2021年11月16日

南アルプス自然環境とリニア中央新幹線工事の関係

2021.11.16 リニア新幹線と標高3000mの自然の気になる関係 生物多様性維持という観点で懸念を払拭できるか by 河野 博子 : ジャーナリスト(東洋経済)
 この記事を知りました。2020年当初からコロナ禍の状況をフォローするのに注力して来て東洋経済も確認していなかったのですが、リニア関係のFacebook投稿で知りましたので、久しぶりに全文拝読しました。
記事の末尾に書かれています・・(強調は引用者)・
 登録から10年ごとに審査を受け、“合格”すれば登録が継続される。地元自治体が審査を受ける際の書類を作成し、文部科学省を通じてユネスコに提出する。南アルプスの場合、2023年には書類を完成させ、文科省に出す必要がある。その際、リニア中央新幹線の建設事業によりどの程度影響が生じるのか、事業者、政府、県をはじめ地元自治体はどのように対処するのか、明確に示さなくてはならない。
(中略)
 JR東海は、南アルプスユネスコエコパークが10年目の認定継続審査に通るようなデータを示せるのか。研究者や登山者、市民の懸念を払拭できるのか。世界で自然生態系、生物多様性の保全への懸念が高まる中、関心は高まりそうだ。
春夏秋冬の状況を調査する必要があるなら1年間かかるでしょうから、その前(2022年中)に南アルプス静岡工区の本工事を始められるのでしょうか。
そもそも現行の Cルート が決定される段階で確認されていなければならなかった問題ではないのかと、素人の私は感じます。
リニア中央新幹線事業は何故こうなったのか、おそらく日本の政治(政府・国会の組織態様)に深い関係があるだろうと感じた事が、私が縁もゆかりもないリニア中央新幹線事業に関心を抱いた理由でした。 何から何を感じたのか、当時確認した資料を保存したハードディスクを思い出し見つけ出せたら整理しておきたいと思っています。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 15:00| 環境影響