2020年01月14日

リニア中央新幹線・・実用技術「完成」は嘘八百(報道)

【公式】三万人のための総合情報誌『選択』- 選択出版 がサイトで公開した記事です。
JR東海がひた隠す「リニア・リスク」 実用技術「完成」は嘘八百(2019年12月号)
定期購読会員制で発売されていて 『掲載物の無断転載・複製を禁じます©選択出版』 です。
Yahoo!ニュースでは 「選択」(選択出版) が設定されていて公開記事があります。

記事の導入部で 『「超電導リニア技術はすでに実用技術として完成しています」 JR東海は、リニア特設サイトでこう明言している。』 と書かれています。
JR東海・リニア中央新幹線 のサイトで、FAQ、このページで「超電導リニア技術について」の Q.8 の回答です。
JR東海

「選択」誌はこのスタンスに対して異議をとなえる記事を公開されたと私は理解しました。JR東海の背後には国土交通省(旧運輸省)があると私は考えています。全幹法は運輸省官僚から国会議員に転進した方を主体とする議員立法だと知った時からの私の想いです。
以下、記事から項目のみ記録しておきます。
「すれちがい実験」さえしてない
 この項には車両の「電源問題」、「クエンチ」についても触れられています。
 人体への電磁波の影響については、非常時の乗客避難の時に問題はあるだろうとの見解。
財政投融資の詐取か
 この項で 『経路勾配も最大四十パーミルに制限され、鉄輪式車両が通行可能。つまり、超電導リニアの頓挫を織り込んだ「保険」が準備されている』 と書かれていたので私は驚きました。
 そして、『なぜかメディアは、こうした超電導リニアの「危うさ」に口を閉ざす。・・・』・・・『リニアではなく、JR東海の暴走を止めなくてはならない。』 と記事は終っています。

リニアモーターカーの技術について私は未だに学習不足ですが、この記事に書かれた問題点は私も注目している事です。
そして 『トンネルの大きさは、東海道新幹線の車両が通行できるようなサイズで作られており、経路勾配も最大四十パーミルに制限され、鉄輪式車両が通行可能。』・・・と書かれていてビックリしたのです。
40パーミル ‰ はリニアモーターカーだから走行出来るのだと何処かで読んでいたので、私は普通の鉄道では走れない勾配をリニア新幹線は走れるのだと思い込んでいました。
確認したら富士急も紹介されていたので納得しました 全国登山鉄道‰会 『富士急行 - 大月 - 河口湖までの26.6kmで約500mの高低差を登り、最急勾配は40‰』
こんな事に限らず、私の勘違いで誤解している点がまだまだあると思えますので、仕事の合間に少しずつでも情報整理をしていきたいと思います。
posted by ict工夫 at 00:11| リニア中央新幹線