2013年06月12日

ただの素通りの場所なのかな、リニア長野県説明会

中央新幹線計画の説明会(長野県)」開催
日時 平成25年6月12日(水)14:00〜15:30(受付時間 13:30〜)
会場 飯田文化会館 ホール (長野県飯田市高羽町5-5-1 TEL:0265-23-3552)
申込締切 6月5日(水)17:00
問い合わせ先 JR東海 環境保全事務所(長野) TEL:0265-52-6511 / リニア中央新幹線建設促進長野県協議会事務局 長野県企画部交通政策課リニア推進振興室 TEL:026-235-7016
主催 東海旅客鉄道株式会社 / リニア中央新幹線建設促進長野県協議会
後援 リニア中央新幹線建設促進期成同盟会
広報ページ−「中央新幹線計画の説明会(長野県)」開催のご案内

中央新幹線計画の説明会(長野県)を取り上げたテレビ朝日、6月12日夕方のニュース
中央新幹線計画の説明会(長野県)

6月12日(水)、マイクロソフトの月例更新の公開日で昼前から作業を続けていて、やっと一段落した夕方、ナガラテレビの音から「リニア」という声が聞こえて目をやりました。
平成25年6月12日(水)14:00〜15:30 飯田文化会館で開催されたJR東海+リニア中央新幹線建設促進長野県協議会の説明会を取り上げていましたので、数分程度の中味でしたがマウスを持ち替えて見入っていました。「スーパーJチャンネル」という番組です、キャプチャーした画像でここに掲載しても良さそうなのは渡辺宜嗣さんと大谷昭宏さんだけが映っている画面かと。

渡辺さんも大谷さんもリニア計画に批判的というのではなくて、たんたんと飯田市の何人かの方の声を伝えているものでした。
「質素すぎるリニア、地元落胆も」 「切符売場も待合室もない」 「ただの素通りの場所なのかな」 というキャプションがテレビ朝日報道担当の理解なのかと思います。

今回の飯田市での説明会には長野県下伊那郡大鹿村の河本明代議員が参加されたはずです、 「美しい村」の議員日記で、『6月12日の定例会初日の午後には、飯田市でJR東海と期成同盟主催のリニア説明会がある。議員も全員で参加する予定。』 とのことです。

リニアのことはこのブログのウェブページで整理しながら、いずれホームページの方でもまとめるつもりですが、山梨県も甲府市でも5月13日の説明会に参加された方の感想は、小越智子県議会議員の記事しか気付きませんでした。他都市の河本議員の記事から山梨での様子を知ることができたのもありがたかったです。

私が小越さんの記事に投稿させていただいたコメントは次のようなものでした・・・・『甲府盆地を横断する土管型リニア路線を様々な角度から見た画像をコンピュータ・グラフィクスで処理、県庁の担当課が早急に作成して公開することは必要です。 それにより周囲の日照問題も予測が出来るでしょう。路線の北側をどの範囲まで農地買収したのか、するのか、そういうデータも明確にした方がよいですね。』・・・ウェブページに書きましたが、リニア用地全体がどれくらいで、それに対する固定資産税はどのように算定されるのか・・・なんて税務もシロウトの私が勝手なことを考えております。

5月13日に甲府市での説明会と同時に開催されたリニア中央新幹線建設促進山梨県期成同盟会の定期総会では、リニア駅周辺整備を進めるため国に交付金制度の創設を求める決議が採択されたとのことです。この情報は堀内詔子議員の記事で知りました。私は堀内氏の記事を読んだとたんに思わず笑ってしまいました。同じく中間駅が出来る他都市の事例はどうなんでしょうね。 「リニア乞食」 これは思っても書いてはいけない禁句かな。

posted by ict工夫 at 23:33| Comment(0) | 長野県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。