故、今後の成行きに注目

後述しますが、私はこの件については最初に 2019.10.07 夜の産経新聞記事で知りました。そして翌日10月8日夜にYBS山梨放送記事から情報を得たのです。多分この報道が事件の結論になるでしょう。

2019.10.08 18:20 リニア実験線で火災 3人が重軽傷(YBS山梨放送ニュース)
 『JR東海によると、停電状態にした車両から試験データを抜き取る作業を行った後、「断路器」と呼ばれる装置を操作し、電源を復旧させたところ、断路器から火花が出たとみられている。断路器は先頭車両の床下にあり、空調などに電源を入れるスイッチの役割を果たしていた。リニア以外にも一般に使われている機器だという。』

事業者JR東海の記者発表だと思います。実験測定用の機材ではなく、「先頭車両の床下にある空調などに電源を入れるスイッチ、リニア以外にも一般に使われている機器」 だとはっきりしました。

2019.10.8 18:13 体験乗車は予定通り実施 リニア実験線火災「走行に支障ない」 産経新聞の続報も確認できました。
 JR東海によると、事故は7日午後4時5分ごろ発生。走行データ取得のために先頭車両の機器室で「作業用断路器」と呼ばれるスイッチで電源を切った後、再び入れた際に発火し、作業員の衣服に燃え移った。・・・機器メーカー社員の三重県伊勢市の男性が軽傷を負った。・・・同社(JR東海)は「火花」と説明しているが、状況からある程度の強い火だったとみられる。スイッチを入れた電源は車内照明や空調のためのもので、走行用ではないという。
出火した車両は8月30日に体験乗車に使用したという。今月(2019年10月)の体験乗車は15、16日にJR東海主催で、17、18日に山梨県主催で実施される。【編注・下記リンク参照】
体験乗車を中止しないことについて、JR東海は「走行とは無関係の機器のトラブルで走行に支障はない。車両は別の車両を使用する」としている。 改良型実験用車両の導入のため、体験乗車はその後は当面行われない。

超電導リニア体験乗車実施に関するご案内(主催:JR東海)
山梨県リニアどきどき体験乗車の実施について

「作業用断路器」 この機器のメーカーを明確にせねばいけません。当該企業からのメッセージが必要な事案です。何処でも起る火花で火傷(2名重傷、1名軽傷)という事件に対する製造業者の対応があって当然ですし、場合によっては自動車や家庭用電気機器などと同じくリコールもあり得る。国土交通省だけでなく経済産業省にも関係する事案だとはっきりしたのです。
しかし一般家庭で使われる機器では無いと思えます。製造元では販売先のリストが整理されているような事業用でしょうから、国民生活センターのリコール情報は必要無いかも知れません。
この機器がリニア実験線同様に他の鉄道交通機関などで使われているなら、それら全車両の確認になるかも知れないはずですが、それへの対応は別な話です。
【関係行政】
◇ 経済産業省 関東東北産業保安監督部 電気保安(電力安全課)のホームページ |  電気事故報告について
◇ 独立行政法人 製品評価技術基盤機構 リコール情報(2019年度)
JR東海やリニア実験線の地元行政から、この事件に関する情報発信を私は確認していません。
続きがあります・・・
タグ:報道 山梨県
posted by ict工夫 at 20:28| Comment(0) | 実験線