2013年07月17日

リニア中央新幹線の路線を予想した Google Map

山梨県が要望しているリニア甲府駅を建設する地域
要望しているリニア甲府駅地域

2013年7月18日に開催されたリニア駅周辺整備検討委員会第1回検討委員会の資料図から引用しました。赤枠の下(南側)の長辺が Google Map の予想路になると思えます。
Google Map の扱い方を知りませんが、駅を環状道路の北側にずらした時には、実験線の西端から駅を頂点とする緩やかなカーブ(R=8000m)を描いていくようになるのでしょうか。【2013.07.24 追記】


リニア甲府駅の位置予想とその近傍〜リニア中央新幹線ルート案(2013.04.30改)
リニア中央新幹線ルート案

駅は大津町だとの話を読んだ記憶があるので、環状道路南部区間と中央道の間かと思っていたのですが、アイメッセやNECを潰して通過し、身延線小井川駅の手前、玉穂町に駅が想定されている。その先は中央市役所を潰して釜無川を渡る・・・
山梨県庁リニア推進課の公式図ではありません、どなたか民間の方が製作された予想図のようです。
実験線のルート図に間違いが無ければ、その先の想定も確度が高くなると思えます。山岳地域ではボーリングが行なわれている場所を踏まえた想定ルートのようです。
液状化マップと重ねてみるとか、土管が乗った20mの高架がこの地域に覆いかぶさるCGもどなたか作成してくれるとありがたい。

YouTube リニア中央新幹線 東京-名古屋ルート案 動画 4分42秒 公開日: 2013/03/27
JR東海が計画しているリニア中央新幹線のルート計画をGoogleEarthに描いてみました。 正式なルートは2013年秋に発表されますが、現在分かっている地質調査のためのボーリング位置などを参考にルート案にしています。

どちらも初めて見た情報ですが驚きました。今の時代は恐ろしいものです。
山梨参院選、リニア推進派の候補の皆さんは既にご存じかも知れませんが、情報は共有しないといけないと思いましてブログに残しておきます。
2013年秋の公式発表まで待っていると家族の安全、安心の確保におくれを取るとお感じになる方は、眼光紙背に徹して、これまで公式に発表された情報を読破なさってください。私の記事はシロウトの戯れ言でもネットには問題に詳しい方々がお書きになった資料が沢山あります。知らずにいて後から悔やむのは一番口惜しいですね。

posted by ict工夫 at 05:18| Comment(0) | リニア中央新幹線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。