2020年02月08日

大井川リニア水問題は補償申請に期限は無く補償するとJR東海が明言

JR 水資源影響期限設けず補償(NHK静岡 2020-02月07日 21時02分)

リニア中央新幹線をめぐり県議会自民党は静岡工区の着工を県が認めていない状況を踏まえ事業主体のJR東海を招いた勉強会を開き、JR側からは「水資源に影響が出た場合は、期限を設けずに補償をする」として水資源への影響に対する地元の懸念を払拭したいという考えが示されました。

リニア中央新幹線の本体トンネルの工事について、大井川を流れる水の量の影響への懸念から県が着工を認めていない問題で、県議会自民党は(2020年2月)7日、JR東海の宇野護副社長らを招いて事業者としての考え方を聞く勉強会を開きました。
非公開の会合で宇野副社長は、「水資源に影響が出た場合は、『工事完了から何年以内』という期限を設けずに補償をする」と述べ、大井川の水量への長期的な影響に対する地元の懸念を払拭したいという考えを示したということです。
その上で、リニアが開業すれば東海道新幹線では「のぞみ」の必要性が薄まり、静岡県内に停車する「ひかり」や「こだま」を増やせる見通しであることを説明したということです。
会合の後、宇野副社長は「人が住む下流域の水量に影響は出ないと考えているが、万一の際の対応を示してほしいという要望を受けて補償の考え方を説明した」と述べました。
一方、県議会自民党の野崎正蔵政調会長は「水が減った場合にどうするかを表明してもらったのはよかった」と述べました。
国土交通省・公共事業に係る工事の施行に起因する水枯渇等により生ずる損害等に係る事務処理要領の制定について(最近改正平成15年7月11日国土交通省国総国調第48号)【PDFファイル】
(費用負担の請求期限)
第11条 費用の負担は、用水使用者から当該公共事業に係る工事の完了の日から1年を経過する日までに請求があった場合に限り、行うことができるものとする

自由民主党静岡県支部連合会
【以下の記事があります、日付は記事の update 日】
 2019-10-04 『リニア中央新幹線工事に関する地元自治体の意見聴き取り(第1日目)』実施 川根本町市〜掛川市〜袋井市、訪問/リニア中央新幹線の建設プロジェクトでは、南アルプス地中深くを通過するにあたって、トンネル工事が行われます。/アルプストンネル本線は総延長25.0km、その内静岡工区は延長8.9kmとなっていますが、この8.9kmはただの8.9qにあらず。/この工事が及ぼす影響に対しては、細心の注意と大いに敏感であらねば。
 2019-10-11 『リニア中央新幹線工事に関する地元自治体の意見聴き取り(第2日目)』実施 島田市〜藤枝市〜牧之原市、訪問/一言で大井川水系と言っても、表流水、伏流水、地下水等々、大自然の水循環には様々多様な因果関係があるわけで…。/今、JRと静岡県の話し合いは始まったばかりですが、冷静に県民が納得できる解を求めて。
 2019-10-21 『リニア中央新幹線工事に関する地元自治体の意見聴き取り(第3日目)』実施 菊川市〜御前崎市、訪問
 2019-10-23 『リニア中央新幹線工事に関する地元自治体の意見聴き取り(第4日目)』実施 焼津市〜吉田町、訪問

自民党静岡のサイトを確認しました。過去記事がありましたが内容は無いに等しいです。しかし今回の会合記録は数行のメッセージで済むものではないので、2月12日以後の発信に期待したい。議員諸公からのネット発信も確認してみたいと思います。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 23:25| Comment(0) | 静岡県