2009年01月16日

工業団地造成とリニアの残土

2009年01月16日の山梨日日新聞に、県庁訪れ直接確認 中央市議17人異例の“研修” 工業団地計画 補助制度チェックという記事がありました。この記事を読んで私は「高部」という地名に反応しました。
2008年12月24日に「甲府市の新工業団地造成」を書いています、これは甲府市や山梨県内の工業団地について知りたいと思って作りはじめた最初の資料ページです。ここに食品工業団地について書いたので、中央市高部という地名が頭に残っていました。山梨日日新聞記事から引用・編集しておきます。中央市市議会ホームページには、「平成21年第1回臨時会が開催されます。」がありました。「議案第3号 平成20年度中央市工業用地整備事業特別会計予算」のことでしょう。暮らしの便利帳−経済・産業などから見ていっても具体的な計画はわかりませんが、平成20年第2回定例議会における市長の所信表明『豊富地内の高部地区農村地域工業等促進事業用地への企業誘致の促進を図るため、今議会に農地の不動産鑑定評価のための予算及び造成予定地の地質調査のための予算を計上いたしました。』とあるのが該当するのかもしれません。

中央市が計画している同市高部の工業団地造成計画で、中央市議会は1月15日、県から造成に関する補助制度について説明を求める研修会を開いた。市側の提案理由について説明不足と受け止める議員が多かったため、県に直接確認する異例の行動に出た。
 県産業立地推進課やリニア交通課の職員から、工業団地造成に関する利子補給制度やリニア実験線のトンネル採掘の残土利用について説明を受けた。
 研修後、ある市議は「リニアの残土は早期に計画しないと利用できなくなる。今造成したいという市の考えは理解できる」と語った。ただ「財政的に有利な制度であっても不況下、企業が誘致できるか不透明な状況では団地を造るべきではない」と、反対する議員もいた。
臨時会初日の13日、田中久雄市長が同計画について「3年間利子を補助してもらえる」「残土を優先して利用でき、節約が図れる」と提案理由を説明したが、慎重論が相次いだため会期を延長し、審議を続けていた。

もう一つ気になったのが「リニア中央新幹線の残土処理」です。先日、リニア中央新幹線は「直線」という記事を書いたばかりです。土木工事について何も知識がありませんが、甲府市の新工業団地造成計画があるなら同様にどこからか残土を持って来ないといけないのかな、そんな事に思いが飛んだからでした。リニアの東京区間は大深度地下だという記事を読みました。その残土でまた東京湾を埋め立てるのでしょうか(^o^)

posted by ict工夫 at 17:42| Comment(0) | 山梨県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。