2015年05月08日

山梨県富士川町大柳川渓谷は現状保全されるのだろうか

大柳川「おおやながわ」という川の名前はリニア問題をフォローしている時に知りました。しかし、リニア中央新幹線工事の影響を受けるかも知れない川があるということを知っただけで、それ以上の情報確認はしませんでした。

国土交通大臣が認可したら、その後はどうなるか(2014-09-07)記事で触れたのですが、環境影響評価としては「水利用は、水道、温泉、農業用水など」ということなので、それだけの川に過ぎないと思っていたからです。実験線で発生した問題と同様にカネで解決されるのだろうと・・・
再掲しておきます・・・

http://www.pref.yamanashi.jp/shinchaku/sinkan-som/2403/rinia_jyunbisyo_tijiiken.html から横内知事の意見書は読み出せるので、該当箇所と思える部分を抜き出してみた。環境問題は苦手なので引用が違っていたら読者が自身で確認していただきたい。

(意見概要PDFファイル 7/12)
富士川町の大柳川上流と山岳トンネルの交差部分の土被りは 100m 未満 と小さい。一 方、水利用は、水道、温泉、農業用水など幅広いため、当該地域に係る記載の充実、周辺の水資源保全の検討を行いその結果を評価書に記載すること。
(意見書PDFファイル 24/50)
(4 )富士川町大柳上流及び支流における水資源への影響把握
特に、周辺の水道水源、温泉源への影響の把握は、当該地域の水利用において重要であることから、次の事項が明かになるよう、当該地域に係る記載を充実させるとともに、周辺の水資源の保全について検討し、検討の経緯及び結果を評価書に記載すること 。

JR東海の補正版評価書は−http://company.jr-central.co.jp/company/others/assessment/document1408/yamanashi/index.html から読み出せる。静岡のブロガーさんのように、ここから読み解く能力は私には無いが、本編−水環境 PDFファイルで 8-2-4-24 ページに書かれている評価結果 「水資源に係る環境影響の低減が図られていると評価する」 が該当すると思える。

ところが2015年5月8日夕方、仕事しながら地元テレビを点けておいたら富士川町大柳川渓谷を取り上げました。驚きました、問題は水利権などではない、こんな素晴らしい場所だったのか! 仕事の手を休めて何枚もキャプチャーしたのですが、一枚だけ掲載します。

大柳川渓谷

その後で、検索してみたら続々出てきた記事から3件リンクしておきます・・・
◇ 富士川町観光案内 > 自然・名所 > 大柳川渓谷
◇ 富士の国やまなし観光ネット−大柳川渓谷・観音滝の紅葉
◇ 富士川町観光物産協会−大柳川

UTY テレビ山梨は渓谷美が失われることを見越して記録したのだろうか・・・などと思ってはいけませんね。リニア開通後に全国各地から大勢のお客様が大柳川渓谷を訪れることを期待したものだったのでしょう。
上野原市秋山の「王見の滝」についても、過去と現在を比較した上野原市公式情報を伝えてくれるとありがたい。

【同じ記事を山梨ブログに掲載して戴いたコメントの転載です。(山梨ブログでは記事を閉じました)】
かぼちゃだいすき 2015/05/09 22:26:12
大柳川は「おおやながわ」と読むのですか。「おおやなぎ」と読んでおりました。恥ずかしい。。。 大柳川については、「流量予測結果を評価書に記載せよ」という県知事意見をJR東海が無視し、それを国交大臣も容認し、さらにそれを県知事が容認しているわけでして、3重に「行政指導無視」が続いています。どうせ、表に出せないような試算結果になり、慌てて裏で口合わせでもしたのでしょう。
適切な原告さえ選べば、裁判で環境影響評価法上での違法性を問えるかもしれないし、そこまでしなくとも、県議会等で県知事の姿勢を問われれば、知事はJR東海に情報提供を命じる必要に迫られるような問題なんですけど。
山梨県にも、リニア計画のことに疑問を投げかけている方は大勢いらっしゃると思いますが、この大柳川と、早川芦安連絡道路の2点を、どうしてスルーしているのかと、前々から不思議に思っておりました。
さりげないニュースであっても、このように気に留めて取り上げてくださることによって、少しでも多くの人の関心が得られることを期待します。
http://blogs.yahoo.co.jp/jigiua8eurao4/13196332.html
ictkofu 2015/05/09 23:50:33
地域の底力とは議会の力のこと
かぼちゃだいすき さん、メッセージありがとうございます。
私がこの件に気付いたのは貴方のお蔭なのです。
http://blogs.yahoo.co.jp/jigiua8eurao4/13196332.html
「山梨県 大柳川の流量予測はどうなっている?」2014-09-10 のまとめ記事でした。
大柳川の名前は頭に残っていたのでテレビニュース番組で気付いたのです。
短時間の放映でも、その何十倍もの記録映像から編集されたものと思いますから、テレビ山梨の心ある人々がリニア工事による環境破壊に警鐘を鳴らしたのだろうと思っています。
そこまで深読みする行政マンや議員が山梨県政にいるかどうかはわかりませんが・・・
カネの力では無い地域の力とは何か、自分はITを通じてそのことを考え続けています。
posted by ict工夫 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/160616934
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック