2022年06月03日

大井川の水を守る62万人運動、6月2日に国交省・環境省と対面、後日文書回答あり

この記事は 2022-05-29 掲載でしたが、2022年6月2日開催された2官庁との会合について、参加県民から Facebook 記事で暫定報告がありましたのでリンクだけしておきます。
南アルプスとリニアを考える市民ネットワーク静岡
 南アルプスとリニアを考える市民ネットワークの報告です
大井川の水を守る62万人運動
 リニア交渉(林克さんのレポート)・・このレポートを転載(大井川の水を守る62万人運動)
  【Facebook 記事には読者コメントがあります、転載記事で読者意見も異なる】
リニアの政府交渉を行いました。一次レポート。(リニアを考えようコミュニティ)
  (本日、国交省と環境省との政府交渉に参加しました。 国交省からオンライン配信を断られてしまい、できなかったのですが、回答は後日文書で頂けるとの約束です。)

2022.05.27 大井川の水を守る62万人運動_Facebook
 2022年6月2日(木) 10時〜12時 衆議院第一会館 第四会議室
国土交通省有識者会議で中間報告書が出され、先月4月26日、2年ぶりにJR東海と静岡県環境保全会議「水資源・地質構造専門部会」の会合がもたれました。
大井川の水と南アルプスの自然に関心を持つ私たち市民・住民団体にとって、新たなステージが始まったと認識しています。
そこで、南アルプスとリニアを考える市民ネットワーク静岡 と「大井川の水を守る62万人運動を推進する会」の2団体で、国交省と環境省に質問書を送付しました。 回答は6月2日に文書と直接ご説明を衆議院会館で頂く事になりました。
【質問書の内容は長文ですから、上記リンクした Facebook をお読み下さい。】
大井川の水を守る62万人運動
 
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 08:00| 静岡県