2013年10月04日

公開講座−問題積み残しで動き出すリニア中央新幹線

土管列車でGO! 問題積み残しで動き出すリニア中央新幹線
公共事業改革市民会議 連続公開講座

日時 : 2013年10月17日[木] 17:00〜19:00
会場 : 参議院議員会館 B109会議室(入館証を16:50頃から配布します)
【主な内容】
報告 
 「リニアに関する問題点の数々」(環境経済研究所 上岡直見)
 「電磁波の影響について」(リニア・市民ネット事務局長 懸樋哲夫)
 各地の団体からアピール
主催 : 公共事業改革市民会議リニア新幹線沿線住民ネットワーク
連続公開講座−リニア中央新幹線

今次JR東海の準備書説明会について、関係各都県住民の関心の度合は私にはわかりません。港区や品川区、世田谷区では説明会がある事すら知らないかも知れません。知り得た範囲のネット発信を確認して都県別日程表にメモしているだけです。
◇ 東京都町田市議会議員、吉田勉さんの参加記事に東京都日程一覧でリンクしました。推進派の立場での発言はされなかったようですが参考になる記事です。

◇ 「東濃リニアを考える会」からの発信を継続されている 東濃リニア通信 には、10月3日付け記事 で中津川市文化会館ホールでの説明会について書かれています。ご自身が質問された内容とJR東海の答えも掲載されていて、岐阜県内の説明会日程からリンクを張りました。

山梨県内からの発信は未読です。おそらくネットで発信されることは無いだろうと思いますが、質問予稿を準備され、得られた答え全てを書き留めておられるだろうと思います。

各地での質疑応答の集積がJR東海の記録文書として公表され、都県知事から意見を求める源資料にもなるはずです。住民からの質疑応答の記載に誤りが無いことを確認する作業・・・質問に立たれた住民の方々は議会議事録を確認する議員諸氏と同じ立場だろうと私は思います。
既にネット公開された東濃リニアさんの質疑応答がJR東海の報告で誤り伝えられることは無いでしょう。

他都市における質疑応答の内容を知りつつ、答えが分かるような重複を避けた質問で全体をカバーしていく、そういうネットワークが成立するかも知れないと、私はこの先も期待して説明会情報に接します。

posted by ict工夫 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会・講演会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161732825
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック