2020年07月09日

リニア中央新幹線の早期開通を求める山梨県議会意見書

◇ 山梨県議会・リニア中央新幹線の早期開通を求める意見書(2020年6月定例会記録)

 JR東海が2027年(令和9年)の開業を目指すリニア中央新幹線について、静岡工区の着工の目途が立たないことから開業延期と計画の見直しが余儀なくされている。リニア中央新幹線は、東京、名古屋、大阪の三大都市圏を短時間で結ぶだけでなく、中間駅となる地方都市の活性化につながる国家的プロジェクトである。

 山梨県にとって、リニア中央新幹線の開業は、移動時間を大幅に短縮し、沿線地域間の交流の拡大を図るなど、社会、経済、文化、産業などあらゆる面で飛躍的な発展をもたらすものと期待されている。また、災害リスクの観点からも、リニア中央新幹線は東海道新幹線の代替輸送手段の役割を担い、危険分散を図ることが期待されており、山梨県を東京都民の避難地域として位置付け防災のバックアップ機能としての役割を果たすことも期待できる。さらに、山梨県では、平成26年に大雪災害に見舞われ、首都圏との交通網が遮断されたが、リニア中央新幹線があれば、山梨県と首都圏の物流の役割も期待される。

 こうした中、山梨県は本年3月にリニア中間駅を活かした経済活性化策の指針となる「リニアやまなしビジョン」を策定して、7年後の開業に向けて取り組みを進めているところであり、開業延期は山梨県を初めとする地方都市に大きな影響を及ぼすものである。

 JR東海と静岡県との間では、工事による大井川の流量減少など環境面での懸念が大きな課題となっているが、国家的な交通施策の観点から、国が前面に立ってこの課題解決に取り組むべきと考える。
 よって、次の事項について、特段の措置を講じられるよう強く要望する。

リニア中央新幹線の2027年(令和9年)開業が実現されるよう、JR東海と静岡県が抱える諸課題の解決に国が前面に立って取り組むこと。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
令和2年7月3日 山梨県議会議長
提 出 先
衆議院議長  参議院議長
内閣総理大臣 総務大臣
財務大臣   文部科学大臣
厚生労働大臣 経済産業大臣
提 出 者  山梨県議会議員       
  皆川  巖  浅川 力三  望月  勝 
  河西 敏郎  白壁 賢一  久保田 松幸
  大柴 邦彦  土橋  亨  古屋 雅夫 
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 20:00| 山梨県