2013年09月11日

9.11 でしたが、リニア中央新幹線詳細発表が予告された

9.11 アメリカ同時多発テロ事件、2001年9月11日 08:46 現地時間(Wikipedia記事による)にハイジャックされた旅客機がニューヨークの世界貿易センタービルに突入したことから始まった事件は、世界史と日本史も変えたと私は思っています。
12月8日は米国では12月7日ですが、この 9.11 事件は午前8時46分からの2時間ほどの間(現地の東部夏時間 EDT)とWikipediaは記録していますので、1時間早い夏時間を考慮するとJST(日本標準時)では 9月11日の 21:46 と思います。Wikipedia の記事も 22時前後、「ニューヨークの世界貿易センタービルに航空機が激突(1機目のアメリカン航空11便)」という情報が、各局のニュース番組またはニュース速報で伝えられ始めた。 と記しています。ですから 9.11 は日米共通の表記になります。

今年(2013年)の9月11日は米国で第二火曜日の次の水曜日ですから、マイクロソフトのセキュリティ更新日でした。近年はアドビ社もこの定例日に歩調を合わせるようになっているのですが、Adobe Reader と Flash Player のセキュリティ更新を公開しました。
それで8時間ほどかかって手元のパソコン達、Windows XP、Vista、Win7、Win8 の手当てを終えました。その作業中にナガラテレビで見てビックリしたニュースを確認できたのでブログしておきます。

『「工事が環境に与える影響の調査を8月に終えることができた。今月18日に関係する自治体へ調査結果を送付したい」と述べ駅やルートの具体的な場所の案を今月18日に公表する考えを明らかにしました。』(NHK甲府のニュース)
『JR東海は今月18日に詳細な駅の位置やルートを発表します。これはきょう、JR東海の山田佳臣社長が明らかにしたもので、18日に発表されるのは、JR東海が沿線で進めていた自然や景観などへの環境影響評価の結果と、詳細な駅やルートを盛り込んだ準備書です。』( テレビ山梨 UTY のニュース)
9月19日に発表されると報じた9月4日の新聞記事を即座に否定する記事を出していたJR東海でしたから、私は早くても9月末か10月になるかと思っていましたので驚いてパソコン作業の手を停めたのです。
山梨県議会の9月定例会は例年9月20日頃から始まりますので、そのへんの配慮もして、本会議での討論(ネット中継、録画公開)には出てこないような時期になるのではないかと揣摩臆測もしていました。

JR東海ニュースリリースでは、他の【社長会見】記事はありますが、この件は未だ掲載されていないようなので、明日(2013年9月)12日には会見記事の追加として出てくると思います。
NHKとUTYのニュース記事で気になるのは発表の方法です。「自治体へ調査結果を送付したい」、「詳細な駅の位置やルートを発表します」・・・JR東海のサイトで公開されるのが全国民にとっても一番よいのですから、そうなってくれることを期待します。

【確認】 JR東海ニュースリリース 2013.09.18 中央新幹線(東京都・名古屋市間)の環境影響評価準備書について

タグ:事業評価
posted by ictkofu at 23:55| リニア中央新幹線