2020年01月19日

国土交通省が静岡工区の進め方に係る静岡県への回答書を公表した

リニア中央新幹線静岡工区の進め方に係る静岡県への回答書の公表(国土交通省 令和2_2020年1月17日)

令和元_2019年12月25 日付「リニア中央新幹線静岡工区の進め方について」において静岡県から要請があった事項につきまして、本日付けで国土交通省より静岡県に回答いたしました。
回答については、別添資料をご確認ください。

「リニア中央新幹線静岡工区の進め方について(回答)」(別添 PDFファイル)

参考・令和元年12月25 日「リニア中央新幹線静岡工区の進め方について」(静岡県からの要請書が画像化されたPDFファイル)

静岡県には リニア中央新幹線建設工事に伴う環境への影響に関する対応 と題されたページがあります。(更新日:令和2_2020年1月16日)
このページに リニア中央新幹線建設に係る大井川水問題の現状・静岡県の対応・第2版(2020年1月16日現在)(PDFファイル)もアップロードされています。

このPDFファイルの p.36〜37 「今後の進め方」 「JR東海との科学的根拠に基づく対話を引き続き実施」の項には以下のように記されています。
<県の姿勢>
① 全体として「地域の理解と協力」を得るための前提となる「わかりやすい説明」をしようとする姿勢はJR東海から見て取れるが、まだ「情報が不足しているところ」、「環境影響評価が不十分なところ」が多く存在する。
JR東海には、よりわかりやすく、また環境への影響を回避・最小化・代償するための具体的対策について検討を求める。
② 特に、以下の3点については、より深い対話を進める。
 ・中下流域の地下水への影響(有害物質の管理を含む)
 ・県境付近のトンネル工法による工事中の湧水の大井川水系外への流出の問題
 ・沢枯れ、河川流量の大幅減少による、希少種等の生息環境の大きな影響の回避

そして、p.37  国交省側の対応については、
 ・(2019年)10月24日、国土交通省事務次官が知事を訪問し、「国土交通省が交通整理役になること」を申入れた。
 ・同日、知事は事務次官に対し、これまでの県とJR東海との対話の成果(「中間意見書」「引続き対話すべき事項」)について、どのように評価しているのか、見解を文書で提出することを依頼した。
 ・国土交通省技術審議官(鉄道局)が、11月6日〜22日流域8市2町の首長を訪問。その際、流域の首長からは、「国交省の公平性や中立性の担保」を求める意見が伝達された。(島田、焼津、藤枝、菊川市長)
 ・また、12月25日、副知事が国交省だけでなく、環境省や農林水産省など、水資源・自然環境に関する省庁を挙げて対処することを文書で要請した。
 ・このような状況を踏まえ、現在新たな枠組を国土交通省が検討中。
と記されて終っています。
いみじくも、この静岡県資料が更新・公開された 2020年1月16日の翌日に国土交通省が回答書を公表しました。

静岡県資料や国土交通省回答書全文は後日Webサイトで整理する予定です。
posted by ict工夫 at 09:00| 静岡県