2013年06月22日

リニア建設の残土処理、山梨県の事例

東濃リニア通信で2013年06月22日の記事、トンネル工事による膨大な残土は環境破壊となる! で記載されていたことを引用しメモしておきます・・・

甲府南インター近くの桃畑と宅地に囲まれた広大な谷間に、実験線延長工事で出た土がダンプで引っ切りなしに運び込まれていました。これは宅地に造成するという名目で県から40億円もつぎ込まれているとの事。 松島信幸さん(地質学者)は『排土はもろいので住宅を建てると液状化などの危険がある』と指摘しています。 との記載が 「リニア新幹線を考える宮前の会」 の冊子「問答集」 にあるとのことです。
私は2009年1月に、工業団地造成とリニアの残土 という記事を書いたことがあります。山梨県の産業構造などにずっと関心を持ち続けていますが、工業団地のことも未だ何もわかっていません。(陸山会事件と3.11によって優先する関心空間が広がってしまったからです。こういう国家の基本問題を放置したままでは、いくら努力しても安全・安定・安心をベースにした地域の活性化などありえない。私はやっと気が付いた。)

県費を投じて住宅団地造成にリニア残土が使われているという意味がわかりません。残土を引受けているのでJR東海から処理費を受け取る、団地造成予算はその分だけ減額できるのが普通じゃないかと感じます。
その住宅団地は販売されて少なくとも収支トントンになる、甲府市中心市街地活性化事業での地権者団体による再開発ビル(ココリ)建設事業への税金投入と同様な構図になるものでしょう。(投入した税金は活性化した地域からの税収増加で未来にはトントンになる。いわば地方交付税不交付団体を目指した先行投資。)
いつか時間が出来た時にでも県庁サイトを調べておきます。税金を使ったらその経緯と結果は報告されているはず。

工業団地造成の記事以前に書いたものとしては、2008.12.25 リニア中央新幹線は「直線」、この頃には大規模プロジェクトの進め方、システムに関心があって、リニアに関係する多くの問題については大した知識はありませんでした。
それより前には2本しか無いはずです・・・・
2007.06.06 リニア営業運転
2007.05.15 リニア試乗会終了
 どちらも情報の扱い方に関心を持ったから書いたのだったと、ネットオタクの私は振返ります。

地元新聞紙とテレビ、そして地域の集まりが主たる情報源で、日常は生活・仕事に忙しい人々が、生活が向上しますと叫びながら流れてくるカネと太鼓のイケイケドンドンに同調するのは仕方ないことかも知れません。原発誘致が進んだ地域も同じような状況にあった、現在でも同様なのだと感じます。
その結果がもたらしたものは、今の、これからの、日本、地域を滅ぼしつつあるように私は感じています。でもそれも仕方ないことなのです、我が身を振返るといつもそう思います。

以下は gooブログに掲載した時に戴いたコメントと私のレスの転載です。

kabochadaisuki 2013/06/22 23:36:51
こんばんは
いずこも残土の問題をどのように考えているのか、よくわかりませんね。
あまり知られていないのかもしれませんが、静岡県部分にも残土が発生します。大井川源流部の二軒小屋という、南アルプスのど真ん中に計画されている斜坑からです。
簡単に試算したら東京ドーム一杯分ぐらい出てきそうなのですが、これをどうするつもりなのでしょう。周囲は完全な無人地帯の天然林。険しい地形条件からも自然保護上からも、埋め立てる場所は皆無。運び出すにしてもマトモな道はなく、しかも平地までは曲がりくねった道を70q以上。
どう考えても処分方法の見当がつきません。環境アセスメントで、どう「環境に配慮」した処分方法を出してくるというのか、ある意味で興味深いところですが…。
http://park.geocities.jp/jigiua8eurao4/zando/zando-problem.html
ictkofu 2013/06/23 13:17:20
コメントありがとうございます。ページを拝見しました。
残土処分を考えると、南アルプスでのトンネル建設は不可能ではありませんか?
2013.6.18 改訂 http://park.geocities.jp/jigiua8eurao4/zando/zando-problem.html
私はトンネル工事のことなど全く知りませんが、
まず甲府盆地でトンネル入口までのリニア線路基盤を完成させておいて、
トンネルを掘りながら出た土石はその線路で運び出すのかな、なんて想像しています(^o^)
そうすれば山岳道路は不要で全て線路で運んで甲府盆地に降ろしてから、どこかに運べばよいわけです。
昔の映画で見た石炭を掘り出すのと同じ方法があると思いました。
kabochadaisuki 2013/06/23 19:00:13
二軒小屋や大鹿村への影響を避けるとなると、それしか思いつきません。
ですがその順序だと、山梨県早川町新倉〜長野県豊丘村という、南アルプス本体の約30q分は両側2ヶ所からしか掘れないことになります。
トンネル工事は、現在の技術でも1kmを掘るのに1年、難工事になると2年近くかかっているようです。すると2014年から彫り始めても完成は2030〜40年頃となり、2027年開業は絶対に不可能!?
こうなっちゃうと思うのです。JRはこれを避けるために、大井川源流に斜坑が不可欠だといっているんですね。国交省の資料や議事録でも、「斜坑や横穴をたくさん作れば工期を短縮できる」などとされています。http://www.mlit.go.jp/policy/shingikai/tetsudo01_sg_000064.html
つまり、残土が出てくる場所の問題はハナから無視できるものとしている…。関係者はそういう意識ではないのでしょうか。(すいません、話が脱線してしまいました)
ictkofu 2013/07/23 20:37:11
世界遺産地域へのトンネル建設却下、ニュージーランド
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2956351/11047241
2013年07月17日 19:51 発信地:ウェリントン/ニュージーランド
この記事は、AFPBB News の環境・サイエンス・IT > 環境 カテゴリーに収録されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/jigiua8eurao4/11666009.html
コメントいただいている kabochadaisuki さんのブログを訪問していて気が付きましたので、元記事のAFPBB も確認してみました。
トンネルを建設した場合に国立公園内に捨てられるがれきの量が50万トンに上る、それでニュージーランド政府が計画を却下したものです。
kabochadaisuki さんはリニアではどれくらいの残土(がれき)が出るのかを試算してコメントされています。ご参照ください。
posted by ict工夫 at 16:16| Comment(0) | 山梨県
この記事へのコメント