2008年12月25日

リニア中央新幹線は「直線」

2008年12月24日、国土交通省サイトで中央新幹線東京都・大阪市間の調査について全国新幹線鉄道整備法第5条第1項に基づき、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構及び東海旅客鉄道株式会社に対し、平成20年12月24日付けで、下記のとおり調査を指示しました』
という報道資料を確認していました。早いニュースでは24日中に、多くは25日の記事として関連情報が読めました。
国土交通省のページでは以下のように書かれています。

1.調査事項
 全国新幹線鉄道整備法の趣旨にかんがみ、ルート、駅等に関し、地域と調整を図ることを前提とし、
 下記(1)〜(4)の各事項について調査を行うこと。
  (1) 輸送需要量に対応する供給輸送力等に関する事項
  (2) 施設及び車両の技術の開発に関する事項
   (調査に当たっては、安全・防災対策に関し、関係省庁との調整を図ること)
  (3) 建設に要する費用に関する事項
  (4) その他必要な事項

2.今回の指示に係る調査報告書の提出時期
  1.に基づく必要な調査を終え次第、提出すること。
 
3.その他
  本調査については、両者協議のうえ調査の実施計画を提出するとともに、協力して調査を実施すること。

私はこの記事を読んだ時に、「今回の指示に係る調査報告書の提出時期」が定められていない事を訝しく感じました。2025年開業を目指すということが繰り返し報じられていたように思います。調査結果によってその後の具体的計画が決まっていくのですから、逆算日程からはじき出した調査のデッドラインを決めておかねば計画策定ができない、それなのに何故期限を切らないのかということです。
JR東海のニュースリリースでは「可能な限り早期に報告できるよう努めてまいります。 」としています。

幸いな事にこれについては疑問が解消しました。読売新聞長野版に、「これまでに建設された新幹線の調査指示の場合、報告提出期限が設定されたが、今回は長野県が直線ルートに反対していることに配慮し、期限設定が見送られた。」とありました。
信濃毎日新聞では、「調査指示に先立ち、自民党のリニア特命委員会は都内で開き、調査指示の内容について国交省の説明を受けた。堀内光雄委員長は会合後、JRと長野県などとのルート調整について、地元の意向を重視する必要性を強調。「あまり長引くようなら、党としての取り組みを辞さない」と話し、場合によっては特命委が仲裁に乗り出す可能性も示した。」と書かれています。朝日新聞「今月16日に同新幹線に関する政府与党合意が得られるまで、4項目の調査指示を先送りしていた。」と書いていました。

山梨県選出の堀内光雄議員のお名前は存じていますし、リニア開通に熱心に活動されている事もニュース等で知っています。国土交通省の指示はおそらく関係先との擦り合わせの済んだ結果として「期限を切らず」となったと理解しました。後はセレモニーとアリバイ作りが繰り返されて、長野県に対しては別件の大型事業が動くこととなりリニアは「直線」、山梨県すらもしかすると素通りの可能性もあるのか?−−日本経済新聞によれば、『JR東海はリニア開業で、首都圏―中部圏の所要時間を約40分と、新幹線「のぞみ」より約1時間短縮することを目指している。その前提となるのが南アルプスを貫通する直線ルートだ。』

中間駅は地元負担としてリニアに停車して貰うためには、乗降客予測シミュレーションが必須です。私も今後のニュースに注意していきたいと思っています。建設費約5兆1000億円で日本が息を吹き返す事を祈りたいと思います。私はリニアに乗ることは無いでしょうが、ニュース検索− リニア中央新幹線をセットしておきます。おそらく既に決まっているはずの「報告のデッドライン」をどのメディアがスクープするかミモノでしょう。

2008年12月25日、山梨リニア実験線の延伸工事で残り3工区を公告、2009年春にも着工(日経BP)
鉄道建設・運輸施設整備支援機構は12月18日、山梨リニア実験線の延伸工事のうち、同機構が担当するエリアで未発注だった延長約4.4kmの区間を、三つの工区に分けて一般競争入札で公告した。建設現場は山梨県笛吹市付近で橋の建設が中心だ。
 公告したのは以下の三つの工事。工区延長が1655mで工期が27カ月の「山梨リニア実験線、浅川橋りょう他」、工区延長が1986mで工期が30カ月の「同、小山高架橋他」、工区延長が765mで工期が31カ月の「同、金川橋りょう他」だ。開札日はすべて2009年3月3日で、2009年度早々から工事を始める予定。

自分で確認できた報道記事から整理したのですが、各記事について前ページに記録してあります。

posted by ict工夫 at 20:00| Comment(0) | リニア中央新幹線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。